すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

園田高弘

園田高弘

1928年9月17日、東京生まれのピアニスト。2004年10月7日没。東京音楽学校でレオ・シロタに学ぶ。1948年にデビュー・リサイタルを開き、1950年からパリでマルグリット・ロン、ヘルムート・ロロフに師事する。1954年、初来日したカラヤンの指揮でNHK交響楽団と協演。1959年、ベルリン・フィル定期公演に招かれる。以後国内外で幅広く、めざましい活躍を続けている。1950年代には、武満徹らとともに実験工房のメンバーとして、数々の作品の日本初演を行った。これまでにバッハの平均律クラヴィーア曲集を2回、シェーンベルクのピアノ曲全集など活発な録音活動を行い、特に3回にわたるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の録音は、世界的にも類を見ない偉業と言われている。ショパン、チャイコフスキー、ミュンヘンなど世界の著名な音楽コンクールからも審査員として度々招かれている。また、1985年以来、大分市で園田高弘賞ピアノ・コンクールを開催し、後進の育成にも寄与している。日本で最初の国際的なピアニストだけに、病による急逝が惜しまれる。

楽曲

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00