すべての機能を利用するにはログインが必要です。
初めてご利用の方は1か月無料!

テーマから探す

タワレコスタッフ こだわり選曲

JAPANESE HIPHOP 202403 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202403 マンスリーセレクト30

カバーには、Jin DoggとkZmを客演に迎え、およそ3年ぶりとなるPETZのニューシングル「NEW DAY」をピックアップ!野田洋次郎(RADWIMPS)がkZmをフィーチャーした新曲「EVERGREEN feat. kZm」、大きな話題を集めた千葉雄喜「チーム友達」から関西の盟友Young CocoとJin Doggが参加したRemixバージョンが登場、梅田サイファーの一員であるCosaquより、客演にテークエムを迎えた「Helios (feat. テークエム)」ほか、2024年3月にリリースされた厳選30曲を今回もお届け! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

JAPANESE HIPHOP 202402 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202402 マンスリーセレクト30

カバーには、2021年末にKOHHとしての活動を引退した千葉雄喜の新曲「チーム友達」をピックアップ!ソングライターとしても活躍する、Kohjiyaから「DREAMIN’BOIISSUE」、東京に雪が降った2月にリリース!ShowyVICTOR「初雪 (feat. Tade Dust)」、2024年2月19日の東京ドームでのワンマンライブをもって解散したBAD HOPから「Night feat. G-k.i.d, guca owl & KEIJU」をピックアップ!2月度も良質なリリースの中から厳選30曲をセレクトしました! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

昭和歌謡の世界

昭和歌謡の世界

2024年2月20日放送された「マツコの知らない世界」のテーマは、昭和歌謡の世界でした。ナビゲーターは、自身も大ファンで、昭和歌謡のカバーアルバム、スナックJUJUシリーズを2枚リリース(2024年現在)する歌手のJUJUさんが“歌詞が刺さる曲”、“ダメ男とダメ女の恋愛ソング”、“神イントロ曲”といった切り口で昭和歌謡の名曲を紹介していました。こちらでは、番組で紹介された楽曲(ちあきなおみ「喝采」は、未配信のためカバー、またオリジナルverがないものはセルフカバーを選曲しております。)を中心に、令和の時代では聴くことのできない!?昭和不倫ソングの名曲や、JUJUのカバーVerも合わせてお届け。その歌詞に注目してお聴きください。 edited by TOWER RECORDS Staff.

BAD HOP THE FINAL at TOKYO DOME

BAD HOP THE FINAL at TOKYO DOME

ラストアルバム「BAD HOP」がリリースとなり、2月19日(月)に東京ドームでのラスト公演「BAD HOP THE FINAL at TOKYO DOME」 が間もなく開催となる。 BAD HOPの東京ドームラスト公演という歴史的記念日に向け、こちらでは、BAD HOPの人気楽曲に加え、当日の東京ドーム公演で是非見てみたい!メンバーの客演・ソロ楽曲もセレクト。その歴史的なグループの足跡をこのプレイリストで感じてください。 edited by TOWER RECORDS Staff.

〈第58回 NFLスーパーボウル〉アッシャー:ハーフタイム・ショー

〈第58回 NFLスーパーボウル〉アッシャー:ハーフタイム・ショー

全世界を魅了!!現地時間2024年2月11日に開催された、第58回 NFLスーパーボウルのハーフタイム・ショーで披露されたアッシャー(出演者)の楽曲を再現!是非、あの感動をもう一度体感してください! edited by Tower Records' Staff

Taste of Chocolate R&B Flavor MADE IN TRM

Taste of Chocolate R&B Flavor MADE IN TRM

日本が世界に誇る<King of Diggin'>=MUROによる、とろけるチョコレートのように甘いR&Bをミックスした名作MIXCDシリーズ収録曲を中心に、現在TRMで配信されている厳選楽曲をセレクト。90年代を中心としたR&Bに酔いしれてください。 edited by Tower Records' Staff

Valentine’s Day Songs

Valentine’s Day Songs

バレンタインデイに聴きたくなるオススメの洋楽を新旧問わずセレクト。お家のBGMにどうぞ。随時追加中です。 edited by Tower Records' Staff

〈ジャネット・ジャクソン〉来日公演開催記念プレイリスト

〈ジャネット・ジャクソン〉来日公演開催記念プレイリスト

JANET JACKSON (ジャネット・ジャクソン)、5年ぶりとなる来日公演が、いよいよ3月に名古屋、大阪、横浜の3都市で開催! 日本だけのスペシャルゲストとしてあのTLCも出演! こちらでは、ジャネット・ジャクソンの定番・人気のオススメ楽曲、厳選30曲をセレクト!edited by TOWER RECORDS Staff. 〈JANET JACKSON〉TOGETHER AGAIN ・2024年3月16日(土) ポートメッセなごや 第1展示館 ・2024年3月17日(日) 大阪城ホール ・2024年3月20日(水・祝) Kアリーナ横浜

〈PUNKSPRING 2024〉開催記念プレイリスト

〈PUNKSPRING 2024〉開催記念プレイリスト

2024年3月16日(土)・17日(日)に千葉・幕張メッセにて開催される「PUNKSPRING 2024」。こちらでは、出演アーティストのオススメ楽曲をセレクト!随時追加中!最終ラインナップ確定までお楽しみに!! ・3月16日(土):SUM 41/Zebrahead/SuicidalTendencies/Neck Deep/You Me At Six/The Linda Lindas …and more! ・3月17日(日):NOFX/Hi-STANDARD/The Damned/マキシマム ザ ホルモン/The Vandals /The Linda Lindas …and more! edited by TOWER RECORDS Staff.

STARLIGHT+ 2024@3/15~17 幕張メッセイベントホール

STARLIGHT+ 2024@3/15~17 幕張メッセイベントホール

3月15日(金)・16日(土)・17日(日)に幕張メッセイベントホールで開催される都市型音楽フェス『STARLIGHT+ 2024』。 ライブの予習にぜひお楽しみください。 15日(金)出演アーティスト:INI / OWV / OCTPATH / PSYCHIC FEVER 16日(土)出演アーティスト:Shuta Sueyoshi / XY / SUPER★DRAGON / DXTEEN / MAZZEL 17日(日)出演アーティスト:BE:FIRST / NOA / BUDDiiS / WATWING

〈FUJI ROCK FESTIVAL '24〉KRAFTWERK出演決定!記念プレイリスト

〈FUJI ROCK FESTIVAL '24〉KRAFTWERK出演決定!記念プレイリスト

7月26日、27日、28日に新潟 湯沢町 苗場スキー場にて開催される「FUJI ROCK FESTIVAL '24」のラインナップ第1弾が発表。苗場で25回目の開催となる今年(2024)、アニバーサリー・イヤーに、2021年ロックの殿堂入り、グラミー賞1回受賞、3度ノミネートされたテクノポップの先駆者、KRAFTWERK(クラフトワーク)がフジロック初出演! こちらでは、そのKRAFTWERK(クラフトワーク)の名曲の中からオススメ楽曲を20曲をお届け。 edited by TOWER RECORDS Staff.

〈ボズ・スキャッグス〉日本公演開催記念プレイリスト

〈ボズ・スキャッグス〉日本公演開催記念プレイリスト

ロック、ソウル、ブルース、そしてAORの巨匠=ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs) 5年ぶりの来日公演が間もなく開催。2月19日(月)から3月1日(金)まで全国5都市で開催されます。こちらでは、そのボズ・スキャッグスの名曲の中からオススメ楽曲、30曲&1曲セレクト。+1曲は前回の来日公演でカバーされたチャック・ベリー「You Never Can Tell」をプラスしてお届けします。是非、名曲の数々を堪能してください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff

JAPANESE HIPHOP 202401 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202401 マンスリーセレクト30

カバーには、2024年の幕開けにぴったりなSUSHIBOYSの「年賀状2024(辰)」をピックアップ!般若の地元である東京 三軒茶屋をrepする「地元の唄」、ラップスタア2023にて披露しリリースが待ち望まれた、Whoopee Bomb 「King Swan (prod.STUTS)」、ハイテンションに駆け抜けるawasetsu monaのニューシングル「onlyfans bkk」、JJJから、「Kids Return」ほか、1月度にリリースされた厳選30曲をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

J・ディラ:生誕50年。

J・ディラ:生誕50年。

2024年2月7日に生誕50年を迎えたJ・ディラ(J Dilla)。 くしくも、2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った日本が世界に誇る稀代の天才プロデューサー Nujabesと同じ日にこの世に生を受けており、J・ディラ(J Dilla)も、2006年2月10日に、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)という珍しい血液の病気で32歳の若さで旅立ってしまいました。 デ・ラ・ソウル、ア・トライブ・コールド・クエスト、ザ・ルーツやコモン、バスタ・ライムス、エリカ・バドゥなど名だたるヒップホップ/R&Bアーティストの作品の中で数多くの傑作を残している、ヒップホップ史上最も偉大なプロデューサーの一人である、J・ディラ(J Dilla)。 こちらでは、現在、TRMで聴くことのできる楽曲の中から、生誕50年ということで、厳選オススメ50曲をセレクト。是非そのソウルフルなビートに身をゆだねてください。 edited by TOWER RECORDS Staff.

Nujabes:生誕50年。

Nujabes:生誕50年。

2024年2月7日に生誕50年を迎えたNujabes。2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った稀代の天才プロデューサー Nujabesの作品をコンパイルしたプレイリスト。Nujabesのレーベル「Hydeout Productions」から発売され、現在、TRMで聴くことのできる作品中心にリリース順(12chとCDのリリースは前後しております。)にセレクト。全リリース作品というワケにはかないものの、代表曲・人気曲はほぼ網羅されています。また、2004年に、ビクターより発売されNujabesらトラックメイカーが参加し、全世界で長らくサブスク配信が待ち望まれていた『サムライチャンプルー』OST、2作品もセレクト。シャッフルするもよし、そのままBGMとして再生しその世界観に没頭するのも良し、是非その作品群に触れてみてください。edited by TOWER RECORDS Staff. ▼イベント情報 「A TRIBUTE TO NUJABES The 50th anniversary of Seba Jun's birth Kose Noriko plays “I miss you”」 2月22日(木)福岡 THEATER 010 2月23日(金・祝)CIRCUS Osaka 2月24日(土)東京 WALL&WALL 2月25日(日)WORLD KYOTO

プロレス入場曲-ハードロック・ヘヴィメタル-

プロレス入場曲-ハードロック・ヘヴィメタル-

ハードロック・ヘヴィメタルと切っても切れない蜜月関係を築くプロレス入場曲特集!1800年代中盤以来、今や200年近い歴史を刻んできたプロレス。テレビ中継により人気コンテンツとしてお茶の間に浸透していく中で、入場曲の重要性が飛躍的に増し、プロレスラーたちは思い思いの入場曲により自らを鼓舞し、また、自らのブランディングを入場曲と共に作り上げてきたとも言える! edited by TOWER RECORDS Staff.

〈TAYLOR SWIFT THE ERAS TOUR〉日本公演開催記念プレイリスト

〈TAYLOR SWIFT THE ERAS TOUR〉日本公演開催記念プレイリスト

アーティストとしては史上初となる4回目の年間最優秀アルバムを受賞! 第66回グラミー賞授賞式にて、テイラー・スウィフトのアルバム『Midnights』が年間最優秀アルバム賞を獲得し、アーティストとしての同賞の最多受賞記録を樹立し、そして、2018年11月以来5年3ヵ月ぶりとなる来日公演が、いよいよ2/7から4夜連続東京ドームで『THE ERAS TOUR』日本公演が開幕!東京ドーム4日間の開催となり海外女性アーティストとして初の東京ドーム4日連続公演となっております。こちらでは、テイラー・スウィフトの代表曲&人気曲、厳選20曲をピックアップ。 是非、世界的アーティストに触れてみてください! edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

第66回グラミー賞:Best New Artist(最優秀新人賞)ヴィクトリア・モネ

第66回グラミー賞:Best New Artist(最優秀新人賞)ヴィクトリア・モネ

日本時間2024年2月5日に開催された第66回グラミー賞授賞式。アメリカ音楽業界最大のイベントの一つであるこのグラミー賞の授賞式は日本ではWOWOWにて生中継されました。そして「グラミー賞最優秀新人賞(Best New Artist)」に輝いたのは、ヴィクトリア・モネ!ノミネートアーティストのオススメ楽曲と一緒にお楽しみください。 Grammy Award for Best New Artist Of The Year.

第66回グラミー賞:Album Of The Year(グラミー賞最優秀アルバム賞)テイラー・スウィフト/Midnights

第66回グラミー賞:Album Of The Year(グラミー賞最優秀アルバム賞)テイラー・スウィフト/Midnights

日本時間2024年2月5日に開催された第66回グラミー賞授賞式。アメリカ音楽業界最大のイベントの一つであるこのグラミー賞の授賞式は日本ではWOWOWにて生中継されました。そして「グラミー賞最優秀アルバム賞(Album Of The Year)」に輝いたのは、テイラー・スウィフト/Midnights!ノミネート作品のオススメ楽曲と一緒にお楽しみください。 rammy Award for Album Of The Year.

第66回グラミー賞:Song of the Year(最優秀楽曲賞)ビリー・アイリッシュ/What Was I Made For?

第66回グラミー賞:Song of the Year(最優秀楽曲賞)ビリー・アイリッシュ/What Was I Made For?

日本時間2024年2月5日に開催された第66回グラミー賞授賞式。アメリカ音楽業界最大のイベントの一つであるこのグラミー賞の授賞式は日本ではWOWOWにて生中継されました。そして「年間優秀楽曲(Song of the Year」に輝いたのは、ビリー・アイリッシュ/What Was I Made For? [From The Motion Picture "Barbie"]!ノミネート楽曲と一緒にお楽しみください。 Grammy Award for Song of the Year.

第66回グラミー賞:Record of the Year(最優秀レコード賞)マイリー・サイラス/Flowers

第66回グラミー賞:Record of the Year(最優秀レコード賞)マイリー・サイラス/Flowers

日本時間2024年2月5日に開催された第66回グラミー賞授賞式。アメリカ音楽業界最大のイベントの一つであるこのグラミー賞の授賞式は日本ではWOWOWにて生中継されました。そして「最優秀レコード賞(Record of the Year)」に輝いたのは、マイリー・サイラス/Flowers!ノミネート楽曲と一緒にお楽しみください。 Grammy Award for Record of the Year.

DJ PREMIER:ワークス

DJ PREMIER:ワークス

ヒップホップの革命的プロデューサーDJプレミアの曲を網羅した話題本「DJプレミア完全版」の刊行を記念して、現在、TRMで聴くことのできる厳選ワークスを50曲セレクト! edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

DJ PREMIER:スクラッチ・ベスト90’s

DJ PREMIER:スクラッチ・ベスト90’s

ヒップホップの革命的プロデューサーDJプレミアの曲を網羅した話題本「DJプレミア完全版」の刊行を記念して、数々のドラマを現在まで生み出している、彼のトレードマークでもあるコスリにフォーカスして膨大なワークスの中から、1990年代の現在、TRMで聴くことのできる厳選楽曲をセレクト! edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

ららぽーとTOKYO-BAY店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフが選ぶ2023年この1曲 Part②

ららぽーとTOKYO-BAY店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフが選ぶ2023年この1曲 Part②

ららぽーとTOKYO-BAY店スタッフが、2023年に愛聴した楽曲を集めました。 ジャンルを超えた良曲が揃ってます!!!2024年も素敵な音に出会えますように…。

ららぽーとTOKYO-BAY店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフが選ぶ2023年この1曲 Part①

ららぽーとTOKYO-BAY店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフが選ぶ2023年この1曲 Part①

ららぽーとTOKYO-BAY店スタッフが、2023年に愛聴した楽曲を集めました。 ジャンルを超えた良曲が揃ってます!!!2024年も素敵な音に出会えますように…。

TOWERminiくずはモール店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉MY BEST ROCK BAND2023

TOWERminiくずはモール店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉MY BEST ROCK BAND2023

今のうちに知って欲しい!2024年もっと大きくなる激熱バンド10選★それぞれ2023年にリリースされた中から1番好きな曲を選びました♪

JAPANESE HIPHOP 202312 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202312 マンスリーセレクト30

カバーには、リリース直後ヒップホップシーンが騒然とした、舐達麻の「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」をピックアップ! TORAUMA「Brainstorm feat. NIHA-C (from 電波少女)」、masato hayashi「死ぬほど」、ラップスタア誕生 2023で話題を呼んだRyuk × Lil’Yukichiの「GINGINDEGO」、ハイペースでのリリースが話題のElle Teresaのニューアルバムから「Temple」をなど今月も厳選30曲をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

横浜ビブレ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉横浜ビブレ店スタッフが選ぶ、2023年リリースのカバー・ソング集

横浜ビブレ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉横浜ビブレ店スタッフが選ぶ、2023年リリースのカバー・ソング集

名曲たちが新たな声で歌い継がれる!本家のリスペクトに溢れる傑作カバー特集。 このカバー曲たちが気に入った方は是非オリジナル曲もお聴きください!

梅田NU茶屋町店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉J-POP担当が選ぶ「頭を空っぽにして聴く名曲10選2023」

梅田NU茶屋町店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉J-POP担当が選ぶ「頭を空っぽにして聴く名曲10選2023」

J-POP担当がテイストを問わず聴き続けてきた名曲を10選セレクト!頭をカラッポにして、ただただ癒される、元気付けられる、そんなパワーをもらえる曲とアーティストです。この機会にぜひ知ってほしい♪聴いてほしい♪

TOWERminiもりのみやキューズモール店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフ愛聴楽曲10選

TOWERminiもりのみやキューズモール店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉スタッフ愛聴楽曲10選

普段はイベント会場(もりのみやキューズモールBASE 1F BASEパーク/あべのキューズモール 3F スカイコート)にいることの多いタワーミニもりのみやキューズモール店スタッフが単純に2023年特に大好きだった、よく聴いたを集めました! 皆様もぜひ聴いてみてください!

川崎店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年川崎店「激アツ」プレイリスト10!!!

川崎店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年川崎店「激アツ」プレイリスト10!!!

「音楽のまち・かわさき」らしく2023年も川崎店スタッフはそれぞれ己の道を突き進んでまいりました! さまざまなジャンルが入り混じることで大変カオス極まるプレイリストが完成しました!

札幌パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉札幌パルコ店スタッフが2023年に『聴きまくったな~』という曲10選!

札幌パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉札幌パルコ店スタッフが2023年に『聴きまくったな~』という曲10選!

2023年にリリースされた作品の中から、札幌パルコ店のスタッフが『この曲今年聴き込んだな~』という曲を10曲選曲!ジャンルレスにお楽しみください!

水戸オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉水戸オーパ店スタッフ選出!2023 BEST SONG!

水戸オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉水戸オーパ店スタッフ選出!2023 BEST SONG!

水戸オーパ店スタッフが選んだ、2023年お気に入り楽曲詰め合わせプレイリスト! ジャンルごちゃ混ぜなので今まで聴いたことがない曲も見つかるかも!?ここからぜひ聴いてみてください!

なんばパークス店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードなんばパークス店スタッフ厳選!来年コレクル!アーティスト10曲

なんばパークス店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードなんばパークス店スタッフ厳選!来年コレクル!アーティスト10曲

タワーレコードなんばパークス店のスタッフが2023年を通して感じた来年もっとコレクル!と思う楽曲を選曲してみました☆ 2023年もたくさんの楽曲に触れることが出来ましたが、みなさまはいかがでしたか?2024年はどんな楽曲に出逢えるのか楽しみですね♫

イオンレイクタウン店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉翔んで埼玉レイクタウン!2023年~レイクより愛を込めた 10選~

イオンレイクタウン店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉翔んで埼玉レイクタウン!2023年~レイクより愛を込めた 10選~

2023年 イオンレイクタウン店スタッフが翔んで翔んで翔んで翔んで翔んで~ 聴いって聴いって聴いって聴いた~10曲をセレクト!

