すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

フランス国立管弦楽団

フランス国立管弦楽団

仏・パリを拠点とするフランス国立放送所属のオーケストラ。フランス国立放送管弦楽団として1934年に創立。パリのシャンゼリゼ劇場で定期演奏会を開催。初代首席指揮者にデジレ・エミール・アンゲルブレシュトが就いて以来、ロザンタール、デゾルミエールと常任指揮者に迎えて、仏の代表的管弦楽団へ成長。68~74年はマルティノンが音楽監督に就任。75年に現名称に変更。その後、チェリビダッケ、マゼール、デュトワ、マズアらが要職を歴任。ドビュッシーやラヴェルの管弦楽曲集、サン=サーンスやルーセルの交響曲集などで高評価を獲得。ミヨー、ジョリベ、メシアンなど仏現代音楽の初演も多い。2017年よりエマニュエル・クリヴィヌが音楽監督に就任。

楽曲

Rhapsodie Espagnole
La Valse
Pavane for a Dead Princess

関連アーティスト

Orchestre National de France/Seiji Ozawa

Orchestre National de France/Seiji Ozawa

コラボレーション

Georges Prêtre

Georges Prêtre

コラボレーション

back number

00:0000:00
00:00 / 00:00