すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

シリーナ・ジョンソン

シリーナ・ジョンソン

シカゴ出身、イリノイ州ハーヴィーに生まれる。60年代に活躍したシカゴソウルの大御所シンガー=シル・ジョンソンを父に、黒人初のポリス・コミッショナー(警視総監)の母に持つ。シカゴのローカルバンド、地元教会の聖歌隊などで歌い始め、15歳の時に父との共演作で初レコーディングを経験。その後Drake University/Illinois State Universityに入学、クラシック・ゴスペル・ジャズなど様々なスタイルの音楽を学んだ。在学中の97年に作曲も手掛けるようになり、デモを聴いたJIVEが即座に契約。2001年5月にリリースされたデビュー作『Chapter 1: Love, Pain & Forgiveness』ではブルージーで成熟したヴォーカル・スタイルと当時24歳とは信じがたい作品の完成度をシーンに強烈にアピール。R.ケリー・プロデュースによるシングル「I'm Your Woman」やモス・デフをフィーチャーした「Hit on Me」リミックス(Hi Tekプロデュース)も話題となった。続くセカンド『Chapter 2: The Voice』(02年11月リリース)はファーストをも上回る充実作。バスタ・ライムスを筆頭にフリップモード・スクワッドの面々をフィーチャーしたリード・シングル「Tonight I'm Gonna Let Go」といったヒップホップ色の強い楽曲から、ア・タッチ・オブ・ジャズのカルヴィン・ハギンス&アイヴァン・バリアス、前作に引き続きR.ケリーといった業界の重要プロデューサーを迎えての極上ソウル/R&Bまで様々なタイプの楽曲を見事に歌いこなし、シンガーとしての実力を改めて世に認めさせる1枚となった。04年は同じシカゴ出身で以前からシリーナの才能を高く評価するカニエ・ウェストのシングル「All Falls Down」に抜擢され大ヒット。シリーナの名を全米規模で知らしめるきっかけとなった。そして05年に新作『チャプター3:ザ・フレッシュ』をリリース。

楽曲

Tonight I'm Gonna Let Go
The End (Outro)
All Of Me
I'd Rather Be Wrong
One Day
Ain't No Love
You Ain't Right
And Then...(Interlude)
Hit On Me
You Got Me Spinnin'
Everybody Wants Something

アルバム

関連アーティスト

Musiq Soulchild,Syleena Johnson

Musiq Soulchild,Syleena Johnson

コラボレーション

Syleena Johnson

Syleena Johnson

別名義・同一アーティスト

ミュージック・ソウルチャイルド

ミュージック・ソウルチャイルド

『Musiq Soulchild,Syleena Johnson』として共演

Musiq

Musiq

『Musiq Soulchild,Syleena Johnson』として共演

Kelly Price

Kelly Price

同じ雰囲気

Kanye West

Kanye West

同じ雰囲気

ミリー・ジャクソン

ミリー・ジャクソン

同じジャンル

マーヴィン・ゲイ

マーヴィン・ゲイ

同じジャンル

Alexander O’Neal

Alexander O’Neal

同じジャンル

Patti Labelle & The Bluebelles

Patti Labelle & The Bluebelles

同じジャンル

The O'Jays

The O'Jays

同じジャンル

MFSB

MFSB

同じジャンル

Skyy

Skyy

同じジャンル

Earth, Wind & Fire

Earth, Wind & Fire

同じジャンル

Howard Hewett

Howard Hewett

同じジャンル

Jennifer Holliday

Jennifer Holliday

同じジャンル

Force M.D.'s

Force M.D.'s

同じジャンル

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00