アミュプラザ鹿児島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワカゴスタッフ MY BEST SONG 2023

アミュプラザ鹿児島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワカゴスタッフ MY BEST SONG 2023

タワカゴスタッフが2023年のとっておきのMY BEST SONGを1曲ずつチョイス!さまざまなジャンルの楽曲を一つのプレイリストにまとめました!

那覇店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉那覇店スタッフ 推し曲ちゃんぷる~ベスト!!~2023年ver.~

那覇店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉那覇店スタッフ 推し曲ちゃんぷる~ベスト!!~2023年ver.~

地元沖縄の楽曲からスタッフ一推しのトレンド曲まで、タワーレコード那覇店スタッフが厳選した2023年のオススメ10曲!

アリオ川口店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ川口店スタッフ激推しアーティスト10選✨

アリオ川口店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ川口店スタッフ激推しアーティスト10選✨

2023年も音楽にたくさん救われる一年でした。バンド好きなスタッフが2023年に出会ったたくさんの曲の中で個人的に2024年、さらに有名になってほしいと思うアーティストの曲を詰め込みました!!このプレイリストが新しい音楽に出会うきっかけになりますように。。。

あべのHoop店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードあべのHoop店 プレイリスト2023

あべのHoop店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードあべのHoop店 プレイリスト2023

あべのHoop店の2023年度を振り返り、スタッフが厳選した10曲プレイリストを作成しました!!J-POPから洋楽までバラエティに富んださまざまな音楽をギュッと詰め込みました!ぜひ聴いてみてください!

アリオ橋本店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ橋本店スタッフの2023年ヘビロテソング 10選

アリオ橋本店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ橋本店スタッフの2023年ヘビロテソング 10選

2023年にリリースされた楽曲から、アリオ橋本店のスタッフがもっとも聴いて、お薦めしたい10曲をセレクト!

タワーミニアリオ仙台泉店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉オーディション番組が好きなタワーミニアリオ仙台泉店のスタッフが選ぶ、2023年イチ推し10選!

タワーミニアリオ仙台泉店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉オーディション番組が好きなタワーミニアリオ仙台泉店のスタッフが選ぶ、2023年イチ推し10選!

このプレイリストは、サバイバルオーディション番組をこよなく愛す、スタッフが2023年にリリースした日本のボーイズグループの楽曲でイチ推し曲を厳選しました!!デビューから数年経つ人気グループやデビューから間もない期待の新人グループまで、全10組実力派ばかりです!このグループの名前は聞いたことはあるけど、まだ聴いたことがない。など新しい発見を見つけていただきたい!という思いでこちらのプレイリストを作成しました。ぜひご視聴ください!

上田店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年タワーレコード上田店厳選!信州アーティスト楽曲10選

上田店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年タワーレコード上田店厳選!信州アーティスト楽曲10選

2023年は信州に所縁のあるアーティスト(メンバーの出身地等)のリリースが充実! そんな信州アーティストの10曲を上田店がお届けっ! 音楽性の幅も広く楽しめるプレイリストとなっております!これをかけながら信州ロードのドライブもおススメです~♪

高崎オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年ベスト楽曲

高崎オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年ベスト楽曲

高崎オーパ店スタッフが2023年に最も聴いた、2023年リリースの楽曲をお届け! リアルタイムで店舗スタッフはどんな楽曲を聴いているのか? スタッフ一押し10選がこちら!!

ダイバーシティ東京プラザ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉虹色に輝くステージで煌めく珠玉の名曲

ダイバーシティ東京プラザ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉虹色に輝くステージで煌めく珠玉の名曲

ガ〇ダムの次くらいにリリイベ見ている!?店長が今年フェスティバル広場で披露された曲から独断と偏見でチョイス! 今年リリースの楽曲とは限りません、、!

藤沢オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉藤沢オーパ店スタッフ的2023年ベストソング

藤沢オーパ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉藤沢オーパ店スタッフ的2023年ベストソング

今年リリースされた楽曲の中で藤沢オーパ店スタッフが独断と偏見でベストソングをセレクトしました! まだ聴いていない曲があればぜひチェックしてみてください!!

グランツリー武蔵小杉店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉たわれこすぎスタッフ激オシソング10選2023

グランツリー武蔵小杉店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉たわれこすぎスタッフ激オシソング10選2023

音楽大好きなグランツリー武蔵小杉店のスタッフがそれぞれ2023年に一番聴き込んだ楽曲をセレクト致しました! 今年も幅広いジャンルからのセレクトとなりましたのでどうぞお楽しみ下さい!!2023も音楽愛に溢れるお店作りを心掛け、スタッフ一同お待ちしております!!

錦糸町パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉表現者 櫻井敦司

錦糸町パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉表現者 櫻井敦司

2023年もたくさんのお客様、そしてたくさんのBUCK-TICKファンの皆様に足をお運びいただきありがとうございました。今年、BUCK-TICKは『異空 -IZORA-』という素晴らしい作品を届けてくれました。重厚さの中にある優しさはまるで櫻井さんそのもののようです。ジャンルの枠をも超え、聴く人を圧倒する櫻井さんの"表現力"に触れることが出来る10曲をセレクトしました。その歌声と言葉の根底に溢れる愛と、紡ぎだされる闇と光にぜひ触れてみてください。

リヴィン光が丘店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ダンスが光るボーイズグループ10選

リヴィン光が丘店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ダンスが光るボーイズグループ10選

BOYS POPコーナーを強化中のリヴィン光が丘店です!こちらのプレイリストは、楽曲はもちろんのことダンスのパフォーマンス力が光るグループから10曲を選びました。サバイバルオーディションで選ばれたグループや、BOYS POPの中でもダンスがスーパーかっこいいグループの曲から当店のファンスタッフがチョイスしました。曲を聞いて一緒に踊りましょう!!

アリオ札幌店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ライブハウス好きアリ札スタッフが2023年鬼リピした曲10選!!

アリオ札幌店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ライブハウス好きアリ札スタッフが2023年鬼リピした曲10選!!

新旧問わず、CDショップ・ライブハウス・街中・自宅など、様々な場所で沢山の音楽に出逢った2023年。 その中から、私的2023年を表す音楽であり、2024年も聴き続けたいと思う10曲をチョイスしました! 皆様にも是非是非聴いていただきたいグッドミュージックたちです。

津田沼店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉津田沼店スタッフが”沼った”それぞれの年ベストソング~!

津田沼店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉津田沼店スタッフが”沼った”それぞれの年ベストソング~!

チーバ君で言うと「下顎」あたりの習志野市にある、タワレコ津田沼店です◎ スタッフがそれぞれ""沼った""2023年リリースのベストソングをお届け~! なんでもアリの個性豊かなラインナップとなりました!! これからも素敵な音楽と出会えます様に。 そのお手伝いが少しでもできます様、2024年も音楽を愛するスタッフ一同でご来店お待ちしております!

セブンパークアリオ柏店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年ベスト曲!!

セブンパークアリオ柏店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年ベスト曲!!

セブンパークアリオ柏店スタッフが選んだ2023年ベスト曲!!今年はこんな曲たちに元気をもらいました!!たくさんの音楽との出会いに感謝しつつ、2024年にLet’s Goooooooooooo!!!!!!!!!

ららぽーと立川立飛店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タチタチスタッフが独断と偏見で選ぶ今年リリースのベスト楽曲10選✨

ららぽーと立川立飛店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タチタチスタッフが独断と偏見で選ぶ今年リリースのベスト楽曲10選✨

2023年もたくさんの名曲たちと出会うことが出来ました。 タチタチスタッフが今年特によく聴いた楽曲を10曲選出しました! 来年はどんな音楽と出会えるのか・・・。今から楽しみです!

アリオ鷲宮店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉人の数だけ推しがいる。推しの数だけ愛がある。アリオ鷲宮スタッフが選ぶ推し曲たち!

アリオ鷲宮店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉人の数だけ推しがいる。推しの数だけ愛がある。アリオ鷲宮スタッフが選ぶ推し曲たち!

「サギノミヤ」じゃないよ、「ワシノミヤ」! みんな違って、みんな良い! 年齢も趣味嗜好も様々なアリオ鷲宮店スタッフ選曲による、ジャンルレスな2023年プレイリスト!

セブンパーク天美店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉セブンパーク天美 SUPER LIVE 2023

セブンパーク天美店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉セブンパーク天美 SUPER LIVE 2023

2023年はたくさんの音楽イベントを開催し、様々なアーティスト様とファンの皆様に盛り上げて頂きました! 大盛況だったイベントから10組をピックアップ!(10曲じゃ足りない!!)

アリオ上尾店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードアリオ上尾店 担当スタッフが選ぶ 2023一推しJ-Rock 10選!!

アリオ上尾店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコードアリオ上尾店 担当スタッフが選ぶ 2023一推しJ-Rock 10選!!

2023年は少しずつライブが以前に戻りつつあった1年。古き良き文化と新しい文化が入り乱れた1年。 担当スタッフの原点といえるアーティストから今年初めて出会ったアーティストまで… こだわり抜いた一推し曲をセレクト!イントロからアウトロまで、曲順や歌詞まで楽しんでいたきたい10曲となっております♪

名古屋近鉄パッセ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉名古屋近鉄パッセ店K-POP担当スタッフが2023年たくさん聞いた曲★

名古屋近鉄パッセ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉名古屋近鉄パッセ店K-POP担当スタッフが2023年たくさん聞いた曲★

2023年もたくさんのK-POPの楽曲に触れた1年! 個人的に2023年のK-POPに欠かせなかった楽曲を選びました‼ どれも思い入れのある曲ばかりで、いまだにリリースした時の新鮮な気持ちでいつも聞いています。 2024年はどんな出会いがあるのかワクワクしながらこのプレイリストで2023年を振り返りたいです!

名古屋近鉄パッセ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード名古屋近鉄パッセ店洋楽スタッフが選ぶ、2023オススメ楽曲10選(洋楽編)

名古屋近鉄パッセ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード名古屋近鉄パッセ店洋楽スタッフが選ぶ、2023オススメ楽曲10選(洋楽編)

タワーレコード名古屋近鉄パッセ店の洋楽スタッフが選んだ2023年度の入魂の10曲!ポップ、ロックからフォーク、ヒップホップまで洋楽のジャンルを問わず、只々良い曲!を選びました♪

福岡パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉福パルスタッフ厳選!!2023年の10曲!

福岡パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉福パルスタッフ厳選!!2023年の10曲!

2023年に福岡パルコ店スタッフがとにかく聴きまくった曲の中から厳選した10曲です。福岡パルコ店って、こんな感じのお店です 笑

アミュプラザ博多店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ博多2023推し曲プレイリスト10

アミュプラザ博多店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ博多2023推し曲プレイリスト10

2023年最も記憶に残りよく聴いた推し曲たちを集めました、いろんなジャンルからかき集めたたくさんの人におススメしたい 楽曲の数々是非聞いてください!!

広島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ広島店スタッフセレクト2023プレイリストvol.2

広島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ広島店スタッフセレクト2023プレイリストvol.2

広島店スタッフがオススメする2023年のベストソングを、J-POPから洋楽、K-POP などジャンルレスに選曲しました!!Vol.2

広島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ広島店スタッフセレクト2023プレイリストvol.1

広島店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ広島店スタッフセレクト2023プレイリストvol.1

広島店スタッフがオススメする2023年のベストソングを、J-POPから洋楽、K-POP などジャンルレスに選曲しました!!Vol.1

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(御当地音楽編)

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(御当地音楽編)

タワーレコード京都店のスタッフが2023年に最もヘビロテし、評価したおススメの楽曲を、【邦楽編】、【洋楽編】、【K-POP編】、【御当地音楽編】の4部門にて作成!THE・鉄板な楽曲から隠れた名曲までバラエティーに富んだラインナップとなっておりますので、是非覗いてみてください♪

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(K-POP編)

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(K-POP編)

タワーレコード京都店のスタッフが2023年に最もヘビロテし、評価したおススメの楽曲を、【邦楽編】、【洋楽編】、【K-POP編】、【御当地音楽編】の4部門にて作成!THE・鉄板な楽曲から隠れた名曲までバラエティーに富んだラインナップとなっておりますので、是非覗いてみてください♪

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(洋楽編)

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(洋楽編)

タワーレコード京都店のスタッフが2023年に最もヘビロテし、評価したおススメの楽曲を、【邦楽編】、【洋楽編】、【K-POP編】、【御当地音楽編】の4部門にて作成!THE・鉄板な楽曲から隠れた名曲までバラエティーに富んだラインナップとなっておりますので、是非覗いてみてください♪

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(邦楽編)

京都店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ京都店スタッフが選ぶ、2023年度マイ・フェイバリット(邦楽編)

タワーレコード京都店のスタッフが2023年に最もヘビロテし、評価したおススメの楽曲を、【邦楽編】、【洋楽編】、【K-POP編】、【御当地音楽編】の4部門にて作成!THE・鉄板な楽曲から隠れた名曲までバラエティーに富んだラインナップとなっておりますので、是非覗いてみてください♪

仙台パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ仙台パルコ店スタッフが選ぶ、今から期待大!エキサイティングな英国ロック!

仙台パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ仙台パルコ店スタッフが選ぶ、今から期待大!エキサイティングな英国ロック!

タワーレコード仙台パルコ店洋楽スタッフが選曲、2023年リリースの今後更なる飛躍が期待されるイギリスのロック楽曲をラインナップ!CD化されていない音源もありますので是非是非チェックくださいませ♪

町田店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード町田店スタッフが選ぶ 「2023年わたしのテーマソング」10選

町田店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード町田店スタッフが選ぶ 「2023年わたしのテーマソング」10選

タワーレコード町田店スタッフが、「2023年わたしのテーマソング」と題し、推し曲をセレクト!元気をもらえた、この曲に出逢いアーティストのことがさらに好きになった、新たにファンになった、心の支えになった…などなど、個性あふれる楽曲が並び、町田店らしいプレイリストになりました♪多くのライブイベントが開催され、音楽の素晴らしさを改めて実感したこの1年。2024年も、たくさんの音楽、映像作品とともに皆様のご来店をお待ちしております!

新潟店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード新潟店スタッフが2023年一番聴いた1曲

新潟店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード新潟店スタッフが2023年一番聴いた1曲

タワーレコード新潟店スタッフが2023年で一番聴いた曲をご紹介!2023年もいろんな名曲が誕生しました! 皆さまもこのプレイリストを聴きながら2023年を振り返ってみてください♪

浦和店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード浦和店スタッフ厳選!!2023年ベストソング10選。

浦和店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード浦和店スタッフ厳選!!2023年ベストソング10選。

サッカーのまち「浦和」のスタッフが、ジャンルレスなプレイリストをお届け!!アイドル、バンド、洋楽、K-POP、アニメ…本気で悩んで厳選した10曲!!ジャンルレスですので、誰でも楽しめる事間違いなし!!

静岡店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉静岡店スタッフ10名の今年一ヘビロテ10選!!

静岡店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉静岡店スタッフ10名の今年一ヘビロテ10選!!

タワーレコード静岡店スタッフの10名が、2023年に誕生した曲の中から最もヘビロテした曲をチョイス!! 店長から始まり、入社したての新人で終わる、幅広い世代の多種多様のチョイスとなりました。 出会った瞬間ときめいて、、、この良曲を多くの人に伝えたい、そんな推し曲10選です!!

モレラ岐阜店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年、全世界配信!日本のフォーク/ロックの祖“URCレコード”名曲10選

モレラ岐阜店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年、全世界配信!日本のフォーク/ロックの祖“URCレコード”名曲10選

日本初のインディーズ・レーベルとして1969年に発足。日本の音楽史を語る上で外せない名盤を残してきたURCレコードの作品が続々と復刻されている2023年ですが、遂にサブスクでも世界初配信となりました。日本の音楽シーンに影響を与え続けている偉大なるレーベルが残した楽曲から10曲を厳選しました。

アリオ亀有店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ亀有店 2023年ベストソング!

アリオ亀有店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉アリオ亀有店 2023年ベストソング!

2023年にリリースされた楽曲から、タワ亀スタッフそれぞれが今年一番聴いたマイベストソングを選びました!邦楽・洋楽・K-POPなどぜひ聴いてみて欲しい10曲!

アリオモール蘇我店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉★2023年タワーレコードアリオモール蘇我店のスタッフ達がヘビロテした10選★

アリオモール蘇我店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉★2023年タワーレコードアリオモール蘇我店のスタッフ達がヘビロテした10選★

蘇我店のスタッフが今年たくさん聴いた曲をぎゅぎゅっと10曲にまとめました!今年もたくさんの音楽に出会えたことに感謝!ジャンル様々ですが、ぜひお楽しみください♪

苫小牧店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード苫小牧店スタッフによる 2023 BEST SONG 10選!!

苫小牧店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード苫小牧店スタッフによる 2023 BEST SONG 10選!!

2023年もたくさんの音楽と出会い共に過ごしてきたタワーレコード苫小牧店スタッフが、今年一番聴いた・心に響いた楽曲を10曲選出!! 同じようにたくさん聴いた曲はありましたか?はじめて出会った楽曲もぜひぜひ聴いてみてください♪

橿原店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉橿原店スタッフ2023年ヘビロテ楽曲プレイリスト☆

橿原店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉橿原店スタッフ2023年ヘビロテ楽曲プレイリスト☆

奈良唯一のタワーレコード、橿原店スタッフが2023年最も聴いた、 個人的おすすめ楽曲プレイリストを作成しました!是非聴いてください♩

久留米店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉Let's walk around the KURUME city!

久留米店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉Let's walk around the KURUME city!

お祭りやイベントも再開し、賑わいを取り戻した久留米の街。 『久留米 街ブラ』をコンセプトに、 2023年、生活の中で触れたこのまちの空気感や景色を振り返りながら スタッフK(右足担当)とスタッフI(左足担当)の2人でステップを踏むように交互に選曲! ラーメン・やきとり・餃子といったB級グルメだけでなく、おしゃれなカフェやショップもある おもしろくてディープな街、久留米。 そんな久留米を表したワクワクするプレイリストになりました! このプレイリストを聴きながら久留米を散策して欲しいです。 よか街久留米に出てこんの!(いい街くるめに遊びにおいで!)

盛岡店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉盛岡店2023年の推し

盛岡店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉盛岡店2023年の推し

2023年盛岡のニュースは、何といってもNYタイムズ紙「2023年に行くべき52か所」の2番手(因みに1番はロンドン)に選ばれてしまった事!!そんな魅力溢れる盛岡の魅力に70年代から気付いていたたユーミンの盛岡を唄った楽曲から、盛岡出身の大レジェンド大滝 詠一氏の2023年発売アルバム、そしてメジャーリーグで大活躍の大谷翔平選手(岩手県奥州市身!!)登場曲の洋楽2曲等、岩手関連で纏めた全10曲!!シメの曲は岩手のレジェンド藤圭子さん。

若松店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉若松店スタッフ激推し!!!2023年BESTセレクト

若松店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉若松店スタッフ激推し!!!2023年BESTセレクト

北九州市唯一のタワーレコード!若松店!推し活がブームとなった2023年。 今年リリースされた楽曲から若松店スタッフが激推しする楽曲を10曲選出! アイドル・インディーズROCK・Vライバーなど幅広く、新たなジャンルにも出会える個性の強いプレイリストとなりました。 是非お楽しみください!

