すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

COOLON

COOLON

◆メンバー◆(Left→Right) NoBuNaGa、Lio、Oki、Akira●MIC1:Lio(MC&TrackMaker)●MIC2:NoBuNaGa(MC)●MIC3:Oki(R&B Vo.)●MIC4:Akira(MC&Rock Vo.)◆プロフィール◆HIPHOPクロスオーバー・ユニット、COOLON!!2002年Lio、NoBuNaGaら3人で「COOLON」結成。地元熊本にて、自己主催イベントを開催するなど、「知る人ゾ知る」存在となる。2004年3月末、自主盤シングル「Panorama」を地元熊本にて発表。そして、2004年8月にファーストアルバム「COOLON」リリース。2005年の春にはタワーレコード渋谷店でも「Def Techの次はCOOLONだ」とお墨付きを貰うに至る。2004年10月、COOLON東京初上陸LIVEで知り合った、レゲエ/R&Bシンガー「Oki」、MC&Rock Vo.担当の「Akira」が加わり、彼らが信条とする「NO STEREOTYPE(お決まりがない)」という言葉のごとく、2MC+2シンガーというスタイルで、HIPHOPを基点としながらも、あらゆるジャンルを消化できるユニットに進化。4人全員がリリックを書け、声の特徴をフルに生かしたコーラスワークは、他の追随を許さないCOOLON独自の世界観を作り上げている。そして、2005年8月「両A面」という変形でSonyMusicよりメジャーデビュー。1stシングルは、YANAGIMANを起用し、「KAGEROU」では、編曲にNaoki.t、プロデュースにYANAGIMANという豪華スタッフが結集。全国で25局のFMパワープレイを獲得(SMR新記録)するなど2005年の夏を象徴する楽曲となる。明けて2006年3月、2ndシングル「Canvas」リリース。MBS・TBS系の大人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」のエンディングテーマに抜擢。アコースティックなHIPHOPにどこかGrooveがあるこの曲は、CSオンエアチャートで2位を記録するなど、前作を上回るセールスを記録。 そして、今回は間髪入れずに5月31日。COOLON史上最大の問題作となる「Shagri-La~Poison ポワゾン~」のリリースが決定!97年の電気グルーヴの大ヒット曲を大胆にフィーチャーし、セクシーなリリックを載せた本作で、 その可否を世に問います。

楽曲

Canvas
Days
忘れな草
Coolon's Gate
Song & Me (feat.Oki)
One
Coast 2 Coast (feat.NoBuNaGa/AKIRA)
Drivin' All Nite
ALL★STAR (feat.Lio/NoBuNaGa)
Shangri-La〜Poison ポワゾン〜
KAGEROU
Pray-metalmouse remix-

アルバム

関連アーティスト

COOLON,3.6MILK

COOLON,3.6MILK

コラボレーション

ET-KING

ET-KING

同じ雰囲気

HOME MADE 家族

HOME MADE 家族

同じ雰囲気

FUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYS

同じ雰囲気

ヒルクライム

ヒルクライム

同じ雰囲気

Hilcrhyme

Hilcrhyme

同じ雰囲気

LGYankees

LGYankees

同じ雰囲気

Spontania

Spontania

同じ雰囲気

mihimaru GT

mihimaru GT

同じ雰囲気

クリフエッジ

クリフエッジ

同じ雰囲気

0 SOUL 7

0 SOUL 7

同じ雰囲気

ONE☆DRAFT

ONE☆DRAFT

同じ雰囲気

BAReeeeeeeeeeN

BAReeeeeeeeeeN

同じ雰囲気

Sonar Pocket

Sonar Pocket

同じ雰囲気

Jam9

Jam9

同じ雰囲気

PLATINUM

PLATINUM

同じ雰囲気

So'Fly

So'Fly

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00