すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

ユーライア・ヒープのアーティスト写真

ユーライア・ヒープ

1970年にデビューのロック・バンド。デイヴィッド・バイロンの個性的な高音ヴォイス、ケン・ヘンズレー(key)とミック・ボックス(g)の叙情的プレイを看板とするドラマティックなハード・ロックで人気を獲得。70年代初頭英国ハード・ロック全盛時代の一翼を担う。71年『対自核』、72年『悪魔と魔法使い』など代表作を発表。70年代中盤以降も、ボックスを中心にバンドは存続。メロディアスな円熟のハード・ロックを聴かせる。2014年6月発表のアルバム『アウトサイダー』は2013年に他界したトレヴァー・ボルダー(b)への追悼の意が込められている。

アーティストプレイリスト

ユーライア・ヒープのプレイリスト「ユーライア・ヒープ」

ユーライア・ヒープ

ユーライア・ヒープの代表曲・人気曲をピックアップ

人気曲

ユーライア・ヒープの人気曲「Heartless Land」
ユーライア・ヒープの人気曲「Sweet Pretender」
ユーライア・ヒープの人気曲「The Golden Palace」
ユーライア・ヒープの人気曲「Feels Like」
ユーライア・ヒープの人気曲「Across the Miles」
ユーライア・ヒープの人気曲「Everything in Life」
ユーライア・ヒープの人気曲「Shelter from the Rain」
ユーライア・ヒープの人気曲「Change」
ユーライア・ヒープの人気曲「Question」
ユーライア・ヒープの人気曲「In the Moment」
ユーライア・ヒープの人気曲「Only the Young」

アルバム

ミュージックビデオ

ユーライア・ヒープのMV「Lady in Black (Lyric Video)」

Lady in Black (Lyric Video)

ユーライア・ヒープ

関連プレイリスト

伊藤政則/CLASSIC ROCK Vol.2

伊藤政則/CLASSIC ROCK Vol.2

1970年代のバンドの最大の強みは、他のバンドとは違う個性の確立を目指したことだ。 その屈強な意識力がロック・シーンの健全な競争力を生み出し、結果、素晴らしい多様性に満ちた時代を誕生させるのである。

関連アーティスト

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Trevor Bolder」

Trevor Bolder

[ベース]

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Sad Café」

Sad Café

どちらも『フィル・ランゾン』が所属しているグループ

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Bon Jovi」

Bon Jovi

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「ディープ・パープル」

ディープ・パープル

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Nazareth」

Nazareth

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Aerosmith」

Aerosmith

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「レインボー」

レインボー

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Eric Martin」

Eric Martin

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「SKID ROW」

SKID ROW

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Blue Oyster Cult」

Blue Oyster Cult

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「ホワイトスネイク」

ホワイトスネイク

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Michael Schenker Group」

Michael Schenker Group

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Buckethead」

Buckethead

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Steve Stevens」

Steve Stevens

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「AC/DC」

AC/DC

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「Ozzy Osbourne」

Ozzy Osbourne

同じ雰囲気

ユーライア・ヒープの関連アーティスト「MR.BIG」

MR.BIG

同じ雰囲気

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00