鈴鹿店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ鈴鹿店 スタッフが選ぶ神曲2023

鈴鹿店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコ鈴鹿店 スタッフが選ぶ神曲2023

2023年鈴鹿店スタッフの個人的NO.1ソングだけを集めた神曲10曲!ジャンルはバラバラですが、各スタッフが聴き倒したイチオシ曲ばかりです。1曲でもアナタのお気に入りの曲もあれば嬉しいです!

イオンモール倉敷店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコイオンモール倉敷2023推し曲プレイリスト10

イオンモール倉敷店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワレコイオンモール倉敷2023推し曲プレイリスト10

沢山の新しい音楽に出会えた素敵な2023年のイオ倉推し曲プレイリストをご紹介◎ 世界で活躍する岡山のスターアーティストたちの新たな名曲から、幅広い世代に人気のKingGnuの最新曲、待望のTHE BEATLESの最新曲、KPOP今年の顔!のセブチの最強曲、そしてイオ倉の『推しアーティスト』たちの『推し曲』等々…(多すぎてプレイリストに入りきらないモモ…?) どれも最高の曲なのでぜひ聴いてみてくださいね☆ 癖が強いでお馴染み(笑)イオ倉はさらにアクセル全開で『全アーティスト』から『お客様』へ、音楽を通して幸せを感じていただけるよう努めてまいりますので、2024年もよろしくお願いいたします?

神戸店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年大活躍だった“兵庫・神戸を彩る”地元アーティスト10選。

神戸店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年大活躍だった“兵庫・神戸を彩る”地元アーティスト10選。

2023年は現代J-POPを牽引するあいみょんを始め、神戸店と言えば!松本隆さんがドラマーを務めたはっぴいえんど、神戸店激推しアーティストであるSARD UNDERGROUNDや我が地元のアーティストの音楽に彩られた1年となりました!ということでそんな2023年に発表された新作から人気曲。スタッフ・イチ推し曲を10曲を選出?

明石店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード明石店スタッフ厳選2023年ベストソング10選。

明石店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉タワーレコード明石店スタッフ厳選2023年ベストソング10選。

「日本標準時・子午線」と「たこ」の街でおなじみの明石よりお届け!2023年も名曲がたくさん誕生した1年でした!そんな数ある楽曲の中から、タワーレコード明石店スタッフによる2023年個人的ベストソングを集めた名曲10選です。

東浦店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉東浦店スタッフセレクト!2023ベストソング

東浦店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉東浦店スタッフセレクト!2023ベストソング

2023年もたくさんの音楽に出会い、たくさんの音楽に救われた一年でした!そんな2023年リリース楽曲からセレクトした10曲をぜひお聴きください!音楽サイコーーーー!

郡山店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉インディーズ担当が選ぶ!今年流行ったアーティスト&"イチオシ"アーティストの好きな曲10選!

郡山店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉インディーズ担当が選ぶ!今年流行ったアーティスト&"イチオシ"アーティストの好きな曲10選!

全てインディーズです!CD化されていないアーティストもいます。名前を知らないという方にもただ聴いて欲しい。 それだけの思いでこのプレイリストを作りました。まだまだ素晴らしいアーティストがたくさんいます! 選曲以外にも良いアーティスト&曲が‎ありすぎて迷いに迷った10曲です! まずは、プレイリスト順に4周聴いて下さい!(切実) 「音楽っていいな」そんな風に思っていただけるようなお店で郡山店もありたいです。

佐賀店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉佐賀店スタッフが選ぶ2023年のベストソング10選!

佐賀店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉佐賀店スタッフが選ぶ2023年のベストソング10選!

2023年にリリースされた作品の中から、佐賀店スタッフがオススメする2023年のベストソングを、J-POPから洋楽、K-POP などジャンルレスに10曲チョイス!佐賀店スタッフがヘビロテした10曲をお楽しみください!

名古屋パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ナゴパル激PUSH地元バンド!!!!

名古屋パルコ店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉ナゴパル激PUSH地元バンド!!!!

2023年も地元・名古屋発のバンドがアツかった!!!!このプレイリストはそんな名古屋発のバンドたちの最新作や、注目曲をセレクト!!!バンドのラインナップを見ていただければわかるとおり、幅広いジャンルのバンドたち。ジャンルこそ違えど共通点は“ライヴバンド”配信限定曲もありますが、Kanna、kurageは店舗限定CDを取り扱い中です!10組では選びきれないのでぜひ気になったアーティストは店頭でも✓2024年もナゴパルは地元アーティストをPUSHしていきます!!!

池袋店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年タワ池スタッフがヘビロテした激プッシュ楽曲10選!

池袋店〈TOWER RECORDS STORE 2023 CHOICE〉2023年タワ池スタッフがヘビロテした激プッシュ楽曲10選!

タワーレコード池袋店スタッフが2023年にヘビロテした楽曲をそれぞれ選曲!聖地化推進・定着アーティストの楽曲を中心に、幅広いジャンルからのセレクトとなりました。2024年も皆様が素敵な音楽に出会えますように。池袋店のプレイリストをどうぞご堪能あれ!

おカネにまつわるうた。

おカネにまつわるうた。

2023年:今年の漢字…「税」に決定!って言うことで、こちらではおカネにまつわるうたをセレクト。2023年:今年の漢字…「税」プレイリストでもセレクトした楽曲もはいっておりますが、、、そのほかお金に関連したJ-POP、フォーク、HIPHOP、レゲエ、ロックにパンク様々なジャンルを網羅。洋楽編もおって・・。※随時追加中 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

2023年:今年の漢字…「税」プレイリスト

2023年:今年の漢字…「税」プレイリスト

2003年:今年の漢字…「税」と先日発表されました。。。こちらではその2023年の漢字〈税〉について歌ったTHE TIMERS「税」をはじめに、戦争・反戦・平和・環境・政治・沖縄・原発ほか様々な社会問題や現代社会をストレートに、時にはシニカルに風刺で歌詞や曲に反映した楽曲をセレクト。プロテストソング全盛の60年代や、日本のレゲエ/ヒップホップ、洋楽編は、また、まとめるとして・・・そのストレートな歌詞や制作された当時の世相をダイレクトに反映している邦楽に、戦争や様々な問題が現在進行形で起きているような、今こそ耳を傾けてはいかがでしょうか。※随時追加中 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

 SLOW JAM

SLOW JAM

シャッフル推奨。90年代のR&Bを中心に、極上のスロウ&バラードをセレクト。甘くて切ないメロディでムーディな夜を演出するBGMにも、夜のドライブにも最適。随時追加中。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

JAPANESE HIPHOP 202311 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202311 マンスリーセレクト30

カバーには、8年ぶりのソロアルバムjinmenusagiの東京人(DONG JING REN)から「Crying Emoji」をピックアップ。泉まくらの唯一無二のフローで紡ぐ「愛浴びる」、活動11年目にして1stアルバムをリリース予定のCreativeDrugStoreから先行配信された「6ix Pack」、AKLOとKEIJUと再コラボを組んだKvi Babaのニューシングル「Luv Myself feat. AKLO & KEIJU」他、11月度リリースの厳選30曲をセレクト。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

チバユウスケ ソロ&ワークス

チバユウスケ ソロ&ワークス

こちらでは、The BirthdayのチバユウスケのソロプロジェクトYUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH-や、ゲスト参加している、照井利幸のソロプロジェクトRAVENのアルバム、そのほかゲストボーカルで参加したスカパラ、勝手にしやがれ、BUGY CRAXONEなどの楽曲をセレクト。さらにチバユウスケがプロデュース・提供した楽曲も。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

50代が懐かしい 冬ソング

50代が懐かしい 冬ソング

1980年代のアイドル・歌謡曲・フォーク/ニューミュージックに演歌、バラエティにとんだ冬を彩るウィンターソングを中心にピックアップ。バラードや切ないメロディの楽曲も多く懐かしのあの頃にタイムスリップです。今でもカラオケの定番になっている曲も多数。是非聴いてみてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

40代が懐かしい 冬ソング

40代が懐かしい 冬ソング

1990年代にヒットした曲、冬の季節のTVCMにブラウン管から聞こえてきたあの頃の曲・・・そんな、冬を彩るウィンターソングを中心にセレクト。美しくも切ないバラード曲も多く、懐かしのあの頃にタイムスリップ。今でもカラオケの定番になっている曲も多数セレクト。是非聴いてみてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

30代が懐かしい 冬ソング

30代が懐かしい 冬ソング

2000年代にヒットした冬を彩る、ウィンターソングを中心にセレクト。美しくも切ないバラード曲を多く選曲し、懐かしのあの頃にタイムスリップ。今でもカラオケの定番になっている曲も多数。是非聴いてみてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

〈2023 MAMA Awards〉受賞&ノミネート

〈2023 MAMA Awards〉受賞&ノミネート

11月28日・29日に東京ドームで開催された世界最大級の K-POP 授賞式2023 MAMA Awards〉。 受賞アーティスト・ノミネートアーティストの作品を集めました。

クリスマスソング・チャンネル

クリスマスソング・チャンネル

シャッフル推奨。洋邦の人気・定番のクリスマスソングを中心に、どこから聴いてもクリスマス気分に浸れる便利で、素敵なクリスマスソングチャンネル。BGMとしてチャンネルに合わせてシャッフル再生すれば、そこはもうクリスマス空間に早変わりに。随時追加中。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

〈MÅNESKIN RUSH! World Tour〉日本公演開催記念プレイリスト

〈MÅNESKIN RUSH! World Tour〉日本公演開催記念プレイリスト

2021年、イタリア出身のロックバンドが突如として世界のストリーミングチャートを席巻した。鮮烈なロックサウンドと耽美的なヴィジュアルで音楽シーンに衝撃を与えた4人組の名前は“Måneskin(マネスキン)”。 2023年12月2日-7日には2度目となる来日公演を東京と神戸で開催。アリーナを含む4会場のチケットは早々に完売となり、さらにテレ朝系『MUSIC STATION』への生出演も決定!!日本でのさらな人気が爆発する予感!こちらでは、代表曲&人気曲をピックアップ。是非、世界的人気を誇る旬のバンドに触れてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

フジテレビ 水10ドラマ 「パリピ孔明」劇中歌

フジテレビ 水10ドラマ 「パリピ孔明」劇中歌

「ヤングマガジン」にて連載中の大人気コミックが実写ドラマ化!出演 :向井理 、上白石萌歌 、菅原小春 、宮世琉弥 、八木莉可子 、森崎ウィン 、関口メンディー 、アヴちゃん 、ELLY #ディーンフジオカ 、森山未來ら豪華俳優陣に加えて、多数のミュージシャンも出演している話題作!こちらでは、ドラマ劇中で歌唱された楽曲&EIKO( 上白石萌歌)によるアルバム曲をセレクト。2023年11月29日に最終回を迎える話題のドラマとともにお楽しみください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

KAN うたとメロディ

KAN うたとメロディ

希代のメロディ・メーカーにしてシンガーソングライターKANの数多く残してきた名曲の中から、ユニット曲・作曲(作詞)にフォーカスしてセレクト。やまだかつてないWINKに提供し、番組とともに大ヒットとなった「さよならだけどさよならじゃない」、山崎まさよしとのユニット、YAMA-KANによる楽曲、そして、Bank Bandによってカバーされた名曲「何の変哲もないLove Song」ほか、数多くの歌手に提供されているKAN ワークスの中から現在配信中の楽曲をピックアップ。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

安室奈美恵 ソングカバー

安室奈美恵 ソングカバー

安室奈美恵の楽曲をカバーしたアーティスト、安室奈美恵自身がカバー、リメイクしたオリジナル楽曲、安室奈美恵の名曲をサンプリングした楽曲などを中心にピックアップ。様々なアーティストに影響を与えたそのの偉大さが伝わります。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

安室奈美恵 フィー チャリング・ワークス

安室奈美恵 フィー チャリング・ワークス

安室奈美恵によるフィー チャリング・ワークス、別プロジェクトの楽曲をピックアップ。新たな、安室奈美恵の姿が垣間見れます。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

JAPANESE HIPHOP 202310 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202310 マンスリーセレクト30

カバーには、実の父をフィーチャーしたPUNPEEの「Family Sale feat. 親父」をピックアップ!SNSで話題となったMC TONYこと、とにかく明るい安村がUKドリル・サウンドに乗せてバースを蹴る「PANTS」、KEIJUを客演に迎えた、LEXの「Psychedelic (feat.KEIJU)」、日本のヒップホップアーティストを紹介するYouTubeチャンネル03-PerformanceからリリースされたGodzilla East「Forever Street」、BHS Svveの「Sonar」をピックアップ!10月度リリースの厳選30曲を今月もお届け。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

ザ・めんたいロック

ザ・めんたいロック

1980年にシングル「ロージー」でデビューし、その後のロック界に大きな影響と、数々の伝説を残したロックンロール・バンド、ザ・ルースターズの全アルバム13作、118曲の音源が2023年11月1日(水)に一挙配信開始となりました。その配信を記念して、サンハウス、シーナ&ザ・ロケッツ、鮎川誠、ARB、ザ・ロッカーズ、ルースターズ、THE MODSのザ・めんたいロック代表曲をセレクト。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

きんもくせいの香るうた

きんもくせいの香るうた

ようやく秋めいてきた?という言葉を口にするにも・・まだ夏日が続く今日この頃。ニッポンの秋はどこにいくやら・・・。こちらでは、桜ソングほどメジャーヒットはないものの・・秋にちなんだ金木犀をいうたった楽曲をセレクト。秋らしくなってきた日に是非。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

 TRIBUTE TO THE ROOSTERS

TRIBUTE TO THE ROOSTERS

1980年にシングル「ロージー」でデビューし、その後のロック界に大きな影響と、数々の伝説を残したロックンロール・バンド、ザ・ルースターズの全アルバム13作、118曲の音源が2023年11月1日(水)に一挙配信開始となりました。その配信を記念して、ザ・ルースターズの曲をカバーしているアーティストをセレクト。オリジナルの楽曲と是非聴き比べてみてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

THE ROOSTERS セレクト

THE ROOSTERS セレクト

1980年にシングル「ロージー」でデビューし、その後のロック界に大きな影響と、数々の伝説を残したロックンロール・バンド、ザ・ルースターズの全アルバム13作、118曲の音源が2023年11月1日(水)に一挙配信開始となりました。その配信を記念して、その数多くの名曲(一部カバー曲も含む)の中から厳選楽曲をセレクト。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

谷村新司 うたとメロディ

谷村新司 うたとメロディ

長く、日本の歌謡界を牽引してきた谷村新司さんが数多く残してきたウタ(歌詞)とメロディ。数多く存在する名曲の数々ですが、こちらでは、谷村新司さんデュエット曲、山口百恵、中森明菜、高田みづえ、柏原芳恵 さんら多彩な歌手の方に提供した楽曲、作詞をし共作した楽曲などを中心にフォーカス。アリス、谷村新司、 ロック・キャンディーズ (谷村新司さんが"アリス"結成以前の高校生時代に結成した男女混合フォーク・トリオ。)といったソロ歌唱・自身のグループの名曲群ではない、そのほかにもある多くの素晴らしい楽曲のそのメロディと歌詞にフォーカスを当ててみました。とはいってもやっぱりご自身のみの歌唱楽曲は外せないので・・・1曲目は、山口百恵に提供された「いい日 旅立ち」セルフカバーからお届けいたします。edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

JAPANESE HIPHOP 202309 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202309 マンスリーセレクト30

カバーには、およそ3年ぶりの新曲TOKYO HEALTH CLUBの「日々」をピックアップ!Elle Teresaの最新アルバムから、「LOVE with Choppa Capone 」、今押さえておきたいクルー143(one for me)の「maybe(feat.KIGHT)」、Chaki Zuluプロデュースによる IOの「左利きのBenz」、DABOを客演に迎えた、世田谷区をREPするKIKUMARUの「Tokyomatic (feat.DABO)」など、9月度リリース厳選30曲をピックアップ!edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

昭和ブギウギ

昭和ブギウギ

2023年10月2日から放送が始まった、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』。ヒロインは趣里さん。「東京ブギウギ」で知られる歌手 笠置シヅ子さんがモデルの作品となっている。こちらでは、そのモデルとなった笠置シヅ子さんの楽曲を中心に、昭和初期を彩ったブギ、マンボ・ルンバ・チャチャといったリズム歌謡、昭和流行歌のオススメ曲をセレクト。さらに、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』のOPテーマでもある、中納良恵、さかいゆう、趣里「ハッピー☆ブギ」、福来スズ子(趣里)さんが歌唱する「東京ブギウギ」も選曲。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

中秋の名月。月にまつわるJ-POP。

中秋の名月。月にまつわるJ-POP。

9月29日は、中秋の名月。ようやく秋めいてきた今日この頃。月を歌ったJ-POPのうた(一部、K-POPも)をピックアップ。BGMとしてシャッフルしてお聴きいただければと。どこからでも満月もしくは月にまつわるうたばかりです。月見ソングとしてお気に入りの曲を見つけてください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

秋に聴きたいK-POP

秋に聴きたいK-POP

少し気温も落ち着いてきた今日この頃。秋って何故かセンチメンタルな気持ちになりますよね。そんなときに聴きたいおすすめK-POPナンバーを集めてみました。 秋という単語の入った曲から、秋っぽいサウンドの楽曲まで。秋のお散歩BGMとして、秋の夜長のお供に、ぜひお楽しみください。 edited by TOWER RECORDS MUSIC Staff.

秋に聴きたいクラシック

秋に聴きたいクラシック

秋に聴きたくなる、壮大で抒情的なクラシック定番曲をセレクト。 秋の夜長に寄り添ってくれる癒しの調べをどうぞ。 edited by Tower Records Music Staff.

秋に聴きたいボーイズグループ

秋に聴きたいボーイズグループ

猛暑のピークも去り、気温も少し落ち着いてきた今日この頃。少しセンチメンタルな気分に浸りたいときに聴きたいBOYS POPナンバーを新旧問わず集めました。 気に入った楽曲があればぜひあなたのヘビーローテーションにプラスしてくださいね。 edited by Tower Records Music Staff.

