すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Smetana Quartetのアーティスト写真

Smetana Quartet

1945年に発足、1988年に「さよなら公演」を行なって活動に終止符を打った。45年間にわたって「弦の国」チェコを代表する、そして20世紀を代表する弦楽四重奏団として君臨した。常に暗譜で演奏するなど、高度で緻密な演奏は一分の隙も無い完璧なものだった。当初は後に名指揮者となるヴァーツラフ・ノイマンがヴィオラを担当していたが、1955年からはイルジー・ノヴァーク(第1ヴァイオリン)、ルボミール・コステツキー(第2ヴァイオリン)、ミラン・シュカンパ(ヴィオラ)、アントニーン・コホウト(チェロ)が不動のメンバーとして活躍した。

アーティストプレイリスト

Smetana Quartetのプレイリスト「Smetana Quartet」

Smetana Quartet

Smetana Quartetの代表曲・人気曲をピックアップ

人気曲

アルバム

関連プレイリスト

古川裕也/朝仕事に行きたくなくなる曲8

古川裕也/朝仕事に行きたくなくなる曲8

ミュージシャンには、どうしてもこの楽器でなくてはならないということがある。例えばレス・ポール。真っ先に浮かぶのはジミー・ペイジだが、フリーのポール・コゾフこそ、成立しなかったギタリストだと思われる。

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00