すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Sunya

Sunya

自ら作詞・作曲を手掛け、飾らない言葉でメッセージを伝える大阪発新世代シンガーSunya(スンヤ)ゴスペルで鍛え上げられた歌声、本場UKで鍛え上げられたライブ力、独学で身につけたソングライティング。しかしそのヒストリーは決して順風満帆ではない。9歳までの多感な時期を奄美で過ごし、その後大阪へ引っ越す。当時9歳で地元のゴスペルクワイアの一員として活動する。その後独学でピアノを弾き始め、ソングライティングを身につける。15歳で活動地をクラブやライブ会場に変え、関西を拠点に活動をスタートする。同時にトラックメイキングもスタート。数々のメジャーアーティストのフロントアクトをつとめ、とたんにSunya(スンヤ)の名前が関西を中心に広がっていく。そしてたまたまライブを観たジェフリー・ダニエル氏(全米No.1ダンス番組『Soultrain』の中心的存在でもあり、ジョディー・ワトリー率いるShalamarの一員、そしてムーンウォークを生み出し、マイケル・ジャクソンに伝授したと言われる)に突然話しかけられる。この出会いがアーティスト活動を活性化させる。その後ジェフリー氏がSunyaの才能に惚れ込み、ボイトレやライブなどを共にする。またこの年マザーホールで開催されたAshanti japan girls tour05でフィーチャリングでフロントアクトとして参加する。17歳になると外資系Black Music Production『J-pan soul production.』と契約し、活動の拠点をUKへ移す。ロンドンでボイトレ、レコーディングを重ね、ライブへも出演する。特にイギリス、フランスで開かれたShalamar復活コンサートでも周りが黒人の中、唯一の日本人バックコーラスとして大抜擢!しかしフルアルバムを完成させたにも関わらず、レーベルの事情でお蔵入りに。帰国後地元大阪で再びライブを中心に活動をスタートさせる。ライブハウスだけでなく、時には難波の商店街など路上でも。そして18歳にしてインディーレーベルと契約を結び、ミニアルバムをリリースするも活動が広がらず20歳で契約を解除。その悔しさをバネにライブ活動を重ね、2008年10月には大阪Knaveにて自力でワンマンライブを開催し、230枚のチケットを売り切り大成功。逆境を跳ね除け、2009年6月ついにメジャーデビュー!

楽曲

遠恋歌
遠恋歌 2 〜キミに会いに行くよ〜
告白
キミのとなりで… (feat.中村舞子)
遠恋歌
スキなのに…
走り出して 走り出して
To You...もう一度 (feat.AZU)
告白
少年トラウマ〜明日の君へ〜
Destination

アルバム

関連アーティスト

Sunya feat. 中村舞子

Sunya feat. 中村舞子

コラボレーション

うえのたくと

うえのたくと

同じ雰囲気

STEAL-I

STEAL-I

同じ雰囲気

rairu

rairu

同じ雰囲気

髙橋颯

髙橋颯

同じ雰囲気

伊礼 亮

伊礼 亮

同じ雰囲気

HIPPY

HIPPY

同じ雰囲気

Hiro(MY FIRST STORY)

Hiro(MY FIRST STORY)

同じ雰囲気

そうま

そうま

同じ雰囲気

森内寛樹

森内寛樹

同じ雰囲気

rairu

rairu

同じ雰囲気

KEISUKE

KEISUKE

同じ雰囲気

CAIKI

CAIKI

同じ雰囲気

上野大樹

上野大樹

同じ雰囲気

TEE

TEE

同じ雰囲気

笹山太陽

笹山太陽

同じ雰囲気

三浦風雅

三浦風雅

同じ雰囲気

Bigfumi

Bigfumi

同じ雰囲気

TEE

TEE

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00