すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Jimmy Eat Worldのアルバム「Bleed American」

Bleed American

Jimmy Eat World

Disc1(11曲)

アルバムアーティスト

関連プレイリスト

00's ロック Hits

00's ロック Hits

2000年代ロックのヒット曲をお届け。

90's ロック Hits

90's ロック Hits

1990年代ロックのヒット曲をお届け。

00'sロック・アンセム

00'sロック・アンセム

2000年代を熱く盛り上げた洋楽ロック・アンセムをセレクト!iPodのCMソングにも使用され大ヒットしたJETの“Are You Gonna Be My Girl”、独自のグルーヴでUKから世界へ飛び出し、フジロックにも度々出演したTHE MUSICの“The People”、ポップ・パンクの枠を超え独自の世界観を築き上げたMy Chemical Romanceの“Welcome to the Black Parade”、ニュー・メタル/ラップ・メタルからスタートした後ロック・シーンを制したLinkin Parkの“Faint”など。あの頃の興奮と熱狂が甦る! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

昼ドライブ 洋楽ROCK

昼ドライブ 洋楽ROCK

昼のドライブを盛り上げる、疾走感のある洋楽ROCKを集めました。

00's オルタナティブ・ロック Hits

00's オルタナティブ・ロック Hits

2000年代オルタナティブ・ロックのヒット曲をお届け。

エモ Hits

エモ Hits

エモの必聴曲をお届け。

「エモい」というのはこういうことだ!

「エモい」というのはこういうことだ!

近年、昭和レトロなどに対して「エモい」という表現がよく使われていますが、「そうじゃないんだよ!」と思っているR35~アラフィフ世代の声を代弁。主に1990年代後半~2000年代を中心とした、「EMO」(エモーショナル・ハードコア)を代表するバンドたちをセレクト。哀愁と疾走感が同居する楽曲、決して上手くは無い演奏(褒め言葉)、時に不安定なヴォーカル(褒め言葉)にこそ、「エモさ」を感じるという人も多いと思います。エモの代名詞とも言えるJimmy Eat WorldやThe Get Up Kids、絶叫+エモ=スクリーモの先駆者Thursday、<青森のゲット・アップ・キッズ>と評されたLOCAL SOUND STYLEなどの日本勢、エモのルーツ的存在であるHusker DuやQuicksand、そしてEveryone EverywhereやThe World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieといったエモ・リヴァイヴァル勢まで、新旧とり揃えました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

Jimmy Eat World

Jimmy Eat World

Jimmy Eat Worldの代表曲・人気曲をピックアップ

POP PUNK

POP PUNK

廃盤もしくは生産中止などで入手困難となっている名盤をタワレコ限定で復刻する新企画「Masterpieces Revival Series」ポップパンク編1300からベストトラックを厳選。気になった曲があれば是非アルバムで聴いてください! edited by Tower Records' Staff

19歳 selected by FAITH

19歳 selected by FAITH

この先どう感じるかわからない、19歳だからこその感覚。

2002 洋楽Hits

2002 洋楽Hits

アシャンティやアヴリル・ラヴィーン、ヴァネッサ・カールトンなど鮮烈デビューを果たしたアーティストが活躍した2002年の洋楽ヒット!

関連ユーザプレイリスト

公式X(旧Twitter)をフォローして最新情報をゲット!

Xロゴ
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00