すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

ent

ent

2009年、Atsushi Horieによるソロプロジェクトとしてent(エント)は始動した。インディーロック、ポストロック、エレクトロニカ等のジャンルへの架け橋となる、繊細でセンチメンタルなポップサウンドを鳴らす。1st Album 'Welcome Stranger'をインディー専門レコードショップLINUS RECORDSが運営するインディー・レーベルPrecoよりリリース。同作はアメリカのエレクトロニカ・レーベルn5MDからもUS盤がリリースされ、Kettel、Helios、Near The Parenthesisによるリミックスも収録された。この時、entがストレイテナーのホリエアツシ(Vo.、Gt.、Key.)によるソロプロジェクトであることは公表しておらず、2010年公開の映画「ソラニン」の劇中音楽をentとして担当するにあたり、改めて発表した。劇中音楽の素材を楽曲として完成させたサウンドトラック盤 'ソラニン SOUNDTRACK feat. ent'を映画の公開に先立ちKi/oon Recordsよりリリース。 同年、鈴井貴之氏主宰による劇団OOPARTSの舞台「CUT」のテーマ曲として"At The End Of The Blue Sky"を書きおろす。また、ファッションブランドEnharmonic TAVERNのシーズン毎のコレクションテーマ曲、SISEのショーへの楽曲提供も手掛けるなど、クリエイター、ミュージシャンを中心とする感度の高いリスナーに多大な支持を受けている。2012年、2nd Album 'Entish'をEMI Music Japanよりリリース。東名阪で初となるレコ発ツアーを、ギターに大山純(ストレイテナー)、ドラム&マニピュレーターにレコーディング・エンジニアの菅井正剛を擁して行い、同年12月25日、金沢21世紀美術館でのクリスマス・ライブで締めくくった。それから4年という期間を経てレコーディングされた作品がようやく形となり、2017年、前作から実に5年ぶりとなる待望の3rd Album 'ELEMENT'をリリース。

楽曲

Autumn Nightmare
Silver Moment 12MIX
Sunset Moonrise
素子-Soshi-
Imagine
Forever and Ever
The Awakening
Perfect Light
Healer
悲しみが生まれた場所
How To Fly
At The End Of The Blue Sky

アルバム

ミュージックビデオ

Autumn Nightmare

Autumn Nightmare

ent

「bayfm MIDNIGHT POWER PLAY」音楽

関連アーティスト

ストレイテナー

ストレイテナー

どちらも『ホリエアツシ』が所属しているグループ

Base Ball Bear

Base Ball Bear

同じ雰囲気

FoZZtone

FoZZtone

同じ雰囲気

LOST IN TIME

LOST IN TIME

同じ雰囲気

tacica

tacica

同じ雰囲気

the HIATUS

the HIATUS

同じ雰囲気

椿屋四重奏

椿屋四重奏

同じ雰囲気

ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION

同じ雰囲気

DISCHARMING MAN

DISCHARMING MAN

同じ雰囲気

VELTPUNCH

VELTPUNCH

同じ雰囲気

THE BACK HORN

THE BACK HORN

同じ雰囲気

NICO Touches the Walls

NICO Touches the Walls

同じ雰囲気

藍坊主

藍坊主

同じ雰囲気

Analogfish

Analogfish

同じ雰囲気

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00