すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

毛皮のマリーズ

毛皮のマリーズ

栗本 ヒロコ/Ba. 越川 和磨/Gu. 志磨 遼平/Vo. 富士山 富士夫/Dr. 2006年9月、1stアルバム『戦争をしよう』リリース。一躍注目を浴び、全国各地に中毒患者を一気に増殖させる。2007年12月、2ndアルバム『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』リリース。おとぎ話のVo有馬氏、ソウルフラワーユニオンの奥野氏等がゲスト参加したこの作品は1st以上の反響を呼ぶ。2008年5月、前作から5ヶ月というスピードでミニアルバム『Faust C.D.』リリース。2008年12月、前作から6ヶ月、またも息をつく暇もなく3曲入り両A面シングル「ビューティフル/愛する or die」リリース。このシングルはオリコン総合チャートでも初登場 72位を記録。タワーレコードに限るなら邦楽チャートで16位も記録。いよいよインディーズの枠を超えてきた勢いで12/11にはZEPP大阪であのニューヨークドールズと日米夢の共演。2009年4月、待望の3rd ALBUM『Gloomy』リリース。このアルバムは、オリコン アルバム総合チャートでは初登場51位を記録。タワーレコードインディーズチャートは発売週で1位も記録。しかしながら発売直後の大阪でのライヴでVoの志磨が客席にダイブした際に腰を骨折し、全国TOURの最初の 4本を延期するというアクシデントに見舞われる。しかしながら骨折後、約2週間という短い期間で志磨は不死鳥のように復活し、全国TOURをスタートさせる。全国各地大盛況、東京は渋谷クラブクアトロワンマンLIVEを見事大盛況のうちに成功させた。タワーレコードでは09年3月より一年間、毛皮のマリーズ×タワーレコード コラボフリーペーパー「毛タワのマレコZ」を毎月全店にて設置。2009年12月、オリコン アルバム週間チャート初登場6位を記録したTHE YELLOW MONKEY トリビュートアルバム「THIS IS FOR YOU~TRIBUTE TO THEYELLOW MONKEY」に1曲参加(SUCK OF LIFE)。年末のロックフェス「COUNTDWON JAPAN 09/10」に出演。2010年4月、メジャーデビューアルバム『毛皮のマリーズ』リリース。それを引っ提げた『Restoration Tour 2010』を5月の下北沢SHELTERを皮切りに敢行。各地大成功に収め、ファイナルの恵比寿リキッドルームは2分間でチケットはソールドアウトを記録する。

楽曲

愛のテーマ
Mary Lou
おっさん On The Corner
さよならベイビー・ブルー
恋するロデオ
序曲(冬の朝)
愛のテーマ
ダンデライオン
ラストワルツ
欲望
おおハレルヤ

アルバム

関連アーティスト

嘘つきバービー

嘘つきバービー

同じ雰囲気

Benziê

Benziê

同じ雰囲気

SISTER JET

SISTER JET

同じ雰囲気

THE MACKSHOW

THE MACKSHOW

同じ雰囲気

HEESEY

HEESEY

同じ雰囲気

DOES

DOES

同じ雰囲気

THE TOKYO

THE TOKYO

同じ雰囲気

COOL JOKE

COOL JOKE

同じ雰囲気

インパスターズ

インパスターズ

同じ雰囲気

the blondie plastic wagon

the blondie plastic wagon

同じ雰囲気

Bullbones

Bullbones

同じ雰囲気

THE BAWDIES

THE BAWDIES

同じ雰囲気

unkie

unkie

同じ雰囲気

つしまみれ

つしまみれ

同じ雰囲気

geek sleep sheep

geek sleep sheep

同じ雰囲気

Veni Vidi Vicious

Veni Vidi Vicious

同じ雰囲気

Hermann H.&The Pacemakers

Hermann H.&The Pacemakers

同じ雰囲気

brainchild's

brainchild's

同じ雰囲気

Yoruno Strangers

Yoruno Strangers

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00