すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Andy Williamsのアーティスト写真

Andy Williams

1928年米国アイオワ州生まれ。教会の合唱隊で歌を始め、ロサンゼルス移住後、兄たちとファミリー・グループ、ウィリアムス・ブラザーズで活動。52年グループ解散でソロ歌手に。56年レコード・デビュー、61年まではコマーシャルなヒット曲を歌うポップ歌手として人気。61年以降はスタンダードやカヴアー楽曲などを歌うオーソドックスな大人の歌手に変身。代表作「バタフライ」「ムーン・リヴァー」など。米国の国民的人気の男性歌手。

人気曲

Andy Williamsの人気曲「A Man and a Woman」
Andy Williamsの人気曲「Red Roses for a Blue Lady」
Andy Williamsの人気曲「慕情」
Andy Williamsの人気曲「The More I See You」
Andy Williamsの人気曲「What Now My Love」
Andy Williamsの人気曲「Begin the Beguine」
Andy Williamsの人気曲「On the Street Where You Live (Single Version)」
Andy Williamsの人気曲「More」

アルバム

ミュージックビデオ

Andy WilliamsのMV「The Most Wonderful Time Of The Year (From The Andy Williams Show)」

The Most Wonderful Time Of The Year (From The Andy Williams Show)

Andy Williams

関連プレイリスト

evening cinemaが選ぶ冬に聴きたいプレイリスト selected by evening cinema

evening cinemaが選ぶ冬に聴きたいプレイリスト selected by evening cinema

僕が冬で1番好きなのは、クリスマスでもなく正月でもなく、その間。つまり、12月26日〜31日までの期間。なんだか街の空気が忙わしいようで、切ないようで、胸が少しキュンとする不思議な期間だと思う。この一年を振り返って、少し壮大な物語を読むかのようにセンチメンタルな感情に浸ってみたり、来年の抱負なんかを考えてみたり…。年が明けると言っても、別に1日が経っただけで何も変わっちゃいないのだが。何故か普段やらないことを背伸びしてやりたくなったりするのもこの時期。とにかく特異であるが、それが好きです。分かってくれとは言わないが、この奇妙な感覚を共有してくれる人がいたら、多分僕と気が合います。「原色の街」なんかはこの時期を想って書いたもので、毎年聴き返すようにしている。今年からはそれに「君の季節」が加わることになる。このプレイリストの曲はメンバーそれぞれが冬を想って選んだので、誰がどの曲をセレクトしたかを考えるとまた面白いかもしれない。ワクワクとしんみりが同居するようなひとときを、このプレイリストを聴きながら過ごしてくださいませ。

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00