すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

ボズ・スキャッグス

ボズ・スキャッグス

1965年デビュー、スティーヴ・ミラー・バンドへの参加後ソロ活動を本格化させ、折からのウェストコースト・ムーヴメントに乗り、“We Are All Alone”、“Lowdown”を収録した1976年発表の“Silk Degrees”が全米2位、500万枚という驚異的なセールスを記録(ちなみに当時彼のバックを務めていたバンドが後のTotoになる)。その後も“Down to Then Left”、“Middle Man”などのヒット作を連発、日本でもトヨタ・クレスタのCMに『トワイライト・ハイウェイ』が起用され高い人気を博したボズ・スキャッグス。AOR(adult oriented rock)の代名詞とも言われるボズだが、そのルーツはあくまでもR&B、ソウルにあり、今回の作品は原点回帰という意味でも非常に重要である。John Mayer Trioのドラマー、スティーヴ・ジョーダンのプロデュースのもと、ウィリー・ミッチェルの所有するロイアル・スタジオでレコーディング、バックには映画『ゴースト・バスターズ』のサントラで有名なレイ・パーカーJr. 、スプーナー・オールドハム、ウィリー・ウィークスらを従えている。また、ソロ活動とあいまって、マイケル・マクドナルド、ドナルド・フェイゲンと結成したDukes of September Rhythm Revueは昨年ジャパン・ツアーを行い、日本武道館を満員にするなど、まさに円熟の時期を迎えている。

楽曲

We're All Alone
We're All Alone
Still Falling for You
We're All Alone
ジョジョ
Miss Sun
Lowdown (Single Version)
燃えつきて
Jump Street

アルバム

ミュージックビデオ

関連アーティスト

Taj Mahal,Elvin Bishop,Boz Scaggs

Taj Mahal,Elvin Bishop,Boz Scaggs

コラボレーション

Mother Earth

Mother Earth

[ギター] [ヴォーカル]

ウェイン・タルバート

ウェイン・タルバート

共に『マザー・アース』のメンバー

アンドリュー・マクマホン

アンドリュー・マクマホン

共に『マザー・アース』のメンバー

Johnny Gimble

Johnny Gimble

共に『マザー・アース』のメンバー

Martin Fierro

Martin Fierro

共に『マザー・アース』のメンバー

Tracy Nelson

Tracy Nelson

共に『マザー・アース』のメンバー

フィービ・スノウ

フィービ・スノウ

共に『ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビュー』のメンバー

Charles Brown

Charles Brown

共に『ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビュー』のメンバー

Michael McDonald

Michael McDonald

共に『ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビュー』のメンバー

ドナルド・フェイゲン

ドナルド・フェイゲン

共に『ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レビュー』のメンバー

Elvin Bishop

Elvin Bishop

『Taj Mahal,Elvin Bishop,Boz Scaggs』として共演

Lucinda Williams

Lucinda Williams

『ボズ・スキャッグス/ルシンダ・ウィリアムズ』として共演

Taj Mahal

Taj Mahal

『Taj Mahal,Elvin Bishop,Boz Scaggs』として共演

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00