すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

GRAPEVINEのアルバム「Almost there」

Almost there

GRAPEVINE

Disc1(11曲)

アルバムアーティスト

関連プレイリスト

2023 AUTUMN UPDATE

2023 AUTUMN UPDATE

NMNL@企画にご出演いただいたアーティスト、NMNLに縁のアーティストの最近の楽曲を集めたプレイリスト。みなさんの秋のBGMに。

〈Mikikiプレゼンツ:2023邦楽ベストソング〉灯火 selected by 蜂須賀ちなみ

〈Mikikiプレゼンツ:2023邦楽ベストソング〉灯火 selected by 蜂須賀ちなみ

今年は年間ベスト系のお仕事を全てお断りするつもりでいました。春に父が死去し、新譜を追えども自分の心に入ってこない時期が長くあったからです。しかし時間が経ち、ふとした瞬間に空虚に包まれることもある日々の中で、心の拠り所になってくれたのもまた音楽でした。ならば、そういう曲を紹介するのもいいのでは、と思いながら作成したプレイリストです。同時に、いちライターとしての主張も込めています。例えばCreepy Nuts、Omoinotakeは〈J-POPのフィールドでジャージードリルを〉という取り組みを評価していますし、TOMOOが素晴らしいソングライターであることはもっと世に知られるべきだと思います。 ・蜂須賀ちなみ(ライター。邦楽ロックバンドのインタビュー記事、ライブレポートを中心に執筆を行う)

〈Mikikiプレゼンツ:2023邦楽ベストソング〉Songs In The Sky selected by 長谷川誠

〈Mikikiプレゼンツ:2023邦楽ベストソング〉Songs In The Sky selected by 長谷川誠

戦火・パンデミック余波・自然災害・貧困・差別など困難の多い時代だが、志の高い音楽が数多く生まれた年だった。音楽家の訃報が相次ぎ、〈音楽を共有すること〉のかけがえのなさを痛感。個人的には空を見上げることの多い年でもあった。プレイリストは〈空が見えてくる歌〉というテーマで作成。空とは壁がなく、刻一刻変化し、常にそこにあるものである。空と音楽はどこか似ている。トレンド・ジャンル・キャリア・再生回数などを意識せず、純粋に〈いい歌〉を選んだ。共有を阻むのは、先入観や偏見や枠組みであることが多いからだ。カバー曲も選出。カバーもプレイリストも、共有領域の拡張の有効な手段だろう。曲順は朝から夜への時間の流れ。 ・長谷川誠 (音楽中心のライター。趣味は散歩。2024年の抱負は〈希望は多め、脂肪は少なめに。シェーは多めに〉。※シェーとは驚きのポーズ)

GRAPEVINE

GRAPEVINE

GRAPEVINEの代表曲・人気曲をピックアップ

関連ユーザプレイリスト

公式X(旧Twitter)をフォローして最新情報をゲット!

Xロゴ
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00