すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

LUNKHEADのアーティスト写真

LUNKHEAD

1999年、愛媛県立新居浜西高校の同級生4人が集まり結成されたLUNKHEAD。その後全員が上京し、2000年から東京にて本格的にバンド活動をスタートさせる。 2004年にシングル「白い声」にてメジャーデビューし、これまでに、ベストアルバム2枚・ミニアルバム2枚を含む計13枚のアルバムをリリース。Vo小高の紡ぎだす真っ直ぐすぎる歌詞と確かな演奏力を武器に、LIVEバンドとして精力的なツアーをこなし、LIQUIDROOM ebisu、SHIBUYA-AX、渋谷公会堂、新木場STUDIO COAST他にてワンマンライブを敢行。また、「MONSTER baSH」・「RUSH BALL」・「「ROCK IN JAPAN FES」・「COUNTDOWN JAPAN」など大型フェスの出演実績も誇る。 メジャーデビュー10周年を迎えた2014年、「LUNKHEAD 10th Anniversary」をテーマに掲げ、ツアーと10周年の集大成として「一世一代のみかん祭り」を新木場STUDIO COASTにて大成功させる。そして今年の2015年は“10周年よりもすごい。”をテーマに掲げ、2015年4月に徳間ジャパン移籍第1弾として10年間の活動をさらに飛躍させた10枚目のオリジナルフルアルバム『家』をリリース。全国ツアーと日比谷野外大音楽堂での単独公演が決定している。

人気曲

LUNKHEADの人気曲「夏の匂い」
LUNKHEADの人気曲「夏の匂い」
LUNKHEADの人気曲「決戦前夜」
LUNKHEADの人気曲「シンドローム」
LUNKHEADの人気曲「ナハトムジーク」
LUNKHEADの人気曲「インディゴ」
LUNKHEADの人気曲「光のある方へ」
LUNKHEADの人気曲「ヒナタ」
LUNKHEADの人気曲「木漏れ陽」
LUNKHEADの人気曲「そして朝が来た」
LUNKHEADの人気曲「カナリアボックス」
LUNKHEADの人気曲「月光少年」

アルバム

関連プレイリスト

2016春アニメ主題歌

2016春アニメ主題歌

【6/29更新】2016年春に放送のアニメ主題歌をピックアップ!!

七夕の夜に切なソング

七夕の夜に切なソング

七夕の夜、星空を眺め、大切な人を思い浮かべながら聴きたい曲を特集。

号泣ソング2

号泣ソング2

聴くだけで涙がポロポロ…。5月9日にちなんで号泣必至の名曲をピックアップ!!

関連アーティスト

LUNKHEADの関連アーティスト「小高芳太朗」

小高芳太朗

[ヴォーカル] [ギター]

LUNKHEADの関連アーティスト「Lunkhead」

Lunkhead

別名義・同一アーティスト

LUNKHEADの関連アーティスト「BUMP OF CHICKEN」

BUMP OF CHICKEN

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「FoZZtone」

FoZZtone

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「LOST IN TIME」

LOST IN TIME

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「シュノーケル」

シュノーケル

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「the HIATUS」

the HIATUS

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「椿屋四重奏」

椿屋四重奏

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「ASIAN KUNG-FU GENERATION」

ASIAN KUNG-FU GENERATION

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「DISCHARMING MAN」

DISCHARMING MAN

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「syrup16g」

syrup16g

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「GOING UNDER GROUND」

GOING UNDER GROUND

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「NICO Touches the Walls」

NICO Touches the Walls

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「BIGMAMA」

BIGMAMA

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「藍坊主」

藍坊主

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「Analogfish」

Analogfish

同じ雰囲気

LUNKHEADの関連アーティスト「BURGER NUDS」

BURGER NUDS

同じ雰囲気

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00