エレファントカシマシ『35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO』

エレファントカシマシ『35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO』

エレファントカシマシ初のアリーナ・ツアー映像作品『35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO』 発売記念!3/21デビュー記念日に行われた有明アリーナ公演を完全収録した『35th ANNIVERSARY TOUR 2023 YES. I. DO』の全28曲の原曲をプレイリストにまとめました。改めて曲に思いを馳せるも良し、聞き比べて違いを楽しむも良し、エレカシデビュー記念日に選ばれた珠玉の楽曲たちをぜひお楽しみください。 edited by タワーレコード オンライン スタッフ

JAPANESE HIPHOP 202308 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202308 マンスリーセレクト30

カバーには、フィーチャリングにHideyoshiを迎えた、AMOの「One Love (feat. Hideyoshi)」をピックアップ!kZm、BIM、WILYWNKAによるサマーチューン!「Forever Young feat. BIM & WILYWNKA 」、 Masato Hayashi 「By Your Side (feat. 唾奇 & ELIONE)」、KVGGLV 「Chip 'n' Dale feat. NORIKIYO」をピックアップ!2023年夏を彩った30曲を厳選! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

STARLIGHT TOKYO 2023@9/23-24有明アリーナ

STARLIGHT TOKYO 2023@9/23-24有明アリーナ

9月23日(土)・24日(日)に有明アリーナで開催される都市型音楽フェス『STARLIGHT TOKYO 2023』。 出演アーティストのオススメ楽曲をタワレコスタッフがセレクト!ライブの予習・復習にぜひお楽しみください。 23日(土)出演アーティスト:超特急/A.B.C-Z/OCTPATH/SUPER★DRAGON/DXTEEN/LUN8/ONE N' ONLY 24日(日)出演アーティスト:OWV/超特急/MA55IVE THE RAMPAGE/THE JET BOY BANGERZ/LUN8

【aiko】高音質でじっくり聞き浸りたい!aiko’s Song

【aiko】高音質でじっくり聞き浸りたい!aiko’s Song

2023年7月にタワーレコード オンラインで実施した【aikoアナログレコード発売記念!高音質でじっくり聞き浸りたい!aiko’s Songアンケート】の上位20曲をまとめました! まさに名曲ぞろいのプレイリスト、ぜひじっくりと聞き浸ってみてください。 selected by aikoファンの皆様

Amapiano(アマピアノ)

Amapiano(アマピアノ)

南アフリカ発のハウスの派生ジャンルのダンスミュージック。4つ打ちに囚われないビートのリズムパターンや〈ログドラム〉と呼ばれる特殊なパーカッションやシェイカーが多用されているところも特徴の一つ。 edited by Tower Records' Staff

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその3(2013年~2019年)

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその3(2013年~2019年)

岡野昭仁1stアルバム『Walkin' with a song』リリース記念!ポルノグラフィティの楽曲の中で、岡野昭仁さんが作詞&作曲を担当した曲を、2013年リリース37thシングル『瞬く星の下で』から、2019年リリース50thシングル『VS』まで全曲まとめました。「真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」を筆頭に情熱的な歌詞・メロディーの楽曲が多く、2010年代中盤~後半の岡野さんの世界観を存分に楽しめるプレイリストになっています。 edited by タワレコラバッパー

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその2(2007年~2012年)

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその2(2007年~2012年)

岡野昭仁1stアルバム『Walkin' with a song』リリース記念!ポルノグラフィティの楽曲の中で、岡野昭仁さんが作詞&作曲を担当した曲を、2007年リリース22ndシングル『リンク』から、2012年リリース36thシングル『カゲボウシ』まで全曲まとめました。岡野さんが手がけたシングル表題曲「リンク」「アニマロッサ」「君は100%」「ワンモアタイム」「カゲボウシ」が揃い、馴染みやすい楽曲ばかりで聴きごたえのあるプレイリストとなっています。 edited by タワレコラバッパー

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその1(2000年~2006年)

ポルノグラフィティ 岡野昭仁作詞作曲まとめその1(2000年~2006年)

岡野昭仁1stアルバム『Walkin' with a song』リリース記念!ポルノグラフィティの楽曲の中で、岡野昭仁さんが作詞&作曲を担当した曲を、最初期の2000年リリース4thシングル『サウダージ』のカップリング曲「見つめている」から、2006年リリース6thアルバム『m-CABI』まで全曲まとめました。岡野さんの故郷広島県因島の青影トンネルの思い出をしっとり歌う「Aokage」から、歌詞の通りの正にアッパーな楽曲「Let's go to the answer」など、バラエティに富んだ楽曲が揃っています。 edited by タワレコラバッパー

SONICMANIA2023

SONICMANIA2023

SONICMANIA2023!いよいよ、8月18日に開催!こちらでは、SONICMANIAに出演するオススメアーティストの楽曲をセレクト。 edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

JAPANESE HIPHOP 202307 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202307 マンスリーセレクト30

カバーには、Jinmenusagi「SAKURABA」からBonbero、Tade Dust、Kraftykidを迎えた「SAKURABA (Remix) 」をピックアップ!Jinmenusagiを客演に迎たLLYOW「Sunagawa (feat. Jinmenusagi)」、OZROSAURUSが、客演にKREVAを迎えた衝撃的新曲「Players' Player feat. KREVA」、三軒茶屋の万豚記に聖地巡礼したヘッズも多いはず、kZm「DOSHABURI (feat. JUMADIBA & ralph) Remix」ほか30曲をピックアップ!今月も良質な楽曲が多く絞るのに一苦労しました・・・。ぜひ聴いてください。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月6日:HOT STAGE出演アーティスト編

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月6日:HOT STAGE出演アーティスト編

いよいよ開幕!8月4日~6日にお台場で開催される世界最大のアイドルフェスTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)。4年ぶりに歓声・ジャンプも解禁となるということで大盛り上がり必死! こちらでは、8月6日にTIF2023のメインステージHOT STAGEに出演するアーティストの人気・オススメ曲をタイムテーブル順にピックアップ! edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月5日:HOT STAGE出演アーティスト編

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月5日:HOT STAGE出演アーティスト編

いよいよ開幕!8月4日~6日にお台場で開催される世界最大のアイドルフェスTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)。4年ぶりに歓声・ジャンプも解禁となるということで大盛り上がり必死! こちらでは、8月5日にTIF2023のメインステージHOT STAGEに出演するアーティストの人気・オススメ曲をタイムテーブル順にピックアップ! edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月4日:HOT STAGE出演アーティスト編

〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2023〉8月4日:HOT STAGE出演アーティスト編

お台場で開催される世界最大のアイドルフェスTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)が8月4日~6日までいよいよ開幕!4年ぶりに歓声・ジャンプも解禁となる大盛り上がり必死のアイドルフェスです。 こちらでは、8月4日にTIF2023のメインステージHOT STAGEに出演するアーティストの人気・オススメ曲をタイムテーブル順にピックアップ! edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

夏フェス 注目バンド 洋楽編

夏フェス 注目バンド 洋楽編

今年も夏フェスシーズン到来!!日本各地で開催されるフェスに出演予定の海外アーティストの楽曲から、フェス好きタワレコスタッフがレコメンドする楽曲を厳選してピックアップ。夏フェス予習に聴くもよし、夏は涼しいところでダラダラしたい…なんて方は妄想フェスのBGMとしてもお楽しみください。各種フェスに参加される皆さま、熱中症には気を付けて、最高の夏を楽しみましょう!!!!! edited by Tower Records' Staff

夏フェス注目バンド 邦楽編

夏フェス注目バンド 邦楽編

今年も夏フェスシーズン到来!!日本各地で開催されるフェスに出演予定の邦楽アーティストの楽曲から、フェス好きタワレコスタッフがレコメンドする楽曲を厳選してピックアップ。夏フェス予習に聴くもよし、夏は涼しいところでダラダラしたい…なんて方は妄想フェスのBGMとしてもお楽しみください。各種フェスに参加される皆さま、熱中症には気を付けて、最高の夏を楽しみましょう!!!!! edited by Tower Records' Staff

映画主題歌 洋画編 夏

映画主題歌 洋画編 夏

夏に観たくなる映画。こちらでは洋画の名作の数々の名シーンを彩った楽曲をセレクト。映画の為に制作された楽曲もあれば、往年のヒット曲を使用した楽曲もあり。バラエティに富んだセレクトに。あの映画を観るのに楽曲から入るのも良いかも。 edited by Tower Records' Staf

ホラーソング 洋画・邦画

ホラーソング 洋画・邦画

真夏に聴きたくなる観たくなるものといえば、やっぱり身の毛もよだつ戦慄の名作!背筋が凍る恐怖のホラー映画ではないでしょうか・・・。こちらでは、不朽の名作の数々のメインテーマを中心にセレクト。映画のシーンが脳裏に浮かんだらその日は、頭洗っている時しきりに後ろがきになるかも!? edited by Tower Records' Staf

映画主題歌 邦画編 夏

映画主題歌 邦画編 夏

夏に観たくなる邦画の主題歌を中心に、挿入歌・エンディングソング、メインテーマほかをセレクト。夏になるとやっぱりジブリと細田守監督の作品は外せないなと・・・笑。その他、夏がテーマの映画のうたをセレクト。edited by Tower Records' Staff.

FUJI ROCK FESTIVAL'23:ROOKIE A GO-GO(7月28日~30日)

FUJI ROCK FESTIVAL'23:ROOKIE A GO-GO(7月28日~30日)

まもなく開催!フジロック2023!こちらでは、応募総数3,800組から選出されたROOKIE A GO-GOに出演するアーティストのオススメ曲をセレクト。新人アーティストの登竜門ステージである、ROOKIE A GO-GOへの出演権を勝ち取った注目のアーティストを是非。edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-2_Part-2

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-2_Part-2

2023年8月11日・12日に開催される、北海道最大フェスRISING SUN ROCK FESTIVAL 2023 in EZO。出演アーティストの最新曲・代表曲をピックアップ!8月12日出演アーティスト集Part-2! edited by 札幌パルコ店

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-2_Part-1

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-2_Part-1

2023年8月11日・12日に開催される、北海道最大フェスRISING SUN ROCK FESTIVAL 2023 in EZO。出演アーティストの最新曲・代表曲をピックアップ!8月12日出演アーティスト集Part-1! edited by 札幌パルコ店

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-1

夏フェス ライジングサンロックフェスティバル 2023 DAY-1

2023年8月11日・12日に開催される、北海道最大フェスRISING SUN ROCK FESTIVAL 2023 in EZO。出演アーティストの最新曲・代表曲をピックアップ!8月11日出演アーティスト集! edited by 札幌パルコ店

ビールで乾杯!ソング

ビールで乾杯!ソング

ビールが旨い!!!季節になってきました!こちらでは文字通りのビールソング&カンパイソングから、昭和から引き継がれる酒ソング、そしてビールのCM楽曲として広く知れ渡っている楽曲までをセレクト。これを流しながら、一緒に歌ってビールで乾杯!最高です! edited by Tower Records' Staff.

2023最新 夏ソング ‐邦楽編‐

2023最新 夏ソング ‐邦楽編‐

今年リリースされた夏にぴったりのJ-POPナンバーをタワーレコードスタッフがセレクト! ロック・ポップ・アイドルソングジャンルを問わずセレクトしています。 夏のBGMとしてお楽しみください。 edited by Tower Records' Staff.

SUMMER SONIC 2023:MARINE/OCEAN STAGE(8月19日~20日)

SUMMER SONIC 2023:MARINE/OCEAN STAGE(8月19日~20日)

サマソニ2023!こちらでは、MARINE(東京)、 OCEAN(大阪)のSTAGEに出演するアーティストのオススメ楽曲をセレクト。8月になるのが待ち遠しい!ただ・・・東京チケットはなんと完売!大阪はごくわずか・・(7/13現在) edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

JAPANESE HIPHOP 202306 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202306 マンスリーセレクト30

カバーには、 11年目にして、クルーとして初めての楽曲CreativeDrugStoreの「Taste Test 」をピックアップ!約3年ぶりの新曲を配信リリースした、泉まくらの「夢」、BACHLOGIC全面プロデュース作のアルバムからNORIKIYO「犯行声明」、Pitch Odd Mansion 初のクルー名義のアルバムから「5 Carat (feat. 唾奇, Ace the Chosen onE, RAITAMEN, サトウユウヤ & kiki vivi lily)」をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

FUJI ROCK FESTIVAL'23:GREEN STAGE(7月28日~30日)

FUJI ROCK FESTIVAL'23:GREEN STAGE(7月28日~30日)

まもなく開催!フジロック2023!こちらでは、GREEN STAGEに出演するアーティストをタイムテーブル順にオススメ曲をセレクト。あの広大なステージで聴ける日ももうすぐです! edited by Tower Records' Staff. ※TRMで、現在配信中のアーティストのセレクトになっております。あらかじめご了承ください。

7月7日は七夕の日。

7月7日は七夕の日。

7月7日は七夕の日。2023年は各地で七夕祭りも開催され、例年通りの盛り上がりを見せている七夕の日に聴きたい七夕ソングに、星空・夜空を眺めながら大好きな人と聴きたい曲をセレクト。七夕以外でもオススメです。edited by Tower Records' Staff

ウェディングソング-ロックポップス編-

ウェディングソング-ロックポップス編-

結婚式にロック・・・。おしゃれなサウンドか・・・・。いや否。ここは誰もがぐっとくる!?パワーバラード主体のこみあげてくるハードロック中心のスタジアム級のバンド&アーティストでひとくくり。誰もが1度は聞いたことがあるあの曲から隠れた名曲までをセレクト。edited by Tower Records' Staff.

ウェディングソング-ジャズ編-

ウェディングソング-ジャズ編-

スタンダード楽曲を中心に結婚式のご歓談タイムに決して邪魔にならない、スムースかつラヴなジャズをセレクト。カフェでも読書タイムにもピッタリなジャズスタンダード集です。edited by Tower Records' Staff.

禁断の恋のうた

禁断の恋のうた

不倫・浮気・・・・。といったタブー視されている禁断の恋や愛をうたった楽曲、叶わぬとわかっていて恋してしまう切ないキモチを歌い上げた楽曲。そして好きな人がいるのをわかっていても好きになってしまうこの止められないピュアな想いなどを切実に歌いあげてている楽曲もピック。一聴してすぐにわかるストレートな歌詞表現もあるけど・・巧みな比喩などの表現にも注目して心して聴いてみてください。edited by Tower Records' Staff

LOVEアニメソング

LOVEアニメソング

どこか切なく、胸キュンな設定の恋愛アニメの主題歌/エンディングテーマを中心にセレクト。平成や昭和の懐メロ的なアニソンではなく、こちらでは比較的最近のアニメで話題になった楽曲をセレクト。歌詞、メロディを聞いてからまだ見たことないアニメに挑戦してみるのもありかも・・・。そんな1曲がきっとあると思います。 edited by Tower Records' Staff

ウェディングソング-昭和編-

ウェディングソング-昭和編-

30代・40代そして50代には当たり前のように結婚式で時には、BGMとして、時には入場曲としてそして、、余興として披露されていた懐メロ的な結婚式にピッタリな歌謡曲をセレクト。そのストレートな歌詞は、令和の時代に聴くとより新鮮かも!? edited by Tower Records' Staff

最強タッグ!モトリー・クルー&デフ・レパード -バラード&ポップ・ソング編-

最強タッグ!モトリー・クルー&デフ・レパード -バラード&ポップ・ソング編-

2023年、モトリー・クルーとデフ・レパードというロック界の2大スーパー・バンドがタッグを組んだワールド・ツアーが奇跡の開催! ここでは、両者の楽曲の中からメロディアス&キャッチ―な泣ける楽曲を中心にセレクト!デフ・レパードは、代表的な名バラード“Love Bites”や“Have You Ever Needed Someone So Bad?”、対するモトリーは、80年代ハードロック・バラード屈指の名曲である“Home Sweet Home”や“Time For Change”など。歌詞もバッチリ覚えて、ライヴ会場で合唱だ!  Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

最強タッグ!モトリー・クルー&デフ・レパード -ロック・アンセム編-

最強タッグ!モトリー・クルー&デフ・レパード -ロック・アンセム編-

2023年、モトリー・クルーとデフ・レパードというロック界の2大スーパー・バンドがタッグを組んだワールド・ツアーが奇跡の開催! ここでは、両者の楽曲の中からライヴで盛り上がること必至のアッパー・チューンを中心にセレクト!ドライヴ感溢れるモトリーの“Kickstart My Heart”や“Live Wire”、ダイナミックなコーラスが魅力のデフ・レパード“Let's Get Rocked”や“Pour Some Sugar On Me”など。このプレイリストで来たるべきライヴに備えて予習だ!  Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

サザン45周年!サザン三昧45曲

サザン45周年!サザン三昧45曲

サザンオールスターズ45周年を記念して、シングル楽曲厳選45曲をセレクト。 edited by Tower Records' Staff

恋愛映画ソングのすゝめ

恋愛映画ソングのすゝめ

恋愛映画は、自身が経験しなくても、映画鑑賞中はその世界に集中し没入感を味わえる至極の時間。初恋、禁断の愛、報われない恋、限られた命の中はぐくむ永遠の誓い・・・。などなどの様々の恋や愛のカタチに出会えます。こちらでは、前半は恋愛映画邦画の主題歌を中心にセレクト。そして後半は、恋愛がテーマの洋画の挿入歌やテーマ曲をチョイス。洋邦の定番ともいえる楽曲なのでぜひ映画と合わせてその世界に浸ってください。 edited by Tower Records' Staff

胸キュンソング 00年代編

胸キュンソング 00年代編

日本中が着うた/着うたフルブームで沸いてた頃、TVから自身のケータイから多数の恋愛ソングが流れてきていました。そんな時代に青春時代を過ごしてきた30代~40代の皆様には、きっとあの頃の甘酸っぱい光景がよみがえるような胸キュンな恋愛ソングをセレクト。放課後、下校、自身の部屋、あの子といったカラオケボックス・・・等々貴方の横に寄り添ってくれた1曲がきっとあるはず。 edited by Tower Records' Staff

平成恋愛ドラマ主題歌

平成恋愛ドラマ主題歌

平成の世はトレンディ・ドラマ全盛期。視聴率も今では考えられないほどの高視聴率をタタキだすのは当たり前の時代だった。各局ドラマ制作に力を入れて、良質なドラマがたくさん制作されてきました。こちらでは、1900年~2000年までの誰もが聞いたことあるだろう、平成恋愛ドラマの主題歌をピック。なるべくタイアップ情報付きの楽曲をセレクトしたのでぜひ、あの頃に心も耳もタイムスリップ。 edited by Tower Records' Staff.

