すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

リッチー・コッツェンのアーティスト写真

リッチー・コッツェン

1970年2月3日、米ペンシルヴァニア州生まれのミュージシャン/ギタリスト/ヴォーカリスト。幼少からピアノを学び、KISSに影響を受けてギターを開始。ハードロック、ファンク、フュージョンほかジャンルを問わない多才さで、90年代に全米を代表するギタリストへ躍進。92年よりポイズンで活動。脱退後はソロのほか数多くのセッションに参加。99年にMR.BIGへ参加。2012年、ビリー・シーンとマイク・ポートノイとともにスーパー・バンド、ザ・ワイナリー・ドッグスを結成。そのフロントマンとしても活躍している。

人気曲

リッチー・コッツェンの人気曲「B Funk」
リッチー・コッツェンの人気曲「愛を感じて」
リッチー・コッツェンの人気曲「Broken Man Blues」
リッチー・コッツェンの人気曲「Cryptic Script」
リッチー・コッツェンの人気曲「Unity」
リッチー・コッツェンの人気曲「Conflicted」
リッチー・コッツェンの人気曲「The Answer」
リッチー・コッツェンの人気曲「Dose」
リッチー・コッツェンの人気曲「Pulse」
リッチー・コッツェンの人気曲「Slow Blues」
リッチー・コッツェンの人気曲「Hot Rails」
リッチー・コッツェンの人気曲「Acid Lips」

アルバム

関連プレイリスト

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

元ギター少年たちが憧れるスーパー・ギタリストから気鋭のインスト・バンドまで、テンションが上がるギター・インスト曲を集めました。スティーヴ・ヴァイの名盤「Passion & Warfare」からリフがカッコいい“Erotic Nightmares”、BayFM「POWER ROCK TODAY」のエンディング曲として使用されているパット・トラヴァースの“Amgwanna Kick Booty”、テレビ東京「カンブリア宮殿」テーマ曲として聴いたことのある人も多いであろうジョー・サトリアーニの“Crowd Chant”など。一部、完全インストではなくコーラスや掛け声が入るものも含みます。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

関連アーティスト

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「Todd Rundgren,Richie Kotzen (Mr. Big)」

Todd Rundgren,Richie Kotzen (Mr. Big)

コラボレーション

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「RIchie Kotzen,Greg Howe」

RIchie Kotzen,Greg Howe

コラボレーション

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「Vertú」

Vertú

[ギター]

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「Philip Bardowell」

Philip Bardowell

共に『ザ・リッチー・ジトー・プロジェクト』のメンバー

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「Eric Martin」

Eric Martin

共に『ザ・リッチー・ジトー・プロジェクト』のメンバー

リッチー・コッツェンの関連アーティスト「Stanley Clarke」

Stanley Clarke

共に『ヴァーツゥ』のメンバー

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00