すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Lou Reedのアルバム「Ecstasy (U.S. Version)」

Ecstasy (U.S. Version)

Lou Reed

Disc1(14曲)

アルバムアーティスト

関連プレイリスト

WILDSIDE OF LOU REED

WILDSIDE OF LOU REED

10月27日はルー・リードの命日。全てのオルタナティヴ・ロックの師にして、ニューヨークのビッグボスが残した膨大な楽曲群から、個人的にワイルドサイドな楽曲を集めました。「I Belive In Love」「Average Guy」「Modern Dance」「Love Is Here To Stay」等、あまりベスト盤では収録されない楽曲から、「Perfect Day」「Walk On The Wild Side」といった外せない名曲は別ヴォージョンやライブ音源で幅広くピックアップ。ヴェルヴェッツ楽曲は最小限に、ソロキャリア全体から、偉大すぎるその詩世界と精神に触れてみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

AUTUMN LEAVES -枯葉の音楽-

AUTUMN LEAVES -枯葉の音楽-

何となく秋に聴きたい、枯葉の似合う音楽。これぞ秋ジャケなALLMAN BROTHERS BANDから、秋が似合うNICK DRAKE「Pink Moon」、10月は追悼の季節LOU REED師匠による至高のセンチメンタルナンバー「Vanising Act」など。南部のスワンプ・ロックから、ブラジルの秋風、カンタベリーの吟遊詩人、アシッドフォークの調べに、USインディーの泣ける歌心まで、〈何となく秋〉なイメージのする歌を集めました。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

THIS IS NY

THIS IS NY

オルタナティヴの創始にしてNOの精神、先鋭音楽の爆心地ニューヨーク。パンク、ポストパンク、ノーウェイヴ、ディスコパンク、オルタナ、フリージャズなど、、いつの時代も鋭く輝くNYサウンド。 edited by Tower Records' Staff

公式X(旧Twitter)をフォローして最新情報をゲット!

Xロゴ
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00