最強バンドFoo Fighters! -メロディアス編-

最強バンドFoo Fighters! -メロディアス編-

デイヴ・グロール(vo,g)を中心に1994年に結成された世界的モンスターバンド=フー・ファイターズ!エネルギッシュな楽曲に定評のある彼らですが、ここではもう一つの魅力であるキャッチャー&メロディアスな楽曲を中心にセレクト!TV CMにも使用された“Learn to Fly”や初期の名曲‘’Big Me“、“My Hero”をはじめ、ハードさとキャッチーさのバランスが絶妙な“These Days”、“Walk”、最新アルバム『But Here We Are』から“The Glass”、”Hearing Voices”など、グッと来る楽曲を集めました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

永遠の名曲「深夜高速」

永遠の名曲「深夜高速」

最近は岡崎体育によるカバーや本人出演の「THE FIRST TAKE」でも話題となった フラワーカンパニーズ永遠の号泣名曲「深夜高速」をフラカンバージョンからカバーまでまとめました! edited by 明石店

最強バンドFoo Fighters! -ハード編-

最強バンドFoo Fighters! -ハード編-

デイヴ・グロール(vo,g)を中心に1994年に結成された世界的モンスターバンド=フー・ファイターズ!数ある楽曲の中から、こちらでは彼らのエネルギーが爆発するハードな楽曲を中心にセレクト!最新アルバム『But Here We Are』の幕開けを飾る“Rescued”に始まり、問答無用でアドレナリンが放出される“Run”や“The Pretender”、ライヴの定番“Monkey Wrench”や“This Is A Call”など、とにかく熱くなる曲を集めました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

JAPANESE HIPHOP 202305 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202305 マンスリーセレクト30

カバーには、 6年ぶりとなるJJJのサードアルバム『MAKTUB』からビートはSTUTSよる「心 feat. OMSB」をピックアップ!Tohjiやgummyboy率いるMall Boyzから早くもサマー・チューン間違いなしの「mango run」が登場。『ラップスタア誕生2021』王者のeydenが率いるクルー98jamsより「Space (feat. 1ich paddy, TOME & eyden)」、MEZZとdubby bunny のジョイントEPより客演に、なかむらみなみを迎えた「ROYAL MILK TEA」をピックアップ!5月も選りすぐりの30曲をお届け! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

JAPANESE HIPHOP 202304 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202304 マンスリーセレクト30

カバーには、ヒップホップクルーCreativeDrugStoreのメンバー、VaVaらしさが詰まった最新EPから「birthday」をピックアップ! 3ヶ月連続でリリースされるISSUGIのシングル2作目「Twice In A Lifetime」、幻の楽曲と呼ばれているKID FRESINO × Linn Moriによる「Bouquet」がリマスターされ、配信リリース。ヒップホップフェス『POP YOURS』によるオリジナル楽曲「Makuhari」は、Bonbero、LANA、MFS、Watson が参加し、プロデュースは、ZOT on the WAVE & dubby bunnyが手掛けている。そのほか今月も膨大なリリース曲の中からこれぞという30曲をセレクト。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

SUM41解散!ラスト・ライヴ仮想セットリスト

SUM41解散!ラスト・ライヴ仮想セットリスト

カナダが誇るパンク・バンド、SUM41が27年に及ぶ活動に終止符を打ち、解散することを発表。最後にライヴで聴きたい仮想セットリストを組んでみました。歴史を総括するという意味で、オープニングはデビューEP『Half Hour Of Power』の冒頭2曲を。“The Hell Song”や“Still Waiting”といった定番曲はもちろんのこと、個人的には初期のハードコア・チューン“T.H.T.”(わずか44秒!)なんかもライヴで聴きたい。“In Too Deep”でシンガロングし、ラストはもちろん“Fat Lip”で大団円。27年間の感謝と愛を込めて盛り上がれ! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

エアロスミスを聴け!-ダンス&グルーヴ編-

エアロスミスを聴け!-ダンス&グルーヴ編-

2023年9月からフェアウェル・ツアーを開催することを発表したロック界の生きる伝説、エアロスミスのキャリアを総括!ここでは、思わず踊りだしたくなるグルーヴ感に満ちた楽曲を中心にセレクト!〈ロックmeetsラップ〉の元祖とも言われる“Walk This Way”をはじめ、“Dude (Looks Like a Lady)”や“Love in an Elevator”といった80年代のヒット・シングル、スティーヴン・タイラーの捲し立てるようなヴォーカルが炸裂する“Get a Grip”や“Legendary Child”など。リズムに身を任せて踊りまくれ! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

エアロスミスを聴け!-バラード編-

エアロスミスを聴け!-バラード編-

2023年9月からフェアウェル・ツアーを開催することを発表したロック界の生きる伝説、エアロスミスのキャリアを総括!ここでは、彼らの十八番とも言えるバラード曲を中心にセレクト。映画『アルマゲドン』の主題歌として大ヒットした“I Don't Want to Miss a Thing”をはじめ、“Angel”や“What It Takes”といった王道ラヴ・ソング、“Dream On”や“Home Tonight”といった初期の哀愁チューンまで、胸に染み入る楽曲を集めました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

エアロスミスを聴け!-ロック魂編-

エアロスミスを聴け!-ロック魂編-

2023年9月からフェアウェル・ツアーを開催することを発表したロック界の生きる伝説、エアロスミスのキャリアを総括!ここでは、疾走感溢れるロック・チューンを中心にセレクト!ゲフィン時代の傑作『PUMP』のオープニングを飾る“Young Lust”をはじめ、初期の名曲“Toys in the Attic”や“Rats In The Cellar”、ジョー・ペリー&ブラッド・ウィットフォード復帰後初となったアルバム『Done with Mirrors』収録の“Let the Music Do the Talking”、そして“Train Kept A Rollin’”や“Baby, Please Don't Go”といったカヴァー曲まで、問答無用で熱くなる楽曲を揃えました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

元気が出るJ-POP

元気が出るJ-POP

新生活、新社会人、新学期・・・・そんな怒涛の生活環境の変化から1ヶ月も経過。。GWが明けたらまたあの生活が待っている・・。そんなちょっと気乗りしない人も多いはず。5月病なんてコトバもあるけど・・そんな気持ちも前向きにきっとしてくれる歌詞&メロディのJ-POPをセレクト。ポジティヴでやる気&元気をもらえる歌ばかりなのでこちらを聴きながら明日の糧に!!今の貴方の心境に寄り添ってくれるそんな1曲が必ずあるはず! edited by Tower Records' Staff

ドライブで聴きたいJ-POP 40代編

ドライブで聴きたいJ-POP 40代編

車内はさながらカラオケボックス状態!?R40世代にとって大合唱必死のヒット曲をセレクト。誰もが知っているヒットソングで、渋滞だって道中お構いなし!みんなで歌って楽しく乗り切ろう! edited by Tower Records' Staff

KIDS SOUL:キッズソウル

KIDS SOUL:キッズソウル

5月5日は、日本では子供の日。ということで、ここでは、子供に人気のアニメソング・・・といきたいとこでしたが、、、70~00年代にデビューしたたくさんのキッズ・ソウルのグループをご紹介。誰もが知っているジャクソン兄弟~マイナーキッズソウル(R&B、一部ポップスも)までオトナ顔負けの歌唱力とリズム感で歌い上げるその様は、男の子としては声変わり前までという貴重で限られた時間の中で発表された曲だけにそれでけでも聴く価値あり。気になったら大人の魅力を手に入れた作品も聴いてみてください。日本からは、フィンガー5、Folderの実力派グループをセレクト。 edited by Tower Records' Staff

キャンプ・アウトドア音楽 邦楽編

キャンプ・アウトドア音楽 邦楽編

シャッフル推奨。ラジオ/BGM感覚でどうぞ。キャンプ、アウトドア、ピクニック、ハイキングなどなど・・・絶好の季節になってきました。そんな、大自然の中で聴きたくなるような、爽やかなJ-POPソングから、メロウ&グルーヴィでしなやかに包み込むようなヒップホップ、アコースティックサウンドで歌い上げるレゲエ、シティ感もありながら大自然にもフィットする最新サウンドまで、ラジオ感覚でBGMとして聴ける邦楽をセレクト。随時更新中 edited by Tower Records' Staff

沖縄&琉球うた 定番編

沖縄&琉球うた 定番編

Awichが愛娘であるYomi Jahを迎えた「TSUBASA feat. Yomi Jah」、ORANGE RANGE、NHK沖縄[本土復帰50年]キャンペーンソング「Melody」、ちむどんどん:“歌子”上白石萌歌が歌う「椰子の実」など、本土復帰50年の記念日にあわせて配信開始した楽曲から、沖縄出身ほか人気アーティストが歌う愛され続けている沖縄のメロディや古くからの伝統的な沖縄民謡まで、すてきな沖縄&琉球歌をセレクト。随時追加中。 edited by Tower Records' Staff.

わたしたちの渋谷系。

わたしたちの渋谷系。

シャッフル推奨。ラジオ/BGM感覚で・・・。渋谷系=90年代前半渋谷(宇田川町)から発信された音楽ムーヴメント。その楽曲群を中心に、当時同列で語られていた元ネタ洋楽やそれ90年代以降に発表されて当時の匂いを感じる楽曲も。あの曲は?この曲も!とは思うけど、、、残念ながらサブスクで配信されていない曲もやはりこの時代の楽曲はやはりあるわけで・・・。またその90年代に発売されたけど当時や今でもその文脈では語られていないかもしれない曲もある!? でもかっこいいんで!それはご愛嬌ということでご勘弁を・・。随時更新中。 edited by Tower Records' Staff

シーナ&ロケッツ鮎川誠特集:鮎川誠sings〈リードヴォーカル&ギター〉での傑作集

シーナ&ロケッツ鮎川誠特集:鮎川誠sings〈リードヴォーカル&ギター〉での傑作集

リードヴォーカル曲をセレクト。非ロックンロール世界の基準からいえば下手のそしりを受けるのだろうが、ロックンロール・プリズナーにとってはギタリストヴォーカルの真骨頂!音符的にキチンと歌えるだけの輩には到底真似できない味わいなのである。というわけでプレイリストの流れをパートにわけてご紹介…まずはYMO絡みを2曲~「I’m Flash(ホラ吹きイナズマ)」、和製「Jumpin’ Jack Flash」的名曲~「Rock Is Alright」純R&Rな3曲~「ミス・トパーズ」阿久悠作詞+ストーンズ「一人ぼっちの世界」風リフ~「Johnny B.Goode」他カヴァー3曲~「DOBUNEZUMI」独特のリアリティある日本語ブルーズを5曲~「Stiff Lips」英語詞での訛り感も味~「アイ ラブ ユー」ちょっと可愛げのある歌詞をポップなR&Rに乗せてシャウトする得も言われぬ味わいの傑作5曲~アンコール的に2曲。原由子ソロに参加した「ヨコハマ・モガ」(セリフ部分も味)。ブルーズ名曲「Nobody Knows You」に日本語詞を乗せた「落ち目の唄」は隠れた傑作、ギターの武骨な泣きっぷりも絶品!

シーナ&ロケッツ鮎川誠特集:鮎川誠plays〈ギタリスト〉としての名演集

シーナ&ロケッツ鮎川誠特集:鮎川誠plays〈ギタリスト〉としての名演集

愛器レスポールの野蛮な歪み、太いて甘いトーンと鮎川の指先から溢れるロック愛が融合して繰り出されるロックンロール&ブルーズギターの王道を継承したギタープレイは、シンプルの極みのようでいて聴く者を飽きさせないスリルと生々しさ。テクニックだけなら上をいくプレイヤーはたくさんいる。革新性やトリッキーさという小手先の個性に陥らずとも<鮎川誠>という記名性の高い境地に達しているのだ!プレイリストの流れをパートにわけてご紹介…まず はギターが光るカヴァー5連発(シーナ&鮎川のR&R継承者としてセンスが光る!)→「HappyHouse」~ラモーンズ直系のパンク/ガレージ(ブルーズができるパンクバンドは世界でも稀有)~「Angel」実は技ありな音楽的引き出し幅(バラード/レゲエ/ジャジー/ガレージインストなど)~「トレイン・トレイン」本領発揮のロッキンブルーズ&ロックンロールをシナロケオリジナル曲で(楽曲・アレンジ・演奏・録音に文句ナシ)~「ニュー・キャット・フィッシュ・ブギ」アクの強さ満点のサンハウス~クライマックスは必修2大名曲「キング・スネークブルース」(5ver)「レモンティー」(7ver)を。

2023年再集結!The Street Sliders特集:Slow Slider-バラード編

2023年再集結!The Street Sliders特集:Slow Slider-バラード編

スロー系だけでなく、フォーキーナンバー、R&R編に入れるにはポップさが際立つナンバーなど、音楽的なバリエーションをまとめた。結果としてバンドの深みを伝える隠れた名曲揃いに。冒頭6曲はアコースティック系で名曲「風が強い日」を軸に、JOY-POPS名義の「Get Out Of My Mind」ざらついて枯れた味わいの良曲揃い→神曲「かえりみちのBlue」から「Feel So Sad」以下4曲は、ストーンズ「Beast Of Burden」的な繊細なタッチのエレキーの絡みの沁みる系を→「陽炎の道」以下3曲は緩やかさをましてサイケ味も感じされる気持ちよさ→「虹を見たかい」以下3曲はR&Bバラード的様式に則った良曲→続いてはスライダーズにしては聴きやすい、センチでポップ味あるナンバーを5曲を。「いつか見たかげろう」「Pardon Me」「Ride on fuckin’ age」は解散前の新曲でアルバム未収録曲。新たなフェイズを感じさせていたのだが…解散→クライマックスは代表曲・名曲「のら犬にさえなれない」をたっぷり4ヴァ―ジョン→最後は再び「風が強い日」。

2023年再集結!The Street Sliders特集:Medium Slider-ファンク/レゲエ編

2023年再集結!The Street Sliders特集:Medium Slider-ファンク/レゲエ編

ストーンズから継承した音楽スタイルはR&Rだけじゃないのがスライダーズのディープさ!プレイリストの流れを紹介….冒頭からファンク5曲連発。どっしりリズム隊とシャープな蘭丸ギターにハリーの気怠いVoが乗っかるバランスは本家黒人音楽には無い味わい→「Let’s Go Down The Street」以降3曲はさらに気怠さ増しのリズムもの。そしてその頂点、オリジナリティが究めたのが「Angel Duster」!→「Baby、途方に暮れてるのさ」から6曲はレゲエもの。スライダーズには珍しいシンガロングもの「夜毎悩ましい~」「日暮し」あたりもハリーの歌詞世界とレゲエのリズムの相性の良さを感じさせる→「カメレオン」以下4曲は重心低いヘビーなR&R。レゲエの流れで聴くとバンドのリズムへ配慮の確かさを再認識→「あんたがいなよる」以下5曲は歌詞の世界もドロリとしたヘビーなブルーズ。これも真骨頂!→「道」「TIME IS」「Yooo!」は”ハネたリズムモノ“で乱暴にまとめたがいずれも名曲→「Sunshine Eye Angel」以下3曲はサイケ味で括りラスト「Angel Duster」はライヴverで締め

2023年再集結!The Street Sliders特集:Fast Slider-ロックンロール編

2023年再集結!The Street Sliders特集:Fast Slider-ロックンロール編

王道であるR&Rをチョイス。言うまでもなくストーンズ流儀のツインギターが特徴だが、ハリーがVo兼務ゆえツインのバランスはストーンズとも異なり独自のスタイルを究めておりリズム隊を含めた4人のグルーヴは時を経ても絶品。プレイリストの流れをご紹介…頭5曲「Blow The Night」までは掴みで代表曲TOP5を連発→「いい天気」から3曲は陽性なゴキゲン系を→「Baby I’m Really Down」以下3曲はダークさも秘めた強面系→「BADな女」から3曲は重心低め系。この辺のグルーヴは真骨頂→「Knockin’ On Your Door」から5曲は泣き成分入りR&R。情けない系非マッチョな歌詞で固めたw→「Easy Come.Easy Go」以下3曲は如何にもストーンズなイントロ達→「Velvet Sky」から4曲はスライダーズ他曲で似た曲がないR&Rのバリエーション。「New Dance」は歌詞にアドリブありのライヴverで→「Easy Action」以下6曲はクライマックス的にキャッチーなR&R。を締めは「いいことないかな」で!以降は冒頭の代表曲のライヴverをアンコール的に!

ドラマといえばフジTV:1990年代ドラマ主題歌

ドラマといえばフジTV:1990年代ドラマ主題歌

トレンディドラマ全盛期、フジテレビといえば、バラエティも日本中を席巻していましたが、、ドラマも社会現象になるような名作を数多く輩出していました。そんな90年代を中心としたフジテレビのドラマ主題歌の中から、J-POPをセレクト。残念ながら、チャゲアスはサブスク解禁前ではあるので・・・現状配信中の中から100曲セレクト。R40の皆様はクイズ感覚で何のドラマの主題歌か当てながらドライブなんていいかも・・・?!。人気ドラマ主題歌=ヒット曲だったあの時代へとタイムスリップ! edited by Tower Records' Staff

〈リゾートミュージック〉SEA SIDE CHILL SONG

〈リゾートミュージック〉SEA SIDE CHILL SONG

シャッフル推奨。ラジオ感覚にどうぞ。リゾート地で、ゆったりと聴きたくなるような、アンビエント、エレクトロ二カ、ダウンテンポを中心としたゆったりと聴けるようなクラブミュージックをチョイス。BGMとして流せばそこはもう至福の時間が訪れます。。リゾート地に行かなくたって、自宅で照明を落として聴くのも効果抜群です。ぜひあなたのお耳のおともに。随時更新中です。 edited by Tower Records' Staff

ドライブで聴きたいエレカシ

ドライブで聴きたいエレカシ

ドライブしながら聴きたいエレカシ集めました!自然の美しさや壮大さを表す描写が溢れる「Sky is blue」「新しい季節へキミと」「ハナウタ~遠い昔からの物語~」「to you」は、流れゆく景色を眺めながら聴くのにぴったりだと思います。歌詞、メロディ、歌声すべてが解放感に溢れた「あの風のように」。“使いふるし擦り切れてる 昔なじみの悩み事 放っておけよ 新しい太陽が昇り来るぜ”の力強い歌声は何度聴いても心を軽くし、勇気づけてくれます。ドライブの描写が出てくる「It's my life」「遠い浜辺」「starting over」「ココロをノックしてくれ」などはミヤジの車好きな一面が感じられ、聴いているとドライブしている気分になれる曲でもあります。天気の良い日に車の窓を開け、風を感じながら聴いたらきっと最高な「孤独な旅人」「四月の風」。「自由」からの6曲は夜のドライブにおすすめ。「月と歩いた」の“ドライブ楽しブーブーブー”辺りの歌唱は、なんでこんなにいいんだろうと思うほど絶品です。 Tower Records' Staff edited by H(エレカシが好き。その生き様を見続けたい。)

旅する映画音楽

旅する映画音楽

異国情緒溢れる国々の映画、あの時代が鮮明によみがえる映画、ロードムービーの名作、文字通り旅がテーマの映画、ディズニー映画の存在しないけどあの世界へとナビゲートしてくれるテーマ曲などなど、きっと1度は観たことある映画がこの中にはあると思います。そんな旅にでたくなるような映画音楽の中かかの主題歌・テーマ曲などをセレクト。 edited by Tower Records' Staff

ドライヴィング洋楽HITS 40代編

ドライヴィング洋楽HITS 40代編

30代~40代には懐かしい、クルマのCMに使われていた楽曲を中心に洋楽POPS/ROCKの王道ヒット曲をセレクト。絶対にどこか街で、TVで聴いたことある曲ばかりで快適なドライブをアシストしてくれるはずです。 edited by Tower Records' Staff

GROOVY昭和歌謡

GROOVY昭和歌謡

シャッフル推奨。ラジオ感覚でどうぞ。どこから聴いても 今聴いてもかっこいい、昭和歌謡、リズム歌謡、グループサウンズの数々から、定番/名曲に加えて、隠れた名曲、こんな曲あったの?的な曲をチョイス。40代以上の人は懐かしくもあり、若い世代には新鮮に聴こえてくるはず!随時更新中です。 edited by Tower Records' Staff

メタリカを聴け! -ファスト&スラッシュ編-

メタリカを聴け! -ファスト&スラッシュ編-

スレイヤー、メガデス、アンスラクックスと共に「スラッシュ・メタル四天王」の一角と称されたメタリカ。もはや彼らをスラッシュの枠で語ることははばかられるが、スピード感のある楽曲が今も昔も彼らの核であり最大の魅力であることは変わらぬ事実。“Fight Fire with Fire”、“Battery”、“Creeping Death”といった初期のスラッシュ大名曲はもちろん、速さと重さが同居する“Fuel”や“Through the Never”、そして最新作『72 Seasons』から、彼らのルーツであるNWOBHMの影響を色濃く感じさせる“Lux Aterna”など、新旧のファスト・チューンをセレクト! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

メタリカを聴け! -歌心&泣きの名曲編-

メタリカを聴け! -歌心&泣きの名曲編-

速さ・重さ・激しさは勿論だが、彼らがここまでのモンスター・バンドとなり得たのは、ひとえにそのメロディーの魅力に因るところも大きい。初期においては故クリフ・バートンの紡ぐフレーズに、現在においてはジェイムズ・ヘットフィールドのコブシの効いた歌い回しに、メタリカならではの哀愁を帯びたメロディー・センスを強く感じることが出来る。映画『ジョニーは戦場に行った』を題材とした大名曲“One”、91年の〈ブラック・アルバム〉から2008年の『Death Magnetic』に連なる“The Unforgiven”三部作、さらには初期の“The Call of Ktulu”や“Orion”といった〈歌心を感じるインスト曲〉まで、メタリカならではの泣きの名曲たちをセレクト! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

