すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

JAPAN

JAPAN

デヴィッド・シルヴィアン(ヴォーカル)とその実弟のスティーヴ・ジャンセン(ドラムス)、そして同じハイスクールに通っていたミック・カーン(ベース)を中心に1976年にロンドンで結成。まもなくリチャード・バルビエリ(キーボード)が加入し、さらにオーディションで獲得したロブ・ディーン(ギター)を加えた5人編成で本格的にバンド活動をスタートさせ、ヤードバーズやT.レックスなどの育ての親的存在だったマネジャーのサイモン・ネピア・ベルに認められ、彼のバックアップを得て、1978年3月にドイツを拠点としていたアリオラ・ハンザ・レーベルからシングル「パレードに雨を降らせないで」でデビュー。同年にデビュー・アルバム『果てしなき反抗』と続くセカンド・アルバム『苦悩の旋律』を発表。しかし、黒人音楽を独自の解釈で消化した“ホワイト・ファンク”ともいうべきサウンドは、当時のイギリスではまったく評価されず、逆に奇抜なルックスと奇妙なバンド名が引き金となって、デビュー当時から日本では人気爆発。日本ではデビュー・アルバム『果てしなき反抗』が、発売当日に1万5千枚以上も売れたという伝説も残されている。1979年3月の初来日公演では、いきなり武道館公演が実現している。 その後、ロキシー・ミュージックなどを手がけたジョン・パンターをプロデューサーに迎え、3作目の『クワイエット・ライフ』(1979年)から、アート感覚溢れるモダン・ミュージックへ大きく方向転換。本国イギリスでも音楽的評価が高まるなか、バンドはヴァージン・レコードへ移籍。このヴァージン移籍後の『孤独な影』(1980年)と『ブリキの太鼓』(1981年)という2枚のアルバムで、本国イギリスやヨーロッパ全土でも人気爆発。しかし、その人気絶頂期の1982年に行われた世界ツアーの最終公演地となった同年12月の日本公演を最後にバンドは解散。その後、メンバーそれぞれが独自の音楽活動をスタートさせる。

アーティストプレイリスト

JAPAN

JAPAN

JAPAN の人気曲・定番曲を集めました

楽曲

メソッズ・オブ・ダンス [ライヴ]
ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
A Foreign Place
Life in Tokyo (Steve Nye 7" Special Remix 1982)
Quiet Life
テンプル・オブ・ドーン
カントン [ライヴ]
クワイエット・ライフ [ライヴ]
ナイトポーター [ライヴ]
歓迎の叫び、祈りの手

アルバム

ミュージックビデオ

ナイトポーター

ナイトポーター

JAPAN

孤独な影

孤独な影

JAPAN

スウィング

スウィング

JAPAN

Quiet Life

Quiet Life

JAPAN

I Second That Emotion

I Second That Emotion

JAPAN

関連アーティスト

Soldier (JAPAN)

Soldier (JAPAN)

コラボレーション

Astronomical (JAPAN)

Astronomical (JAPAN)

コラボレーション

Rain Tree Crow

Rain Tree Crow

どちらも『リチャード・バルビエリ』が所属しているグループ

デヴィッド・シルヴィアン

デヴィッド・シルヴィアン

[ヴォーカル][ギター] [キーボード]

スティーヴ・ジャンセン

スティーヴ・ジャンセン

[ドラムス][パーカッション]

Mick Karn

Mick Karn

[ベース][サックス]

Richard Barbieri

Richard Barbieri

[キーボード]

Astronomical

Astronomical

『Astronomical (JAPAN)』として共演

SOLDIER

SOLDIER

『Soldier (JAPAN)』として共演

Astronomical

Astronomical

『Astronomical (JAPAN)』として共演

SOLDIER

SOLDIER

『Soldier (JAPAN)』として共演

Nine Horses

Nine Horses

どちらも『デヴィッド・シルヴィアン』が所属しているグループ

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00