すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

Bucketheadのアーティスト写真

Buckethead

1969年生まれ。ケンタッキーフライドチキンの紙バケツと、白塗りの仮面を被った謎の覆面ギタリスト。その超絶技巧テクに彼の正体は「スティーヴ・ヴァイ?」それとも「ポール・ギルバート?」と数々の噂を生んだものの、その真相は(いちおう)不明。ロック、ジャズ、ファンクを自在に横断し、各ジャンルの先鋭ミュージシャンとも共演する柔軟性と高い音楽性で知られる実力派アーティストである。2000年にガンズ・アンド・ローゼズにスラッシュの後任として正式加入したことでも話題を集めた(2004年脱退)。またDeath Cube K名義でも作品がある。

人気曲

Bucketheadの人気曲「Welcome To Bucketheadland」
Bucketheadの人気曲「Binge And Grab (Instrumental Version)」

関連プレイリスト

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

元ギター少年たちが憧れるスーパー・ギタリストから気鋭のインスト・バンドまで、テンションが上がるギター・インスト曲を集めました。スティーヴ・ヴァイの名盤「Passion & Warfare」からリフがカッコいい“Erotic Nightmares”、BayFM「POWER ROCK TODAY」のエンディング曲として使用されているパット・トラヴァースの“Amgwanna Kick Booty”、テレビ東京「カンブリア宮殿」テーマ曲として聴いたことのある人も多いであろうジョー・サトリアーニの“Crowd Chant”など。一部、完全インストではなくコーラスや掛け声が入るものも含みます。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

関連アーティスト

Bucketheadの関連アーティスト「Buckethead」

Buckethead

別名義・同一アーティスト

Bucketheadの関連アーティスト「Buckethead」

Buckethead

別名義・同一アーティスト

Bucketheadの関連アーティスト「Buckethead」

Buckethead

別名義・同一アーティスト

Bucketheadの関連アーティスト「George Lewis」

George Lewis

共に『ミュージック・インプロヴィゼーション・カンパニー』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「Haruomi Hosono」

Haruomi Hosono

共に『ディヴィネイション』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「Anthony Braxton」

Anthony Braxton

共に『ミュージック・インプロヴィゼーション・カンパニー』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「細野晴臣」

細野晴臣

共に『ディヴィネイション』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「ビル・ラズウェル」

ビル・ラズウェル

共に『ディヴィネイション』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「David Holland」

David Holland

共に『ミュージック・インプロヴィゼーション・カンパニー』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「Bootsy Collins」

Bootsy Collins

共に『プラクシス』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「Dave Holland」

Dave Holland

共に『ミュージック・インプロヴィゼーション・カンパニー』のメンバー

Bucketheadの関連アーティスト「Foday Musa Suso」

Foday Musa Suso

共に『マテリアル』のメンバー

公式Twitterをフォローして最新情報をゲット!

Twitterロゴ Twitter
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00