すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

磯部正文

磯部正文

磯部正文は72年4月15日に広島で生まれる。音楽でメシを食うために上京するが、本格的な音楽キャリアは94年の7月に始めたバンドのHUSKING BEEからだ。4人編成だった当初の担当パートはギター/コーラスだったが、もともとシンガー志向が強かった磯部はメンバー脱退でトリオになった時からリード・ヴォーカルも務めることになり、ほとんどの曲を書いたことも含めてフロントマンとしてバンドを引っ張っていく。95年の12月にはアナログ盤のEPでレコード・デビュー。1年後には当時Hi-STANDARDの横山健のプロデュースでファースト・アルバム『Grip』をリリースする。HUSKING BEEはメロディック・パンクと言われていたが、ただ速くてスポーティーな"メロコア"とは一線を画し、切ないメロディの曲をじっくり聴かせるところも魅力だった。当時の同じフィールドのバンドたちと比べて歌が際立っていたのである。後にエモと呼ばれるような曲も早くからやっていたとも言えるが、磯部のヴォーカルは当時からあくまでも熱く、詩情豊かな歌心があふれていた。コンスタントなライヴとリリースの活動を続けていくうちにHUSKING BEEは少しずつファンを増やしていき、気がついたら日本の"ラウド・ロック"のムーヴメントの渦中にいた。その中核だったHi-STANDARDらが主催した野外ライヴ・イベントの"AIR JAM"に97年、98年、2000年の3回すべてに出演したことが象徴的だ。そんな感じで順調に見えたHUSKING BEEだが、2005年1月のステージ上で突如解散宣言。その時の磯部の「わけは聞かないでほしい」という言葉が示すように苦渋の決断で、5枚のフル・アルバムと数枚のEPを残し、惜しまれながらも同年の3月のライヴ活動に終止符を打ったのである。その後サイド・プロジェクトのCORNER(コーナー)やMARS EURYTHMICS(マーズリトミック)での活動を経てついにソロでの活動をすることを決意。2010年8月プロデューサーに盟友、BEAT CRUSADERSのヒダカトオルを迎え様々なアーティストのサポートの元、バンド・サウンドを提示した磯部正文ソロ名義としてシングル「Do we know?」をリリースする!!

楽曲

Today's song
Do we know ?
Sound in the glow (JPN Ver.)
近未来
琴鳥のeye
find
Polyodomino
HOLIC GIRL
飛ぶユートピア
Magic scene
Spontaneous
A bird's eye-view

アルバム

関連アーティスト

HUSKING BEE

HUSKING BEE

[ヴォーカル] [ギター]

BBQ CHICKENS

BBQ CHICKENS

同じ雰囲気

Hawaiian6

Hawaiian6

同じ雰囲気

LONGMAN

LONGMAN

同じ雰囲気

SpecialThanks

SpecialThanks

同じ雰囲気

SNORT

SNORT

同じ雰囲気

dustbox

dustbox

同じ雰囲気

HOLSTEIN

HOLSTEIN

同じ雰囲気

Ken Yokoyama

Ken Yokoyama

同じ雰囲気

FIRE DOG 69

FIRE DOG 69

同じ雰囲気

CLUTCHO

CLUTCHO

同じ雰囲気

SHANK

SHANK

同じ雰囲気

MONOEYES

MONOEYES

同じ雰囲気

RADIOTS

RADIOTS

同じ雰囲気

RIDDLE

RIDDLE

同じ雰囲気

HOTSQUALL

HOTSQUALL

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00