メタリカを聴け! -ヘヴィ・グルーヴ編-

メタリカを聴け! -ヘヴィ・グルーヴ編-

90年代のメタル、いやロックの歴史を塗り替えたと言っても過言ではない世紀の名盤『Metallica』(通称ブラック・アルバム)。速さより重さに比重を置いたスタイルへとシフトした同作の楽曲をはじめ、多様なグルーヴを纏ったメタリカのヘヴィ・チューンをセレクト。〈ブラック・アルバム〉のオープニングを飾る“Enter Sandman”、最新作『72 Seasons』から、2023年版“Sad Bad True”とも言える“You Must Burn!”、さらには“Seek & Destroy”や“For Whom the Bell Tolls”といった初期楽曲まで。ロバート・トゥルヒーヨばりに腰を低く落とし、頭と身体を揺らして聴きこむべし! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

ヘッドホンをして一人街を歩きながらチルな気分に浸る。selected byWEARTHEMUSIC

ヘッドホンをして一人街を歩きながらチルな気分に浸る。selected byWEARTHEMUSIC

〈「⾳」という⽬に⾒えない存在の楽しみ⽅を別の⾓度から提案。⾳楽好きによる⾳楽好きのための⾳楽⽣活提案を。〉をコンセプトに展開するタワーレコードのアパレルブランド"WEARTHEMUSIC"が、最新作のアパレルのテーマにもなっている"CITY POP”を感じる楽曲を新旧問わずセレクト。WEARTHEMUSICのアイテムを身にまとい、ブランドオリジナルのプレイリストを聴きながら外へと出かけよう。selected byWEARTHEMUSIC

ドライブで聴きたい昭和アイドル・ポップ

ドライブで聴きたい昭和アイドル・ポップ

車やドライヴをテーマやモチーフとしている昭和の女性アイドルが歌う楽曲をピックアップ。「ヘソ出しルック」の衣装でも話題となった本田美奈子「1986年のマリリン」、2022年にはフットボールアワー後藤輝基にカヴァーされた福永恵規「ハートのIgnition」、岡田有希子6枚目のシングル「哀しい予感」のB面曲「恋人たちのカレンダー」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ドライブで聴きたい90'sシティ・ポップ

ドライブで聴きたい90'sシティ・ポップ

車やドライヴをテーマやモチーフとしている90年代のシティ・ポップ的楽曲をピックアップ。Original Loveが1991年にリリースしたアルバム『LOVE! LOVE! & LOVE!』に収録された「夜をぶっとばせ」、布袋寅泰が作詞・作曲・編曲を手掛けた今井美樹1997年のシングル「DRIVEに連れてって」、兄弟ユニット時代のキリンジ1998年のメジャーデビューシングル「双子座グラフィティ」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ドライブで聴きたい80'sシティ・ポップ

ドライブで聴きたい80'sシティ・ポップ

車やドライヴをテーマやモチーフとしている80年代のシティ・ポップ的楽曲をピックアップ。1980年にリリースされた佐野元春のデビュー・シングル「アンジェリーナ」、大滝詠一1984年のアルバム『EACH TIME』より「1969年のドラッグレース」、菊池桃子が1984年にリリースしたファースト・アルバム『OCEAN SIDE』より秋元康作詞/林哲司作編曲の「Blind Curve」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

JAPANESE HIPHOP 202303 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202303 マンスリーセレクト30

カバーには、ラッパーでもあるC.O.S.A.がプロデュースを手がけたNEIのニューシングル「ENN」をピックアップ!NORIKIYOと田我流の「風を切って」、フィーチャリングに3月で終演した、KANDYTOWNのメンバーDianを迎えたMUDの「Tameiki Summer」、オーディション番組「ラップスタア誕生 2023」で一際存在感を放っていたvalknee、7、T.U.G.の新曲もピックアップ!3月も30曲に絞るのに困るほど良曲がリリースされました!ぜひ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

眠れない夜にふわりと寄り添うaiko

眠れない夜にふわりと寄り添うaiko

aikoの数ある名曲の中から、夜にまつわる曲や夜に聴きたくなる曲をセレクトしました!独特な世界観と魅力にあふれた「深海冷蔵庫」や、静かな夜に目を瞑って聴きたい「あかときリロード」、"素晴らしく夜は輝くのよ"と教えてくれた「すべての夜」、、「シーソーの海」や「おやすみなさい」も欠かせません!眠れずに落ち込んでしまいがちな真夜中も、aikoが側でやさしく、切なく、寄り添い包み込んでくれるのです ♡ Tower Records' Staff edited by 橋岡実由(aikoが大好きな20代女子裸眼、渋谷店でタワ渋aikoの担当をしています!)

〈BLACKPINK〉selected by Tower Records' Staff.

〈BLACKPINK〉selected by Tower Records' Staff.

約3年ぶりとなる来日公演開催決定!!!! 2016年にYGエンタテイメントからデビューを果たし、瞬く間に人気を集める存在となった4人組ガールズグループ BLACKPINK。 その人気はアジア圏のみならず世界中に広がり、2度のワールドツアーも開催するなど、爆発的な人気を誇っている。 そんな彼女たちの代表曲やスタッフレコメンド曲をプレイリスト化。 各メンバーのソロ楽曲や有名海外アーティストとのコラボ楽曲まで網羅!ぜひBLACKPINKの世界に浸ってください。 edited by Tower Records' Staff.

坂本龍一WORKS

坂本龍一WORKS

坂本龍一が作曲/編曲などで関わった歌謡曲やJ-POPの中から今改めて聴かれるべき楽曲をピックアップ。岡田有希子最大のヒット曲で作曲を坂本龍一が作詞を松田聖子が手掛けた「くちびるNetwork」、坂本龍一がサウンドプロデュースを手掛けた郷ひろみ1983年のアルバム『比呂魅卿の犯罪』より坂本龍一作曲/中島みゆき作詞のタイトル曲、高橋幸宏1981年のアルバム『NEUROMANTIC』より坂本龍一が作曲を手掛けた「CURTAINS(カーテン)」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

坂本龍一×シティ・ポップ

坂本龍一×シティ・ポップ

坂本龍一が作曲や編曲で関わったシティ・ポップ的な楽曲をピックアップ。大貫妙子1977年のアルバム『SUNSHOWER』より坂本龍一の編曲による「都会」、作詞は来生えつこ 作曲は来生たかおが手掛け坂本龍一が編曲とプロデュースを担当した美空ひばり1983年のシングル「笑ってよムーンライト」、坂本龍一がアルバム全曲の編曲を担当した南佳孝1978年のアルバム『SOUTH OF THE BORDER』収録の「夜間飛行」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

坂本龍一 映画音楽の世界

坂本龍一 映画音楽の世界

数多く手掛けてきた映画音楽の中から現在配信中のタイトルの中からセレクト。83年「戦場のメリークリスマス」や、88年「ラストエンペラー」、93年「リトル・ブッダ」などの名作のメインテーマを中心にチョイス。 edited by Tower Records' Staff

心弾む春ソング

心弾む春ソング

星野 源「恋」、Perfume「Spring of Life」、tofubeats「ディスコの神様feat.藤井隆」の心地よいビートにウキウキするような歌ものから、クラブミュージックの要素を昇華したグルーヴィーなLucky Kilimanjaro「Heat」、サカナクション「忘れられないの」、FNCY「SPLASH」、Suchmos「Miree」。そして時代を超える名曲的なスチャダラパーfeaturing 小沢健二「今夜はブギー・バック」、RHYMESTER「人間交差点」など春の訪れに心弾むパーティー系トラックをセレクト!ぜひ暖かな日々のお供に!edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

春の陽気に誘われて ~70年代洋楽ロック編~

春の陽気に誘われて ~70年代洋楽ロック編~

70年代のポップス/ロックの春の季節にピッタリの名曲をチョイス。定番、隠れた楽曲までもセレクトしたのでドライブにお散歩にオススメです。 edited by Tower Records' Staff

春の陽気に誘われて ~懐かしの昭和歌謡曲編~

春の陽気に誘われて ~懐かしの昭和歌謡曲編~

春に聴きたくなる70年代に発表された懐かしの昭和歌謡曲を中心にセレクト。春を感じるテーマや歌詞、爽やかなメロディはいつ聴いても色褪せることのない名曲なかりです。 edited by Tower Records' Staff

春の陽気に誘われて ~JAPANESE MELLOW&CHILL HIPHOP~

春の陽気に誘われて ~JAPANESE MELLOW&CHILL HIPHOP~

ISSUGI・JJJ ・5lackが歌う「Bitter Dose」はラッパー、ビートメイカーとしても活動するC.O.S.A.がプロデュース。 田我流をフィーチャリングしたEVISBEATSの「夢の続き feat.田我流」、変態紳士クラブの「YOKAZE」や、名曲をマッシュアップアレンジし、kZm × 佐藤千亜妃による「今夜はブギー・バック nice vocal × 水星(Prod. Chaki Zulu)」など、春に聴きたいメロウでチルな楽曲をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

春風ソウル

春風ソウル

フィリーからアコースティックなアレンジの今の季節にピッタリな雰囲気のソウルの名曲をチョイス。春のポカポカ陽気の中で“ちょうどいい”ソウルをお届けします。 edited by Tower Records' Staff

春色ジャズ

春色ジャズ

春に聴きたくなるジャズをセレクト。スタンダードな楽曲を中心に今の季節にピッタリな春をテーマにした曲をチョイス。陽だまりの中で聴いてください。 edited by Tower Records' Staff

90年代パーティーJ-POPソング

90年代パーティーJ-POPソング

SPEEDでも感じられたR&B要素をソロで抽出したようなhiroの「AS TIME GOES BY」、TVの企画でありながらも当時の楽曲の流行をちゃんと踏襲している野猿、ブラック・ビスケッツなどの楽曲を含む、90年代のパーティー=カラオケで歌われる楽曲ではあったものの、解釈次第ではダンスフロア的なパーティーにも対応できる20曲をセレクト! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

WE LOVE ベースボール!あの感動を再び2023

WE LOVE ベースボール!あの感動を再び2023

見事に世界一に輝いた、日本野球。興奮さめやらぬ野球ファンそして日本国民に向けて、試合中継番組のテーマ曲、大谷翔平選手、ダルビッシュ有選手、村上宗隆選手が使用している(していた)入場曲など関連曲をピックアップしたプレイリスト!あの伝説になった数々の名シーンを思い浮かべながらお楽しみください! edited by Tower Records' Staff

新生活応援ソング~平成・令和アイドルソング編~

新生活応援ソング~平成・令和アイドルソング編~

新生活も朝から始まる…という意味でもBABYMETALの快進撃が始まった「ド・キ・ド・キ☆モーニング」から希望を抱き、Wake Up, Girls!の「地下鉄ラビリンス」で頑張って満員電車に乗り…様々な感情を抱きながらも応援されている気分になる平成・令和アイドルソング20曲をセレクト! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

大瀧詠一 covered by ladies

大瀧詠一 covered by ladies

大瀧詠一が作曲を手掛けた作品を女性シンガーがカヴァーした楽曲群をピックアップ。薬師丸ひろ子が歌った映画「探偵物語」主題歌の安藤裕子によるカヴァー、大瀧詠一がファンであることを公言していた小林旭への提供曲「熱き心に」の元ちとせによるカヴァー、太田裕美が1980年に発表したシングルで大瀧自身もセルフカヴァーした「さらばシベリア鉄道」の坂本冬美によるカヴァーなどをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

URCアルバム・トラックス

URCアルバム・トラックス

日本初のインディ・レーベルとも言われるURCレコードから発表されたアルバムの中から代表曲・人気曲をピックアップ。はっぴいえんどのセカンド・アルバム『風街ろまん』より細野晴臣作曲の「風をあつめて」、なぎらけんいちが1973年に発表したセカンド・アルバム『葛飾にバッタを見た』より大相撲での架空のハプニングをコミカルに描いた「悲惨な戦い」、70年前後のフォークゲリラ集会などでも多く歌われた岡林信康「友よ」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

URCシングルス

URCシングルス

日本初のインディ・レーベルとも言われるURCレコードからリリースされたシングル曲をコンパイル。1968年に東京・府中で起きたいわゆる「三億円事件」をモチーフとした高田渡「大・ダイジェスト版三億円強奪事件の唄」、ピート・シーガーによる反戦歌「Waist Deep in the Big Muddy」の中川五郎による日本語カヴァー「腰まで泥まみれ」、鈴木慶一らがバッキングをつとめた斉藤哲夫「されど私の人生」など。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

お花見パーティー向きな00・10年代J-POP

お花見パーティー向きな00・10年代J-POP

タイトル通りにナイスなメロの7!!「メロディ・メーカー」、屋外でも室内でも身体を動かしたくなるJ-POP 2ステップのクラシックであるm-floの「come again」を含む、陽気な季節に1人でお花見をしながら散歩をしている時にイヤホンから流れてきたら良いなぁ…と思う楽曲20曲をセレクト! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

春の日のシティ・ポップ 00年代編

春の日のシティ・ポップ 00年代編

00年代を彩った楽曲群よりシティ・ポップ的な春うたをピックアップ。ドラマ『東京ラブ・シネマ』主題歌となった大瀧詠一「恋するふたり」、高畑充希がみつきとして発表したアルバム『COLOR』より堂島孝平作曲の「キズナ」、安藤裕子2004年のシングル『水色の調べ』に収められた矢野顕子「春咲小紅」のカヴァーなどをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

春の日のシティ・ポップ 90年代編

春の日のシティ・ポップ 90年代編

90年代を彩った楽曲群よりシティ・ポップ的な春うたをピックアップ。日産自動車「ミストラル」CMソングとなったピチカート・ファイヴ「ベイビィ・ポータブル・ロック」、90年代後期のスウィディッシュ・ポップ・ブームの中核となったトーレ・ヨハンソンのアレンジが冴える原田知世「ロマンス」、松本隆作詞×細野晴臣作曲×大村雅朗編曲の布陣による裕木奈江1994年のシングル曲「空気みたいに愛してる」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

春の日のシティ・ポップ 80年代編

春の日のシティ・ポップ 80年代編

シティ・ポップ黄金時代となった80年代を彩った楽曲群より春うたをピックアップ。資生堂化粧品の1983年春のキャンペーンCMソングとなったEPO「う、ふ、ふ、ふ、」、水谷麻里のファースト・アルバム『なかよし』より松本隆作詞×細野晴臣作曲×小西康陽編曲の「パステルの雨」、堀ちえみ1984年のベスト盤『best -記念日-』の幕開けを飾る高橋幸宏作・編曲の「Garcon Pudique」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

春の日のシティ・ポップ 70年代編

春の日のシティ・ポップ 70年代編

現在までつながる源流となった70年代のシティ・ポップより春うたをピックアップ。資生堂春のキャンペーン・ソングとなった尾崎亜美よりの提供曲 南沙織「春の予感 -I've been mellow-」、鈴木茂のファースト・ソロ・アルバム『BAND WAGON』より「100ワットの恋人」、いしだあゆみが細野晴臣、鈴木茂、佐藤博、林立夫らティン・パン・アレイ・ファミリーと共に作り上げたアルバム『アワー・コネクション』より「ダンシング」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

赤いスイートピー ~80's女性アイドルによる春うた~

赤いスイートピー ~80's女性アイドルによる春うた~

当時を知るリアルタイム世代はもちろん、Z世代のリスナーからも注目されている80年代のアイドルポップ。今回は、彼女らが生み出してきた楽曲の中から春に聴きたい楽曲をピックアップ。ユーミンによる松田聖子への最初の提供曲となった「赤いスイートピー」、中山美穂自身が出演したCMソングで竹内まりやよりの提供曲「色・ホワイトブレンド」、井上陽水が作曲を手掛けた三田寛子のデビューシングル「駈けてきた処女」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

桜ソング 00's J-POP編

桜ソング 00's J-POP編

春の象徴、花の代名詞として古くより日本人に親しまれ愛されてきた桜、それは多くJ-POPでも歌のモチーフとして用いられています。今回は、00年代にリリースされたいわゆる「桜ソング」をピックアップ。バラエティ番組の企画『未来日記V』のテーマソングとして使用された福山雅治「桜坂」、萩原聖人と鈴木えみが出演したMVでも知られるケツメイシ「さくら」、前田敦子と松井珠理奈がダブルセンターをつとめたAKB48「10年桜」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

春に聴きたいエレカシ

春に聴きたいエレカシ

エレカシには意外と春にぴったりな曲が多いのです!「「序曲」夢のちまた」の“いい季節だ どこへ行こう 不忍池など楽しかろう 雨になれば水が増して さぞ 水鳥もおどろくだろう”など、散歩好きなミヤジによる情景を思い浮かべ微笑んでしまう歌詞。「あの風のように」の“唐突に俺は気がついた 俺も季節を彩っていることに”は自らも季節をこの世界を彩る一部であることを教えてくれます。“例えりゃあ人生は花さ 思い出は散りゆき ああ 俺が再び咲かせよう”と歌う「桜の花、舞い上がる道を」は春の名曲にとどまらず、もはや日本の名曲。この曲の壮大な美しさを表現する歌声は、本当に歌うために生まれてきた人なのだと感じます。初期の曲では“世を上げて 春の景色を語るとき 暗き自部屋の机上にて 暗くなるまで過ごし行き ただ漫然と思いいく春もある”“花見なんぞのどこがいい”と世間を眺めていた青年が、年を重ね“輝く時は今 そして胸をはって生きていこう 桜の花、舞い上がる道を”と歌っていることにも胸が熱くなります。 Tower Records' Staff edited by H(エレカシが好き。その生き様を見続けたい。)

青春の80's J-ROCK/POP

青春の80's J-ROCK/POP

人生において、夢や希望に満ちた時期、それが青春。そんな青春時代を描いた80年代のJ-ROCK/POP楽曲をピックアップ。尾崎豊が1983年に発表したメジャー・デビュー・シングル「15の夜」、宮沢りえ主演映画『ぼくらの七日間戦争』主題歌のTM NETWORK「SEVEN DAYS WAR」、メンバーが出演したCMソングとしても知られるTHE MODS「激しい雨が」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

感謝と友情のうた~アニソン編~

感謝と友情のうた~アニソン編~

ゆったりしたDUBの雰囲気からサビで転調をしてヘビーメタルのようになり…2人のやり取りの温度差をアレンジでも際立たせている二階堂 頼子&相模大野 千恵の「友達と呼ばせて」、女性の友情を会話内容で表裏とテーマに分けたAice5の「友情物語」と「裏・友情物語」など、様々な友情の形にフォーカスをしたアニソン関連楽曲20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

感謝と友情のうた~平成・令和アイドルソング編~

感謝と友情のうた~平成・令和アイドルソング編~

チームで目標、夢に"いつも感謝"で向かっていく曲の代表曲であり、その後のロールモデル的な楽曲にもなったAKB48 チームBの「初日」、初期の嵐の楽曲に多く見られたグループ名を連想させるワードセンスとラップを組み合わせた楽曲の最終型のような「感謝カンゲキ雨嵐」を含む、アイドルの感謝と友情に関する楽曲20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

感謝と友情のうた~00・10年代J-POPソング編~

感謝と友情のうた~00・10年代J-POPソング編~

友情とギャルはセットで青春であることを教えてくれるeggオールスターズの「BFF(一生親友)」、数多くのビッグチューンをもつレゲエ界のレジェンドであるNANJAMANの「つれ」など、J-POPのフィールドでも活躍するレゲエアーティストの楽曲を中心に友達への感謝にフォーカスをした20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

夢と希望に満ち溢れた、平成・令和アイドルソング

夢と希望に満ち溢れた、平成・令和アイドルソング

2021年デビューで近年の流行ワードを散りばめながらも、少し懐かしい音色でクラシカルな良い曲アレンジであるMAGICAL SPECの「chuLove♡」、"音楽で走り出そう"の歌詞を体現するような活動を常に続けているSANDAL TELEPHONEの「Groovin Drive」など、恋に夢に…未来への希望を感じるアイドルソング20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

