すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Museのアーティスト写真

Muse

英・デヴォン州テンマス出身のロック・バンド。メンバーはマシュー・ベラミー(vo,key,g)、クリス・ウォルステンホルム(b)、ドミニク・ハワード(ds)の3名。1994年に結成し、99年の『ショウビズ』でアルバム・デビュー。“ポスト・レディオヘッド”として注目され、欧州周辺諸国や日本で火がつき、逆輸入の形で本国でブレイク。以降、最大規模のライヴ動員数を誇る英を代表するバンドに成長。『ザ・レジスタンス』はグラミー最優秀ロック・アルバムを受賞、『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』が4作連続全英1位を記録するなどシーンのトップランナーとして活躍。2018年の『シミュレーション・セオリー』でアルバムは通算8枚目。

最新のリリース

Museのアルバム「Kill Or Be Killed」

Kill Or Be Killed

2022/07/21

アーティストプレイリスト

Museのプレイリスト「Muse」

Muse

Museの代表曲・人気曲をピックアップ

人気曲

Museの人気曲「Will Of The People」
Museの人気曲「Kill Or Be Killed」
Museの人気曲「Uprising」
Museの人気曲「Showbiz」
Museの人気曲「Plug in Baby」
Museの人気曲「Won't Stand Down」
Museの人気曲「Supermassive Black Hole」
Museの人気曲「Thought Contagion」
Museの人気曲「Compliance」
Museの人気曲「Pressure」
Museの人気曲「Pressure」
Museの人気曲「Hysteria (Live at Rome Olympic Stadium)」

アルバム

ミュージックビデオ

MuseのMV「Psycho (Lyric Video)」

Psycho (Lyric Video)

Muse

MuseのMV「Supremacy (Long/Web Version)」

Supremacy (Long/Web Version)

Muse

MuseのMV「Follow Me (With Intro)」

Follow Me (With Intro)

Muse

MuseのMV「Dead Inside (Lyric Video)」

Dead Inside (Lyric Video)

Muse

MuseのMV「Madness (Lyric Video)」

Madness (Lyric Video)

Muse

MuseのMV「Get Up and Fight (Lyric Video)」

Get Up and Fight (Lyric Video)

Muse

MuseのMV「The Dark Side」

The Dark Side

Muse

MuseのMV「Thought Contagion」

Thought Contagion

Muse

MuseのMV「Propaganda (Lyric Video)」

Propaganda (Lyric Video)

Muse

MuseのMV「Dig Down」

Dig Down

Muse

関連プレイリスト

夏ソング ‐洋楽編‐

夏ソング ‐洋楽編‐

夏に聴きたい、最新&人気曲を特集!

SUMMER SONIC ヘッドライナーの歴史

SUMMER SONIC ヘッドライナーの歴史

夏の代名詞サマーソニック。都市型フェスとして2000年から開催され、フジロックと共に日本の2大フェスとして幅広いラインナップが出演してきたサマソニのヘッドライナーアーティストを開催年順に並べました。最多3度のヘッドライナーを努めたGREEN DAY「Basket Case」「American Idiot」をはじめ、ラウド系からMETALLICA「Master Of Puppets」、LINKIN PARK「One Step Closer」。フジロックでもお馴染みのBECK、OASIS、MUSE他、サマソニならではのBEYONCE、RIHANNA、伝説のGUNS 'N ROSES、STEVIE WONDERまで!基本的にはサマソニで披露された楽曲、出演当時のリリース楽曲からハイライトを選曲(一部例外アリ)。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

FUJI ROCK FESTIVAL ヘッドライナーの歴史

FUJI ROCK FESTIVAL ヘッドライナーの歴史

日本のロックフェスのパイオニア、フジロックフェスティバル。1997年伝説の初年度開催から2022年まで、ヘッドライナーとして出演したアーティストを開催年順に並べました。計4度のヘッドライナー出演を誇るフジの象徴レッチリ「Give It Away」、BJORK「Hyper Ballad」、最多5回のヘッドライナーを努めたTHE CHEMICAL BROTHERS「Hey Boy Hey Girl」をはじめ、伝説となったNEIL YOUNG、LOU REED、BOB DYLANまで、基本的にはフジロックで披露された楽曲や、出演当時のリリース楽曲からハイライトを選曲(一部例外アリ)。フジの歴史、即ちロックの歴史! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

激しい洋楽ロック

激しい洋楽ロック

近所迷惑にならない程度に爆音で聴くことをおすすめします。

トレーニング 洋楽ROCK

トレーニング 洋楽ROCK

テンションの上がる洋楽ROCKを集めました。ランニング、ウォーキング、筋トレなどのトレーニングのお供に。

00'sロック・アンセム

00'sロック・アンセム

2000年代を熱く盛り上げた洋楽ロック・アンセムをセレクト!iPodのCMソングにも使用され大ヒットしたJETの“Are You Gonna Be My Girl”、独自のグルーヴでUKから世界へ飛び出し、フジロックにも度々出演したTHE MUSICの“The People”、ポップ・パンクの枠を超え独自の世界観を築き上げたMy Chemical Romanceの“Welcome to the Black Parade”、ニュー・メタル/ラップ・メタルからスタートした後ロック・シーンを制したLinkin Parkの“Faint”など。あの頃の興奮と熱狂が甦る! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

プロデューサー ジョン・レッキー

プロデューサー ジョン・レッキー

UK NEW WAVE/ポストパンク期に腕利きのエンジニアとして定評を得て、ストーン・ローゼズの1stアルバムの仕事でその名を一気に売ることになった英国が誇るプロデューサー。その後もRadioheadを「The Bends」でネクストレベルへ引き上げ、Kula Shaker、MUSEをシーンに送り出した、その名がブランドになった仕込みに触れる。 edited by Tower Records' Staff

Hakubi メンバールーツソング

Hakubi メンバールーツソング

Hakubiメンバー三人がそれぞれのルーツになっている曲をセレクトしました!どの曲が誰のルーツか当ててみてください!

TAIKING selected Suchmos In The Mood

TAIKING selected Suchmos In The Mood

Gt.TAIKINGが、運転中や家で過ごしている時など、日常の中で聴いている楽曲をセレクト。

おうちで夏フェス -洋楽編-

おうちで夏フェス -洋楽編-

夏フェス気分で盛り上がれる洋楽をセレクト!

ヘヴィ・ロックで筋力アップ!

ヘヴィ・ロックで筋力アップ!

体づくりのお供にどうぞ。やり過ぎから来る筋肉痛に注意!

夜型ダークな洋楽ロック

夜型ダークな洋楽ロック

ダークな世界観を放つサウンドが魅力的。

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00