すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Gewandhausorchester Leipzigのアーティスト写真

Gewandhausorchester Leipzig

世界で最も古い伝統を誇る、屈指の名門オーケストラ。創設は1743年で、ライプツィヒの商人たちがコンサート協会を設立し、音楽家の支援を始めた。1781年にはコンサート会場を織物会館(ゲヴァントハウス)に移した。19世紀中葉にはメンデルスゾーンがカペルマイスター(楽長)を務め、一躍その名声を高めた。その後も、ニキシュ、フルトヴェングラー、ワルター、アーベントロート、コンヴィチュニー、ノイマン、マズアなど錚々たる指揮者がその伝統に磨きをかけた。1998年からはブロムシュテットが第18代カペルマイスターを務め、2005年秋からリッカルド・シャイーがその後を継いだ。このオーケストラによって初演された作品は、ベートーヴェンの三重協奏曲、ピアノ協奏曲「皇帝」、シューベルトの交響曲「ザ・グレート」、シューマンの交響曲「春」、メンデルスゾーンの交響曲「スコットランド」、ヴァイオリン協奏曲、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、ブラームスのヴァイオリン協奏曲、ブルックナーの交響曲第7番など、枚挙に暇がない。

人気曲

アルバム

関連アーティスト

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00