すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

OZROSAURUS

OZROSAURUS

活動拠点たる横浜から全国各地に向けて、吐き出すパワフルなメッセージが深い爪痕を残す活動拠点たる横浜から全国各地に向けて、吐き出すパワフルなメッセージが深い爪痕を残す“ハマの大怪獣”--。20年近いキャリアで培った強烈なキャラクターを武器とするラッパーのMACCHOと、ヒップホップの本場NYで長きに渡り武者修行を積んだDJ SN-Z、現在はこの二人で構成されているOZROSAURUSは、遡れば1996年の結成。以来、シングルはもとよりコンピやスプリットEPへの参加などを通して徐々に知られる存在となっていったOZROSAURUSは、2001年に1stフル・アルバム「Rollin' 045」をリリースする。かつてはMACCHOもメンバーに名を連ねた横浜の最重要ユニット、DS455のDJ PMXが手掛けた“Area Area”をはじめ、それまでになかった煌びやかでありながらも重厚なサウンドとキレのあるラップを提示した同作は、OZROSAURUSの名を日本中に轟かせると同時に、ジャパニーズ・ヒップホップ・マップに“045=横浜”という文字を刻みつけた。翌2002年にシングル“Hey Girl”をヒットさせると、2003年には同曲を収録した2ndアルバム「Juice」を発表。ちなみに、ほぼ同時期に並行活動し、MACCHOとDJ SN-Zの出会いともなった別ユニット、ROMERO SPでも2004年にアルバム「The R」をリリースしている。「Juice」の発表後には生死の境を彷徨うほどの交通事故を経験したMACCHOだが、実質的な復活作である“The Phoenix (Will Rise)”ならびに同曲を収録した2006年の3rdアルバム「Rhyme & Blues」では、だからこそ言葉にさらなる重みを増しており、同作はのちに非常に高い評価を受けることとなった。翌2007年には、(シンガーのHI-Dを除き)一切の客演を排した4thアルバム「Hysterical」を発表し、“045 STYLE”とも形容されるOZROSAURUSの持ち味を、改めてその強度とともに一本のマイクで示してみせた。2011年には、このタイミングで正式加入したDJ SN-Zが豪華客演陣を迎えてミックスCD「Hard Pack」をリリース。ここで初公開された“Profile”を以て、OZROSAURUSは高らかにその再始動を宣言したのであった。そして2012年……。彼らは約5年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。

楽曲

Hey Girl feat. CORN HEAD
AREA AREA
命のメロディー
Profile
WHOOO
VILI VILI feat. SHALLA
AREA AREA
Friend
風吹く土曜 feat.SAY
少女A
ROLLIN' 045
AREA AREA

アルバム

ミュージックビデオ

Profile

Profile

OZROSAURUS

Friend

Friend

OZROSAURUS

LOCK STAR

LOCK STAR

OZROSAURUS

関連アーティスト

YD

YD

[ギター]

OZROSAURUS featuring SHALLA

OZROSAURUS featuring SHALLA

コラボレーション

The Ravens

The Ravens

どちらも『武史』が所属しているグループ

山嵐

山嵐

どちらも『武史』が所属しているグループ

HABANERO POSSE

HABANERO POSSE

どちらも『ガンヘッド』が所属しているグループ

ALLY & DIAZ

ALLY & DIAZ

どちらも『武史』が所属しているグループ

TOTALFAT

TOTALFAT

どちらも『Bunta』が所属しているグループ

Crystal Lake

Crystal Lake

どちらも『Yudai Miyamoto』が所属しているグループ

TAGG THE SICKNESS

TAGG THE SICKNESS

同じ雰囲気

ROWSHI

ROWSHI

同じ雰囲気

DJ PMX

DJ PMX

同じ雰囲気

RICHEE

RICHEE

同じ雰囲気

S.T.M

S.T.M

同じ雰囲気

DAZZLE 4 LIFE

DAZZLE 4 LIFE

同じ雰囲気

Mr.Low-D

Mr.Low-D

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00