KANDYTOWN LAST LIVE

KANDYTOWN LAST LIVE

2023年3月8日の東京 日本武道館「LAST LIVE」の公演をもってKANDYTOWNのとしての活動を終演した。当日のセットリストを元におすすめの楽曲をピックアップ!ラストライブの武道館公演では、MIKIとKIKUMARUも駆けつけ最後の最後までCoolな演出と、Blue Verseでゲスト一人一人が灯したライトに包まれた武道館は圧巻でした。KT4L! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

JAPANESE HIPHOP 202302 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202302 マンスリーセレクト30

カバーには、客演にCandeeとZOT on the WAVEを迎えたLANAの「TURN IT UP」は、キラーチューン間違いなし! ビートメイカーのMONBEEと、ラッパーLil Bell Diceの「Liberty」、4つ打ちトラックにtohjiとgummyboyが軽快に乗るLe Makeupの「Play (feat. Tohji, gummyboy)」、MC TYSONが、今最も勢いのあるラッパーWatsonとフィーチャリングした「G's Up(feat. Watson)」ほか、今月もオススメ曲30曲をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

2000年代青春パンクベスト

2000年代青春パンクベスト

2023年春、パンクの祭典〈PUNKSPRING〉が6年ぶりに復活!そのPUNKSPRING出演バンドを中心に、ポップ・パンク/メロディック・パンク隆盛の2000年代を彩った楽曲を集めました。PUNKSPRINGで待望の復活来日を果たすMY CHEMICAL ROMANCE、メタルなどの要素も取り入れ独自のサウンドを確立したSUM 41、メロディック・パンクの先駆者にして大重鎮BAD RELIGION、ELLEGARDENや10-FEETなどの日本勢、OFFSPRINGやNOFXといったベテラン・バンドまで。最近ライヴに行ってないな…という元キッズたちに贈ります!あの頃の衝動を取り戻そう! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

卒業ソング~平成・令和アイドルソング編~

卒業ソング~平成・令和アイドルソング編~

卒業ソング=別れの曲という括りでなくともJ-POPのマスターピースであるDorothy Little Happyの「デモサヨナラ」、嵐の「Step and Go」などの楽曲を含むシンプルな意味での卒業から、人との別れという意味での卒業など、多岐にわたるアイドルの卒業ソングから20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

学園アニメ主題歌

学園アニメ主題歌

THE FIRST TAKEで披露されたことで再注目をされる機会となったClariSの名曲「コネクト」、学校を舞台にしたアニメの挿入歌と言えば…でお馴染みの「God knows...」、サブスクリプション解禁を誰もが待ち望んでいたStylipSの「MIRACLE RUSH」など、学園アニメ関連楽曲を20曲セレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

切なさに浸る、泣ける別れの00・10年代J-POPソング

切なさに浸る、泣ける別れの00・10年代J-POPソング

母に贈ったラブソングであるKIRAの名曲「当たり前の日々に」、フレンチ・キス名義での柏木由紀のソロ曲で別れの匂いのする「沈黙」、止められない季節の移り変わりの儚さを歌った花澤香菜の「Seasons always change」など、切なさに浸る寄りの楽曲を中心に20曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

卒業ソング~昭和アイドルソング編~

卒業ソング~昭和アイドルソング編~

昭和の時代には「卒業」をテーマやモチーフとした楽曲が数多く作られ、時々のリスナーの胸に刻まれてきました。今回は、そんな中から女性アイドルによる卒業ソングをピックアップ。松本隆×筒美京平の黄金コンビで1985年にリリースされた斉藤由貴「卒業」、松田聖子『赤いスイートピー』B面曲「制服」、キャンディーズが1978年にリリースした活動期間内ラスト・シングル「微笑がえし」、尾崎亜美作曲による岡田有希子「二人だけのセレモニー」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

青春の70'sフォーク/ニューミュージック

青春の70'sフォーク/ニューミュージック

人生において、夢や希望に満ちた時期、それが青春。そんな青春時代を描いた70年代のフォーク/ニューミュージック楽曲をピックアップ。のちに斉藤由貴によるカヴァーでも知られることになる井上陽水「夢の中へ」、いわゆる四畳半フォークを代表するかぐや姫「神田川」、ユーミンこと荒井由実が作詞・作曲を手掛けたバンバン「『いちご白書』をもう一度」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

平成の学園ドラマ主題歌J-POP

平成の学園ドラマ主題歌J-POP

学校などの教育施設を舞台にしたドラマ、いわゆる「学園ドラマ」は昭和の時代より現代まで数多く作られ、それらを彩る主題歌も同じく世に送られてきました。今回は、そんな中から平成期の学園ドラマ主題歌をピックアップ。反町隆史主演『GTO』主題歌「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」、仲間由紀恵主演『ごくせん』(第2シリーズ)主題歌となったD-51「NO MORE CRY」、矢沢永吉が主演した同名ドラマの主題歌「アリよさらば」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

昭和の学園ドラマ主題歌J-POP

昭和の学園ドラマ主題歌J-POP

学校などの教育施設を舞台にしたドラマ、いわゆる「学園ドラマ」は昭和の時代より現代まで数多く作られ、それらを彩る主題歌も同じく世に送られてきました。今回は、そんな中から昭和期の学園ドラマ主題歌をピックアップ。いわゆる「大映ドラマ」の代表的作品『スクール☆ウォーズ』主題歌となった麻倉未稀「ヒーロー」、ピンク・レディー解散後のMIEによる『不良少女とよばれて』主題歌「NEVER」、堀ちえみの初主演ドラマ『メチャン子・ミッキー』主題歌で堀ちえみのデビュー・シングル(「潮風の少女」と両A面)などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

切なさに浸る、泣ける別れの90年代J-POPソング

切なさに浸る、泣ける別れの90年代J-POPソング

誰しもが少なからず経験する「別れ」は歌のテーマ/エッセンスとして欠かせないもので、昔よりそれを編み込んだ歌は数多く世に送られてきました。今回は、そんな中から90年代リリースの楽曲をピックアップ。Every Little Thingの最大のヒットシングル「Time goes by」、椎名林檎のファースト・アルバム『無罪モラトリアム』より「正しい街」、小泉今日子が出演したドラマ『パパとなっちゃん』の主題歌「あなたに会えてよかった」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

エレカシでしか摂取できない格好良さ.

エレカシでしか摂取できない格好良さ.

最高の歌詞と、それを表現するのにぴったりなミヤジの歌声が心をスカッとさせてくれる「ふわふわ」、疲れた時や苛々する時にもおすすめです。ミヤジが15歳の時に制作したとされる「星の砂」、すでに只者ではない才能や凄みが溢れる一曲。とにかく理屈抜きで格好良く、エレカシにしか表現できないなと思わせる「待つ男」や「珍奇男」。「「序曲」夢のちまた」の“世を上げて春の景色を語るとき 暗き自部屋の机上にて 暗くなるまで過ごし行き ただ漫然と思いいく春もある”や、「うつらうつら」の“ベランダに飛んでくる雀のそのかわいさに 微笑むものだろうか 羨むものだろうか”“車にて眺めやるきらめく町の姿と 歩みにて通り過ぐ 殺伐の姿思う”など、歌詞の素晴らしさが光る曲たち。“俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ”と、自らと聴くものを同時に鼓舞する「男は行く」。永遠にこの国に残ってほしい名曲「偶成」「遁生」や、森鴎外の生涯を歌った「歴史」。エレファントカシマシにしか表現し得ない、最高に格好良い曲たち。 Tower Records' Staff edited by H (エレカシが好き。その生き様を見続けたい。)

心を奮い立たせたい時に聴きたいエレカシ.

心を奮い立たせたい時に聴きたいエレカシ.

1stAlbum 1曲目の「ファイティングマン」。イントロ、そして歌い出しの“黒いバラとりはらい 白い風流し込む oh yeah”で、目の前を遮る雲を吹き飛ばし光を差し込ませてくれる。“自信を全て失っても誰かがお前を待ってる oh yeah お前の力必要さ 俺を俺を力づけろよ”と、生きていることを力強く肯定してくれる曲。“生きてる幸せ忘れたか”“生きる屍 さようなら”力強い言葉に力が湧いてくる「花男」。とにかく格好良すぎて無条件で元気が出る「奴隷天国」「生命賛歌」。“求める気持ちを一時も忘れないで”“あらゆるこの世の悲しみを一緒にのりこえよう”“革命も瞬間の積み重ね”と、最高の言葉たちが輝く「so many people」。「コールアンドレスポンス」で死刑宣告されるたびに生まれ変われるし、「達者であれよ」で“ダテや酔狂じゃねえ、生きるのさ!”と力強く背中を押してくれる。デビュー時から常に戦い続けているエレカシの生き様により、輝き続け、聴くものの心を奮い立たせてくれる名曲たち。 Tower Records' Staff edited by H (エレカシが好き。その生き様を見続けたい。)

切なさに浸る、泣ける別れの80年代J-POPソング

切なさに浸る、泣ける別れの80年代J-POPソング

誰しもが少なからず経験する「別れ」は歌のテーマ/エッセンスとして欠かせないもので、昔よりそれを編み込んだ歌は数多く世に送られてきました。今回は、そんな中から80年代リリースの楽曲をピックアップ。松本隆×呉田軽穂(松任谷由実)コンビで1983年にリリースされた松田聖子「瞳はダイアモンド」、1984年に加藤登紀子が発表した楽曲を中森明菜がカヴァーした「難破船」、徳永英明や山崎まさよしなど多くのアーティストにカヴァーされているプリンセスプリンセス「M」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

JAPANESE HIPHOP 202301 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202301 マンスリーセレクト30

カバーには、DJ CHARIがDJ SHINTAROとタッグを組み、客演にゆるふわギャング、OZworld & Masayoshi Iimoriを迎えた新曲「UZUMAKI」をチョイス! ジャージー・クラブなビートが ハマるYvng Patraの「Tier 1」、さらには、5年ぶりの新曲をリリースとなった、kiLLaの「TOKYO」、そのkiLLaの中心メンバーでもあるYDIZZYの「Hero」もピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉 セッション参加曲編

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉 セッション参加曲編

孤高のイメージからすると意外な程フットワーク軽い印象で参加曲は多数。一聴してベック印の音色、プレイに思わずニヤリとしてしまう楽曲も多く、今回のプレイリスト制作も発見と驚きだらけでした。特に、アルバム全曲に近いガッツリ型の参加パターンも多く、UPP/UPP('75)、 MICK JAGGER/SHE'S THE BOSS('85)、MICK JAGGER/PRIMITIVE COOL('87)、JON BON JOVI/YOUNG GUN II:BLAZE OF GLORY('90)、ROGER WATERS/AMUSE TO DEATH('92)あたりはベックファン要チェックです!欠落あるかもしれませんが調べがついた楽曲はすべてリストインさせました。(1アルバムに複数曲参加している場合でも絞り込みはせず全参加曲を登録しました。)また、本人名義の楽曲はサントラ参加曲です。 Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

〈David Crosbyの世界〉The Byrds/Crosby, Stills & Nash/Crosby, Stills, Nash &Young編

〈David Crosbyの世界〉The Byrds/Crosby, Stills & Nash/Crosby, Stills, Nash &Young編

クロスビーが世の注目を浴びるきっかけとなったグループ...ザ・バーズ、CSN、CSNYのアルバムからクロスビーがソングライティングを手掛けた楽曲を年代順にチョイス。絞り込んで聴いていくと、クロスビーは、決してフロントにたっていたわけではないが、クロスビーがグループに与えた彩りが伺え、それは生前最期まで一貫していたことが発見できます。例外的に動歴史的イベント「ウッドストック」でのライヴ3曲のみクロスビー作曲以外もチョイスしました。 Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

〈David Crosbyの世界〉Crosby & Nash/CPR編

〈David Crosbyの世界〉Crosby & Nash/CPR編

キャリアのなかで後回しにされがちなユニットものをリスト化。CSNYの盟友グラハム・ナッシュとのユニット、クロスビー&ナッシュ。97年から活躍したクロスビー、セッション・ギタリストのジェフ・ピーヴァー、クロスビーの息子でキーボーディストのジェームス・レイモンドによるジャズ・ロック的なバンドCPR名義でのアルバムの選曲。曲順はアルバム発売順です。ソロ名義、CSNとはまた異なるクロスビーの音楽的収穫に着目したい。いずれも高度かつ温もりに溢れたハーモニーが魅力です。このプレイリストでもソロアルバム編同様、後年まで創作の輝きが失われていなかったことに気づけるはずです。 Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

〈David Crosbyの世界〉ソロアルバム編

〈David Crosbyの世界〉ソロアルバム編

ソロ名義アルバムから比較的聴きやすい楽曲を中心に選曲。曲順はアルバム発売順です。様々な名義で作品を残したデヴィッド・クロスビーだからあえてソロ名義作品に込められた意味を読み取りたくなります。そこには、ビッグネームでありながら本質はポップス人ではなく己の美学を貫くアーティスト性の高さが垣間見えます。71年の1stソロ『If I Could Only Remember My Name』が象徴的。アシッド・フォーク~フリー・フォークなどオルタナティヴなサブジャンル視点で再発見されうる音楽性は、CSNYの盟友たちとは異なる地平にあったのかもしれませんね。特にキャリア終盤で創作モチベーションの高い作品を生み出していた点にも驚きです。 Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉 Withヴォーカル編

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉 Withヴォーカル編

ヴォーカリストとの共演曲からオススメ曲をリスト化しました。時系列で選曲。ROD STEWARTとの「People Get Ready」ナシかよ!というお声も聞こえてきそうですが、ヴォーカルなしverをインスト編で取り上げております(インスト版のほうが好みでして)最後にボーナストラック的に「The Train Kept A Rollin’」を4ヴァージョン収録しました。ヴォーカリストとのせめぎあいをご堪能あれ! Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉インスト編

〈JEFF BECKよ永遠なれ!〉インスト編

ギターインスト曲から選曲。曲順は基本時系列としました。個人的な琴線重視としましてハードリフ系の曲少な目、ファンキークロスオーバーより、後期はメロウな泣かせ系多め、特に終盤は名曲のギターインストカヴァーの傑作多数となりました。代表曲・有名曲はベスト盤等に譲りまして、ベックのギターのユニークな個性が際立つ聴きどころの多い楽曲が並んだのでは?と思っております。サブスクでギターソロを飛ばす、、という話題もありましたが、ベックのギターは飛ばしようがないくらい耳を引き付けられますよね。偉大です! Tower Records' Staff edited by T.Murakoshi(ロックンロールを基本にスウィンギーでストレンジなゴキゲンミュージックを探求し続けているうち自身が50周年アニヴァーサリーエディションになったこの頃です。

「コレがバズるぞ!2023 BEST30」

「コレがバズるぞ!2023 BEST30」

『バズリズム02』で紹介された、毎年恒例の今年のブレイクアーティストランキング〈これがバズるぞ2023〉。 上位30位にランクインしたアーティストの楽曲からタワレコスタッフレコメンド楽曲をプレイリスト化! 今年ブレイク間違いなしのアーティストの楽曲をいち早くチェックしておきましょう!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉セブンパークアリオ柏店:柏に所縁のあるアーティストソング

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉セブンパークアリオ柏店:柏に所縁のあるアーティストソング

2022年は柏市野外音楽フェス「CAMPASS」3年ぶり通常開催あり!"ヌンチャク"の15年ぶり主催ライブあり!柏出身バンドのリリースも多数!と熱く燃えた2022年の柏音楽シーン!セブンパークアリオ柏店オススメバンドの"鳩とスパイス"も聴いて欲しい!も詰め込んで、柏に所縁のあるアーティストも合わせたプレイリストをご紹介♪

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉イオンレイクタウン店:文化的、歴史的、美学的に重要な1年。2022年フィメールラッパーの旅。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉イオンレイクタウン店:文化的、歴史的、美学的に重要な1年。2022年フィメールラッパーの旅。

イオンレイクタウン店の2022年「も」フィメールラッパー!2023年「だって」フィメールラッパー!快進撃は続く・・・

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉渋谷店:タワレコ渋谷店名物バイヤーが選ぶ、2022年「LIT東京 ALTERNATIVE」な10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉渋谷店:タワレコ渋谷店名物バイヤーが選ぶ、2022年「LIT東京 ALTERNATIVE」な10選

東京渋谷から発信するオルタナティブの新提案。 ここ東京渋谷からオルタナティブで“LIT=ヤバい”な日本の音楽を世界に届けたい。世界のオルタナティブで“LIT”な音楽を日本に届けたい。全てのジャンルが揃い、世界中の人々、様々な世代が行き交う世界一のCDショップ、タワー レコード渋谷にしかできない〝LITなオルタナティブ=尖った音楽〟の新提案。ヤバいやつは世界中にいる。ヤバいやつは日本中にもいる。そんな思いから生まれた新たなジャンルの提案〝LIT 東京 ALTERNATIVE〟。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉水戸オーパ店:Stray Kids担当推薦!STAYによるSTAYのためのプレイリスト2022!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉水戸オーパ店:Stray Kids担当推薦!STAYによるSTAYのためのプレイリスト2022!

Stray Kidsと一緒に歩んだ2022年を振り返る、STAYによるSTAYのためのプレイリスト! 2022年にバズったあの楽曲、聴けばあのツアーのあの場面を思い出す楽曲のほか、担当の推し曲もラインナップ! このプレイリストを再生すればStray Kidsに会いたくなることまちがいなし! 2023年もStray Kids推しの水戸オーパ店をよろしくお願いいたします。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高崎オーパ店:2022年群馬アーティスト10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高崎オーパ店:2022年群馬アーティスト10選

2022年も群馬の音楽はアツかった!!群馬から世界へ! タワ高スタッフが選んだ、2022年の地元群馬の音楽シーンからの10選! 紅白出場バンドから歌うま芸人、インディーズバンドからSSWまでジャンルレスな10曲をお楽しみください。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ川口店:2022年話題のドラマ映画アニメ主題歌♬

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ川口店:2022年話題のドラマ映画アニメ主題歌♬

2022年もたくさんのアニメ・映画・ドラマが盛り上がりました。 作品とマッチしストーリーの感動を最大限に引き出してくれる楽曲ばかり。 10曲に絞るのは難しいですが、アリオ川口店店長的10曲をセレクトしました。 ぜひ、それぞれの作品やストーリーを思い出しながら楽しんでいただければ幸いです。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ橋本店:ドラマ『日本統一』が熱すぎる‼イメージ楽曲をセレクト‼

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ橋本店:ドラマ『日本統一』が熱すぎる‼イメージ楽曲をセレクト‼

異例のロングランヒット!!只今、最も熱い任侠ドラマ 『日本統一』‼各界著名人が熱烈ファンであることを公言し、有名バラエティー番組や女性ファッション誌までもが特集を組むなど、もはや社会現象も間近か!? そこで、2022年遅ればせながらハマってしまったアリオ橋本店スタッフが、ドラマで使用された楽曲から、出演者の他出演作品に関わる楽曲や、ドラマで流れそうなイメージソングを厳選‼

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉梅田NU茶屋町店:NU茶屋インディ横丁的 ウルトラ猛PUSH!インディ2022年BEST

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉梅田NU茶屋町店:NU茶屋インディ横丁的 ウルトラ猛PUSH!インディ2022年BEST

2022年もindiesシーンから沢山の快感を頂きました! その中でも、たまらん刺激をくれた楽曲達をNU茶屋インディ横丁よりチョイスしました! 勿論2023年の活躍も要チェックです。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉京都店:京都店の音楽マスターが選ぶ2022年の洋楽この10曲!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉京都店:京都店の音楽マスターが選ぶ2022年の洋楽この10曲!!

