すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

zebrahead

zebrahead

オフスプリングやノー・ダウトを輩出したアメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて96年に結成。97年ロサンゼルス・ミュージック・アワードで超激戦部門「ベスト・オレンジ・カウンティ・バンド」受賞、11社ものメジャー・レーベルによる争奪戦の末、コロムビアが獲得。1st 「昔のビースティ・ボーイズを思い出す」 -- チャック D (パブリック・エナミー)98年11月に1st『WASTE OF MIND』をリリース。パンク、スカコア、レゲエ、ヒップ・ホップ…すべてがミクスチャーされた独特のサウンドが注目を集め、一躍“ミクスチャー・ロック”の第一人者となった。2nd 「みんなのレコード・オブ・ザ・イヤー!」01年2nd『PLAYMATE OF THE YEAR』リリース。ジャケットには実際に”PLAYMATE OF THE YEAR 2000”を受賞したジョディ・アン・パターソンを起用し、ビデオ・クリップもプレイボーイ・マンションで撮影という徹底的なおバカっぷりを発揮。日本で爆発的なラジオ&有線のエアプレイを獲得しアルバムはすぐさまゴールド・ディスク獲得!3rd 「メロディとエナジーの極上のブレンド」03年発表の3rd『MFZB』ではよりロック/パンク色を打ち出した新たな魅力を開花させ、もちろん余裕でゴールド・ディスクを獲得。一方でアルバム・リリース毎にフェス&単独ツアーで頻繁に日本を訪れ、新たなファンを獲得&日本とより密接な関係を築いていく。来日記念盤 「究極の相思相愛」04年、もはや常連となったサマーソニックで8度目の来日。それを記念してリリースされた『WASTE OF MFZB』は、彼らが大好きな日本のファンだけに届けられた、なんと収録全10曲が完全未発表曲という究極のミニ・アルバム。これまた脅威のセールスを記録。そして・・・・・・・お帰り、ゼブラヘッド!04年暮、バンド結成以来、不動のメンツで活動を続けてきた彼らに起こった「ジャスティン(vo,g)脱退」で、一時はバンドの存続も心配されたが、新ヴォーカリスト“マッティ(ex:JANK1000)”を迎え入れたシマウマ軍団は、さらにパワーアップして戻ってきた!!!!

最新のリリース

III

III

2021/11/26

楽曲

The Hell That Is My Life
Get Back
I Am
Playmate of the Year
Wasted
Homesick for Hope
Russian Roulette is for Lovers?
Lay Me To Rest
A Long Way Down
A Long Way Down
Follow Me (Japanese Short Version)
Ichi, Ni, San, Shi

アルバム

ミュージックビデオ

Hello Tomorrow (Video)

Hello Tomorrow (Video)

zebrahead

Rescue Me (Video)

Rescue Me (Video)

zebrahead

Get Back

Get Back

zebrahead

Playmate of the Year

Playmate of the Year

zebrahead

関連アーティスト

MAN WITH A MISSION×Zebrahead

MAN WITH A MISSION×Zebrahead

コラボレーション

Death By Stereo

Death By Stereo

どちらも『ダン・パーマー』が所属しているグループ

D.B.S.

D.B.S.

どちらも『ダン・パーマー』が所属しているグループ

デス・バイ・ステレオ

デス・バイ・ステレオ

どちらも『ダン・パーマー』が所属しているグループ

SUM 41

SUM 41

同じ雰囲気

Authority Zero

Authority Zero

同じ雰囲気

シンプル・プラン

シンプル・プラン

同じ雰囲気

AUTHORITY ZERO

AUTHORITY ZERO

同じ雰囲気

The Living End

The Living End

同じ雰囲気

YELLOWCARD

YELLOWCARD

同じ雰囲気

The Ataris

The Ataris

同じ雰囲気

ALLiSTER

ALLiSTER

同じ雰囲気

マッチズ

マッチズ

同じ雰囲気

Box Car Racer

Box Car Racer

同じ雰囲気

メスト

メスト

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00