すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Elf Power

Elf Power

1993年にアンドリューを中心にルーム・メイトと共にレコーディングを始めたのをきっかけとしてエルフ・パワーは結成される。その後、同年に制作され「VAINLY CLUTCHING AT PHANTOM」が彼らの実質的な1stアルバムとしてリリースされる。97年にキンダー・コアより「THE WINTER HAWK EP」をリリース。翌98年、アンドリューとローラ、ブライアン、エレンという4人で2ndアルバム「WHEN THE RED KING COMES」を制作。このアルバムにはオリヴィア・トレマー・コントロール、オブ・モントリオール、ニュートラル・ミルク・ホテル他といったバンドのメンバーが参加しており、アリーナ・ロックとエレファント6の共同制作によりリリースされた。同年の秋よりマーキュリー・レヴのデイブ・フリッドマンをプロデューサーに迎えて、ニューヨークにある彼のスタジオにて3rdアルバム「A DREAM IN SOUND」を制作。この時期にエレファント6周辺バンドの評価が一気に高まり、このアルバムによりエルフ・パワーは飛躍的な成功を収める、アップルズ・イン・ステレオ、オリヴィア・トレマー・コントロール、オブ・モントリオールと共にエレファント6を代表するバンドの1つとしても世間的に認識される様になる。99年には新メンバーのエイドリアンが加入。5人編成となった新生エルフ・パワーとして活動を始める。その後バンドはR.E.M.のオープニングを務めるなどの快挙も成し遂げ、2000年10月に待望の4thアルバム「THE WINTER IS COMING」をシュガー・フリーへ移籍してリリース。実験的なアレンジや、ダビングにつぐダビングを行ったため約9ヶ月にも及びレコーディングは行われた。ちなみに同年の6月には1stアルバム「VAINLY CLUTCHING AT PHANTOM」がアリーナ・ロックよりボーナス・トラックを加えて再発された。2001年には、J・マスシス+THE FOGのオープニング・アクトとしてアメリカの8ヶ所ほどでライブを行った。その直後、初期よりバンドに関わってきたブライアンが自信のバンド、ザ・レイトB.P.ヘリウムを本格始動させるためにバンドを脱退。後任としてザ・グランズのニール・ゴールデンが加入。2002年に待望の5tHアルバム「CREATURES」を発表。

楽曲

Untitled
O What a Beautiful Dream
Rising and Falling in a Little World
Simon (The Bird with the Candy Bar Head)
Noble Experiment
The Well
Carnival
We Dream in Sound
All the Passengers
Jane
Olde Tyme Waves
Willowy Man

アルバム

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00