すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのアーティスト写真

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー(Bob Marley、1945年2月6日 - 1981年5月11日、本名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカ出身のレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽・思想は、音楽関係者のみならず 数多くの人々に多大な影響を与えている。「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」に於いて第19位にランクされた。1970年、キングストン市ホープロード56番地に自身のスタジオ、レーベルであるタフ・ゴングを設立。1972年、アイランド・レコードと契約し、翌年メジャーデビューアルバム『キャッチ・ア・ファイア』をリリース。1974年 エリック・クラプトンがカヴァーしたマーリーの楽曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が全米ビルボードチャート1位を獲得する。その後、バ ニー・ウェイラー、ピーター・トッシュがウェイラーズから脱退した。 1975年 ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとして新たに活動を開始する。1976年、プロデューサーのクランシー・エクルズらと共に人民国家党 (PNP) の政治キャンペーンに参加したことからマイケル・マンリー率いるPNPと、エドワード・シアガが率いるジャマイカ労働党 (JLP) の二大政党の対立抗争に巻き込まれ、12月3日に狙撃され重傷を負い、亡命を余儀なくされる。1978年 ジャマイカに舞い戻り、”One Love Peace Concert”を開催する。このとき、コンサートを見に来ていたマイケル・マンリー(PNP)とエドワード・シアガ(JLP)の2人の党首をステージ上 に招き、和解の握手をさせた。1979年 4月から日本、オーストラリア、ニュージーランドで公演を行った。さらにかねてからの念願であったラスタファリズムの聖地、エチオピアを訪問。このときの 体験をもとにアルバム『サヴァイヴァル』を発表している。1980年 アフリカ訪問、さらにアルバム『アップライジイング』発売。1981年 5月11日 脳腫瘍を患いアメリカ・フロリダ州の病院で死去。36歳没。同月21日、キングストンにて国葬された。

アーティストプレイリスト

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのプレイリスト「ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの代表曲・人気曲をピックアップ

人気曲

アルバム

ミュージックビデオ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Punky Reggae Party [Visualizer]」

Punky Reggae Party [Visualizer]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「One Love / People Get Ready」

One Love / People Get Ready

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

「Billboard Top40」オープニングテーマ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Stop That Train [Live From The Sundown Theatre, Edmonton / 1973]」

Stop That Train [Live From The Sundown Theatre, Edmonton / 1973]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Get Up, Stand Up [Live From The Sundown Theatre, Edmonton / 1973]」

Get Up, Stand Up [Live From The Sundown Theatre, Edmonton / 1973]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Them Belly Full (But We Hungry) (feat.Rema/スキップ・マーリー)」

Them Belly Full (But We Hungry) (feat.Rema/スキップ・マーリー)

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Them Belly Full (But We Hungry) (feat.スキップ・マーリー) [Lyric Video / Skip Marley Version]」

Them Belly Full (But We Hungry) (feat.スキップ・マーリー) [Lyric Video / Skip Marley Version]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Three Little Birds (feat.Oxlade/Teni) [Lyric Video]」

Three Little Birds (feat.Oxlade/Teni) [Lyric Video]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Three Little Birds (feat.Teni/Oxlade) [Oxlade Visualiser]」

Three Little Birds (feat.Teni/Oxlade) [Oxlade Visualiser]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Three Little Birds (feat.Teni/Oxlade) [Teni Visualiser]」

Three Little Birds (feat.Teni/Oxlade) [Teni Visualiser]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのMV「Waiting In Vain (feat.ティワ・サヴェージ) [Visualiser]」

Waiting In Vain (feat.ティワ・サヴェージ) [Visualiser]

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

関連プレイリスト

2024 映画主題歌/挿入歌

2024 映画主題歌/挿入歌

2024年に映画で起用された話題曲を総まとめ!

映画主題歌 洋画編 夏

映画主題歌 洋画編 夏

夏に観たくなる映画。こちらでは洋画の名作の数々の名シーンを彩った楽曲をセレクト。映画の為に制作された楽曲もあれば、往年のヒット曲を使用した楽曲もあり。バラエティに富んだセレクトに。あの映画を観るのに楽曲から入るのも良いかも。 edited by Tower Records' Staf

定番夏ソング ‐洋楽編‐

定番夏ソング ‐洋楽編‐

夏に聴きたい洋楽ヒットをピックアップ!

ストレスフリー  −洋楽編−

ストレスフリー −洋楽編−

どこか開放的で心に響くメロディーが、日々のストレスから解放し、心を穏やかにしてくれます。

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』が日本公開記念!ボブ・マーリー:名曲25選

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』が日本公開記念!ボブ・マーリー:名曲25選

Bob Marleyの伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』が日本公開がいよいよ、2024年5月17日からスタート。こちらでは、そのレゲエ界のレジェンド、ボブ・マーリーによる、今なお、世代・人種・国境・ジャンルを越えて愛され続けている名曲をタワレコスタッフがセレクト。映画を観る前に、観た後にぜひお聴きください。またこれからの季節にもピッタリです。 edited by Tower Records' Staff

ROCK&ROLL RECORDER ロンドンとかニューヨークとかジャマイカ

ROCK&ROLL RECORDER ロンドンとかニューヨークとかジャマイカ

各都市に想いを馳せて、、、 NYパンク〜レゲエ〜2TONE〜パブ〜UKレゲエ edited by Tower Records' Staff

flavor of my life selected by FAITH

flavor of my life selected by FAITH

自分の人生を豊かに彩ってくれる曲たち。Selected by FAITH

【ドライブ】夏 ‐洋楽編‐

【ドライブ】夏 ‐洋楽編‐

夏のドライブにぴったり!気分を盛り上げてくれる曲を集めました♪

ギュウギュウの満員電車で聴く現実逃避ソング♪

ギュウギュウの満員電車で聴く現実逃避ソング♪

おしくらまんじゅう状態で心の余裕までも失いがちの通勤・通学タイムに。

アウトドア用BGM −洋楽編−

アウトドア用BGM −洋楽編−

山や川へキャンプやバーベキューに行くときに!大自然の下で聴きたい楽曲をセレクト♪

伝説のアーティストたち

伝説のアーティストたち

時代や世代を超えて今もなお愛され続けているレジェンド級アーティストの名曲

桑原茂一/ダンスフロアーへようこそ009

桑原茂一/ダンスフロアーへようこそ009

春と言えば、革命。プラハの春、ソウルの春、北京の春、アラブの春、そして…革命と音楽と言えば、Beatles。革命の春にふさわしい、BeatlesのRevolutionから始まる 革命選曲。

関連ユーザプレイリスト

公式X(旧Twitter)をフォローして最新情報をゲット!

Xロゴ
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00