すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

ビティ・マクリーンのアーティスト写真

ビティ・マクリーン

1972年生まれのUK出身レゲエ・シンガー。幼少の頃に背が小さかったことから“ビティ”とよばれるようになる。父のサウンドシステムを聞きながら育ち、The Clovers、 Nat King Cole、Jackie Edwards、John Holt、 Johnny Clarke、 Bob Marley、Burning Spear 、Justin Hinds等のビッグ・アーティストの唄を好んで聴いていた。それから兄弟達とともにレゲエのヴァージョンに自身の歌をのせて歌うようになった事が彼のシンガーの第一歩となる。80年代初頭になる頃には Little John、Barrington Levy、Sugar Minnott、Black Uhuru、そして Michael Prophetなどの影響を受け、バーミンガムのサウンドシステムで活動を開始。その後同じくバーミンガム出身のUB40と出会い彼らの作品にも参加する。その後UB40のヴォーカリスト、アリ・キャンベルの協力のもとデビュー・シングルとなる7インチを制作。リリースすると瞬く間に話題となり、その後ブリリアント・レコードからリリースした作品郡 「It Keeps Rainin’」 (2位)、「Here I Stand 」(10位)、そして「Dedicated To The One I Love」 (6位)の3曲がUKのトップ10にチャート・インした。その後米Virginからもアルバムをリリース、UB40、Wet Wet Wet、Simply Redなどのビッグ・アーティスト達とUKアリーナ・ツアーをまわる。他アーティストのプロデュース活動の傍ら2004年に傑作アルバム『On Bond Street』をリリースする事になる。故デューク・リードのレーベル“トレジャー・アイル”のリディムをベースに、伝説的サックス奏者故トミー・マクックが率いたスーパーソニックスの演奏にのせて唄ったその作品は多くのレゲエ・ファンを虜にする魅力盤となっている。

人気曲

ビティ・マクリーンの人気曲「In and out of Love」
ビティ・マクリーンの人気曲「Anything and Everything」
ビティ・マクリーンの人気曲「Be Mine」
ビティ・マクリーンの人気曲「Never Let You Go」
ビティ・マクリーンの人気曲「Will You Heed My Call?」
ビティ・マクリーンの人気曲「Till My Days Are Gone」
ビティ・マクリーンの人気曲「Jahovia」
ビティ・マクリーンの人気曲「Real Thing」
ビティ・マクリーンの人気曲「Let Them Talk」
ビティ・マクリーンの人気曲「Lately」
ビティ・マクリーンの人気曲「Baby Tonight」
ビティ・マクリーンの人気曲「Walk away from love」

アルバム

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00