すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

菊池洋子のアーティスト写真

菊池洋子

前橋市生まれ。1993年 桐朋学園女子高等学校音楽科入学。故田中希代子、林秀光の各氏に師事。卒業後、イタリアのイモラ音楽院に留学、フランコ・スカラ、アントニオ・バッリスタ、フォルテピアノをステファノ・フィウッツィに師事。97年ミラノにおいてソロ・リサイタルを行う。同年ユベール・スダーン指揮、シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢され、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を3夜連続コンサートで演奏しイタリアの新聞紙上で絶賛された。2000年、チェロのロッコ・フィリッピーニとベートーヴェンのソナタで共演。その他、オーストリア、ドイツにおいてソロ・コンサートツアーを行った。2002年1月、ザルツブルクで行われた第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝し一躍注目を浴びる。2003年には夏のザルツブルク音楽祭/モーツァルト・マチネに出演、アイヴァー・ボルトン指揮 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第21番で共演し大成功をおさめた。2005年秋にはチェリストのジャン=ギアン・ケラスとのイタリア・ツアー、ライプツィヒ弦楽四重奏団との日本ツアーが予定されており、室内楽の分野にも積極的に取り組んでいる。これまでに、共演した交響楽団及び管弦楽団・東京都交響楽団・日本フィルハーモニー交響楽団・新日本フィルハーモニー交響楽団・東京交響楽団・読売日本交響楽団・東京フィルハーモニー交響楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団・群馬交響楽団・名古屋フィルハーモニー交響楽団・広島交響楽団・九州交響楽団・オーケストラ・アンサンブル金沢・札幌交響楽団・山形交響楽団・リズボン・グルベンキアン管弦楽団・ルーマニア・フィルハーモニー交響楽団・ニューヨーク・ヴィルトゥオージ室内楽団・スロベニア放送交響楽団・ボルツァーノ&トレント・ハイドン交響楽団・ザルツブルク・モーツァルテウム・ユニバーシティ交響楽団等と共演。注目の若手ピアニストとして今後の活躍に大きな期待が集まっている。

人気曲

菊池洋子の人気曲「リスト:愛の夢 第3番」

アルバム

関連プレイリスト

古川裕也/朝仕事に行きたくなくなる曲8

古川裕也/朝仕事に行きたくなくなる曲8

ミュージシャンには、どうしてもこの楽器でなくてはならないということがある。例えばレス・ポール。真っ先に浮かぶのはジミー・ペイジだが、フリーのポール・コゾフこそ、成立しなかったギタリストだと思われる。

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00