古都・京都は古くから芸術の都としても栄えていた歴史もあり、音楽や芸術に拘りを持つ方が多く住む町としても知られています。そんな京都店にも拘りを持つスタッフが多く働いています。そんな京都店のスタッフの中でも、特に音楽に詳しい音楽マスターが選ぶ、2022年の洋楽の名曲級の10曲をご紹介します!特に豊作となったR&BやHIP HOPを中心にセレクトしました。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉神戸店:2022年大活躍だった“地元”アーティスト10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉神戸店:2022年大活躍だった“地元”アーティスト10選。

2022年は現代J-POPを牽引するあいみょんを始め痛快なサウンドでロック・ファンを盛り立てるw.o.d.、バンドとしてだけでなく映画『犬王』でアヴちゃんが主演を務めた女王蜂やDJから音楽コラムニストなど多方面で活躍するtofubeats、そして神戸を代表する重鎮ガガガSPなど我が地元のアーティストの新譜が目白押しだった一年でした!ということでそんな2022年に発表された新作から人気曲。スタッフ・イチ推し曲を10曲選ばさせて頂きました!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ八尾店:コロナ禍でベタにアニメにドはまりしたアラフィフ店長が選ぶこの2022マイベストソング10!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ八尾店:コロナ禍でベタにアニメにドはまりしたアラフィフ店長が選ぶこの2022マイベストソング10!

こんな事があるのかと驚愕したここ2年のコロナ禍あなたは何をしていましたか?!私はNETFLIXやアマプラでアニメを見ていましたよ…コロナ禍以降、家に帰るとアニメを見ながら晩酌をするのが楽しみになってしまいましたよ!アラフィフなのにアニメとかにハマってもいいんですか?いいんです!ボッジをアーニャを応援して、デンジくんめちゃくちゃだなぁとか思っていたら2022年が終わってしまった…終わってもいいんですか!いいんです!笑

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーとTOKYO-BAY店:眠れる心地よさ!?期待の邦楽インディーズ2022!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーとTOKYO-BAY店:眠れる心地よさ!?期待の邦楽インディーズ2022!

CDリリースあり/なしに関わらず、活動歴が浅めでこれからの活躍を期待しているアーティスト。 バンド以外も入っています。ゆるいムードとか、シューゲイズ多め。2022年作が多いですが、一部2021年リリースもあり。個人的にめちゃくちゃ聴きました。基本的に眠りとの狭間でとろけますが、ラスト目が覚めます。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉橿原店:2022年橿原店スタッフおススメする2.5次元舞台楽曲10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉橿原店:2022年橿原店スタッフおススメする2.5次元舞台楽曲10選。

橿原店スタッフが2.5次元初心者にもおすすめする王道舞台楽曲を特集! 聴けば、キャラクターたちが舞い踊る美しい演劇の世界に魅了されること間違いなし! 目だけでなく耳でも観劇を体感できる、麗しの2.5次元舞台の音楽に浸ってみてください。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉郡山店:タワレコオリヤマ(郡山店)激プッシュ!とにかく聴いて欲しい地元出身アーティスト楽曲10選!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉郡山店:タワレコオリヤマ(郡山店)激プッシュ!とにかく聴いて欲しい地元出身アーティスト楽曲10選!

タワレコオリヤマが自信を持ってお薦めする地元出身アーティスト楽曲10選!郡山店がある福島県はアーティストの宝庫!そして名曲の宝庫!そんな中、現在進行形のバンドやシンガー、2022年に躍進~2023年以降にも飛躍が期待できるアーティストを中心に、地元を感じさせる楽曲や不変の魅力を持った名曲などを揃えました!激しくても穏やかでも、お洒落でも地味でも、とことん暗くてネガティブだって、どこかに希望を感じられる素晴らしい楽曲たちです。

2022年を振り返る!《アニメ編》

2022年を振り返る!《アニメ編》

2022年に放送・公開されたアニメや映画の中から世間を賑わせた作品、個人的に激アツだった作品の主題歌をピックアップ! 記憶にも新鮮な「ぼっち・ざ・ろっく!」から結束バンドの2曲、今年の1月に放送された「その着せ替え人形は恋をする」からスピラ・スピカ、あかせあかり、「平家物語」から羊文学、「鬼滅の刃」からAimer、「SPY×FAMILY」からOfficial髭男dism、星野源、BUMP OF CHICKEN、yama、「チェンソーマン」から米津玄師、Vaundyなど、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」からYOASOBI、映画「ONE PIECE FILM RED」からAdo、「THE FIRST SLAM DUNK」から10-FEET、「すずめの戸締まり」からRADWIMPS feat.十明、など計28曲を集結! Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉静岡店:タワ静スタッフ鬼リピ2022

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉静岡店:タワ静スタッフ鬼リピ2022

タワ静スタッフ10名が2022年に聴きまくった鬼リピ10選。こんな楽曲を普段聴いてフロアに立っています。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERmini もりのみやキューズモール店:もりのみやキューズモール店イベント開催アーティスト10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERmini もりのみやキューズモール店:もりのみやキューズモール店イベント開催アーティスト10選

2022年にもりのみやキューズモール(1F BASEパーク)、あべのキューズモール(3F スカイコート)で開催した数々のイベントの中から、特に印象に残ったアーティストの楽曲を選曲! イベント情報はツイッターで「#もりキューイベント情報」「#あべのキューズモールイベント情報/#もりキューイベント出張編」をチェックしてみてください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ札幌店:アリオ札幌店店長推薦!2022年リリースのブレイクタイムにオススメの厳選10曲!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ札幌店:アリオ札幌店店長推薦!2022年リリースのブレイクタイムにオススメの厳選10曲!

2022年、みなさまは何を求めて音楽を摂取しましたか?音楽は忙しない日常を忘れさせてくれるもの..。 洋楽聴取率多めのアリオ札幌店店長が独断と偏見で選ぶ、2022年リリースのブレイクタイムや喧噪の中で聴いた10曲をまとめました。2023年も素敵な音楽との出会いがありますように。アリオ札幌店でお待ちしてます。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉福岡パルコ店:タワ福的スタッフの再生回数NO.1曲何?

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉福岡パルコ店:タワ福的スタッフの再生回数NO.1曲何?

タワーレコード福岡パルコ店スタッフが、2022年に聴いた曲で1番再生回数が多かった曲=ヘビロテ曲を選曲っっ!!スタッフそれぞれのNO.1曲を厳選10曲!ぜひお聴きください!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉札幌パルコ店:マスターズチョイス2022ベストソングス

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉札幌パルコ店:マスターズチョイス2022ベストソングス

全国のタワーレコード店長が毎週交代でお勧めの1枚をピックアップする企画<マスターズチョイス>https://tower.jp/Home/site/pickup/masters-choice で2022年取り上げた作品からの楽曲を中心に札幌ピヴォ店(2022年9月閉店)&札幌パルコ店(2022年9月オープン)の店長による個人的ベストソングスをセレクト。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉池袋店:2022年寅年タワ池スタッフが選ぶ激プッシュ楽曲10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉池袋店:2022年寅年タワ池スタッフが選ぶ激プッシュ楽曲10選

聖地化推進・定着アーティストの2022年リリース楽曲を中心に、YOU TUBEなどのネット界隈を賑わせた池袋店ならではの推し曲もラインナップ!さらに、池袋で一番ジャンルレスに音楽を愛するスタッフが、2022年に最もヘビロテしたメロウな隠れ名曲など、バラエティに富んだプレイリストです。どうぞご堪能あれ!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーと立川立飛店:2022年タワーレコードららぽーと立川立飛店でイベントをしていただいたアーティストのおすすめの楽曲10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーと立川立飛店:2022年タワーレコードららぽーと立川立飛店でイベントをしていただいたアーティストのおすすめの楽曲10選。

ほぼ毎週リリースイベントを行うららぽーと立川立飛店、通称タチタチ。 アーティストが変われば、楽曲のスタイルも変わる・・・。 1年間本当にたくさんの楽曲を『生で』聴いてきたスタッフが選ぶ、ベスト of タチタチリリイベ楽曲を選びました! 私たちスタッフにとって大切な、そして今年の思い出の楽曲達です!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉リヴィン光が丘店:★リヴィン光が丘店スタッフが2022年最も聴いた曲10選★

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉リヴィン光が丘店:★リヴィン光が丘店スタッフが2022年最も聴いた曲10選★

2022年を振り返り、スタッフが今年最も聴いた曲をそれぞれ選びプレイリストにしました! 今年流行った曲から、往年の名曲まで非常にバラエティに富んだラインナップになったと思います! 2023年もリヴィン光が丘店へのご来店お待ちしております!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉グランツリー武蔵小杉店:2022年グランツリー武蔵小杉店スタッフのベスト・ソング10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉グランツリー武蔵小杉店:2022年グランツリー武蔵小杉店スタッフのベスト・ソング10選。

グランツリー武蔵小杉店のスタッフが2022年聴き込んだ楽曲をセレクト致しました! 幅広いジャンルからのセレクトとなりましたのでお楽しみ下さい!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ上尾店:2022年「あげタワ」担当スタッフが選ぶ 、1度は聴いてほしいJ-ROCK名曲10選!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ上尾店:2022年「あげタワ」担当スタッフが選ぶ 、1度は聴いてほしいJ-ROCK名曲10選!

音楽やライブに支えられた2022年。日常を過ごす中で、私にとってかかせないものだとより強く実感した1年でした。 そんな「あげタワ」のJ-ROCK担当スタッフが、1度は聴いてほしい10曲をセレクトしました! 推しであるキュウソネコカミ、超能力戦士ドリアンの曲はもちろん、ライブで盛り上がれる曲から、歌詞・メロディが心に沁みる曲まで、きっとお気に入りを見つけてもらえるプレイリストとなっています! 2023年も、J-ROCKへの変わらぬ愛情をあげタワから発信していきます!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiアリオ仙台泉店:店長セレクト 2022鋼鉄名曲10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiアリオ仙台泉店:店長セレクト 2022鋼鉄名曲10選

2022年はベテランアーティストの健在振りを示す強力なアルバムのリリースが印象に残る一年でした。そこで、普段からHR/HMを愛聴する店長が2022年にリリースされたビッグ・ネームの作品から独断と偏見で10曲セレクトさせていただきました。キャリアに甘んずることなく、「俺たちがシーンを引っ張っていくんだ」という気概が感じられる10曲だと思います。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ鷲宮店:ジャンルレス上等!タワ鷲スタッフが選ぶ!コレが推し曲2022!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ鷲宮店:ジャンルレス上等!タワ鷲スタッフが選ぶ!コレが推し曲2022!

「サギノミヤ」じゃないよ、「ワシノミヤ」! 年齢も推しアーティストも様々なアリオ鷲宮店スタッフ選曲による、ジャンルレスな2022年のプレイリスト!! あなたの耳に響く1曲がきっと見つかるはず・・・!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉町田店:町田店スタッフが選ぶ2022年 My Best Song

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉町田店:町田店スタッフが選ぶ2022年 My Best Song

タワーレコード町田店で働くスタッフ10人が各々2022年に一番聴いた楽曲を1人1曲でセレクト! 町田店で推しているアーティストともリンクしていて自分達で見ても納得です笑。 2022年も素晴らしい楽曲にたくさん出会えました!皆様が今後ともタワーレコードでステキな音楽と出会えますように!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉八王子店:2022年地元愛あふれるタワーレコード八王子店スタッフが選ぶ もっと八王子を知るために聞いて欲しい 10曲

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉八王子店:2022年地元愛あふれるタワーレコード八王子店スタッフが選ぶ もっと八王子を知るために聞いて欲しい 10曲

2022年は八王子にゆかりのあるアーティスト/楽曲が豊作だった年でした。こちらのプレイリストでは、1年を振り返り八王子愛溢れるスタッフがもっと八王子を知ってもらいたい!とオススメしたい作品を選曲してみました!2022年もたくさんのご来店ありがとうございました!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉名古屋パルコ店:2022年もラウドロックを推してきたタワーレコード名古屋パルコ店が選ぶ激PUSH10曲!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉名古屋パルコ店:2022年もラウドロックを推してきたタワーレコード名古屋パルコ店が選ぶ激PUSH10曲!!!

2023年2月にcoldrain主催“BLARE FEST. 2023”の開催が決定!!!このプレイリストはそんなcoldrainの最新にして最強のアルバム曲から始まり、Voのmasatoさん歌唱の“呪術廻戦"挿入歌からアニメ繋がりでSiMとブレア出演のALI。そしてNOISEMAKER、同じくfrom札幌からブレア出演も決まっているCVLTE、HIKAGE。この2組はCD未流通だからこそ今聴いていただきたい!そしてEarthists.、The BONEZの最新作から最後はアイドルの枠を超え幅広いファンを魅了する我儘ラキアで〆10曲では選びきれないのでぜひ気になったアーティストは店頭でも!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉広島店:2022年を振り返ってタワーレコード広島店スタッフが選曲する「私の今年の1曲」

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉広島店:2022年を振り返ってタワーレコード広島店スタッフが選曲する「私の今年の1曲」

広島店のプレイリストは「私の今年の1曲」。スタッフが1人1曲ジャンル問わず選曲した結果、個性豊かな楽曲が並びました。2022年、K-POPはIVE、NMIXX、NewJeans、LE SSERAFIM、Kep1erなど新人女性グループが大活躍した年であり、寅年の今年、Travis Japanが全世界デビューを果たし歴史に新しい1歩を刻みました。そして、最後の1曲は広島店と言えばミスチルということで、今年デビュー30周年を迎えたMr.Childrenの「生きろ」で締めくくりました。2023年も皆様と素晴らしい音楽の架け橋になれるように様々な発信をしていきますので、どうぞよろしくお願い致します!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉横浜ビブレ店:2022年 横浜ビブレ店イベント担当が選ぶイベント開催グループ10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉横浜ビブレ店:2022年 横浜ビブレ店イベント担当が選ぶイベント開催グループ10選

2022年、横浜ビブレ店は4/1にフロアを移動しリニューアルしました。 新たな店内イベントスペース、横浜ビブレNiigo広場、そして横浜ビブレ屋上イベントも2022年に初めて開催しました。多くのアーティストのおかげでリニューアル初年を盛り上げて頂きました!イベント担当は「イベントを通じて知らなかった素晴らしいアーティストを発見してほしい」との思いで、1年努めてまいりました。 イベントに参加できなかった方にも、横浜ビブレ店でイベントを開催した素晴らしいアーティストとの出会いの場となるプレイリスト作成しました。ぜひ聴いてください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉藤沢オーパ店:桑田佳祐さんソロ活動35周年おめでとうございます!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉藤沢オーパ店:桑田佳祐さんソロ活動35周年おめでとうございます!

2022年ソロ活動35周年を迎えた茅ケ崎が生んだ大スター・桑田佳祐さん。35周年を記念してリリースされたベストアルバム「いつも何処かで」より、藤沢オーパ店のストアプレイで絶賛ヘビロテ中の10曲をご紹介します♪これからも藤沢から全力で桑田さんを応援します!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高槻阪急店:2022年タワーレコード高槻阪急店スタッフが選ぶ「めちゃめちゃ聴いたでっ!」ヘビロテ10曲

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高槻阪急店:2022年タワーレコード高槻阪急店スタッフが選ぶ「めちゃめちゃ聴いたでっ!」ヘビロテ10曲

2022年、高槻阪急店スタッフがヘビロテしたナンバーをご紹介!ロック、ポップス、洋楽、邦楽とスタッフの個性が出るバラエティ豊かなセレクトとなっております。2023年も素敵な楽曲に出会えますように!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉イオンモール倉敷店:★2022イオ倉スタッフジャンルレスセレクト★

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉イオンモール倉敷店:★2022イオ倉スタッフジャンルレスセレクト★

2022年、様々なことが徐々に緩和されエンタメ界も再始動!という感じで活気を取り戻していますね! 友達とドライブで、恋人とデートで、家族とお家で、様々なシーンにピッタリな【音楽】がそれぞれある中、 イオ倉は「1人で音楽を楽しむ」というシーンに焦点をあててオススメ曲をセレクトしてみました? イオ倉の顏!とも言える藤井風さんの「旅路」から始まり、洋楽、K-POP各担当オススメ選曲、ノスタルジックからポップな 曲まで世代ジャンル問わず豊富なラインナップとなっております!2023年も音楽に!アーティスト様に!お客様に! 個性強めな愛情表現で盛大にお店作りに励みます!沢山のご来店お待ちしております!!!!!!!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉苫小牧店:2022年タワーレコード苫小牧店スタッフが選ぶイチオシ楽曲10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉苫小牧店:2022年タワーレコード苫小牧店スタッフが選ぶイチオシ楽曲10選

2022年も素敵な音楽作品に出会えて感謝!な1年でしたが、そんな1年間を振り返り、タワーレコード苫小牧店スタッフが2022年に出会い、そして、胸をアツくしたイチオシ楽曲をセレクトしました。心震える音楽との出会いはまさに音楽の素晴らしさを噛み締める瞬間!2023年も、みなさまと素敵な音楽との出会いのお手伝いができますよう、スタッフ一同お待ちしております!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉下田店:下田店スタッフアワード2022!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉下田店:下田店スタッフアワード2022!

2022年も下田店をご愛顧頂きありがとうございます!!! あんなこと、こんなこと、色んなことがあった1年だと思いますが、そんな1年を通して下田店スタッフが選曲した題して「下田店スタッフアワード」!!!(そのままですいません) 主にスタッフが個人的にヘビロテしまくった楽曲から選出! 2023年も地域に根付いたお店作りを目指してスタッフ一同お待ちしております!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉モレラ岐阜店:モレラ岐阜店が選ぶ2022BMSGおぶちかましプレイリスト!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉モレラ岐阜店:モレラ岐阜店が選ぶ2022BMSGおぶちかましプレイリスト!

2022年もBMSG箱推し!で駆け抜けたモレラ岐阜店担当スタッフが選ぶおぶちかまし曲プレイリストです!担当の個人的な好みも丸分かりな10曲!聴けばあのライブやフェスのあの場面を思い出す、今年を象徴する曲を選びました。ドライブ中に聴くもよし、ライブ前に聴いてテンション上げるもよし!ぜひ1~曲順でお楽しみください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉鈴鹿店:2022年鈴鹿店スタッフが聴きまくったオススメ10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉鈴鹿店:2022年鈴鹿店スタッフが聴きまくったオススメ10選。

三重県唯一のタワーレコード、鈴鹿店!2022年リリースの作品群の中から、モータースポーツの街”鈴鹿”に響き渡る、元気になる曲、泣ける曲、ノリの良い曲、穏やかな曲などなど、スタッフが今年【ガツン!!】とヤラれたお気に入りの曲をチョイスしました。2022年も素晴らしい作品に恵まれた1年でした。2023年も沢山の素敵な音楽に出会えますように!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高松丸亀町店:高松丸亀町店が選ぶ2022年タワレコメン10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉高松丸亀町店:高松丸亀町店が選ぶ2022年タワレコメン10選

四国・香川唯一のタワーレコード、タワーレコード高松丸亀町店が選ぶタワレコメンの中のタワレコメン10選!2022年もたくさんの素敵なアーティストに出会い胸を焦がしました!話題曲から新たな発見まで、2022年の振り返りとアーティストへの愛を込めて。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉名古屋近鉄パッセ店:2022年 名古屋近鉄パッセ店イベント担当オススメアイドル楽曲10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉名古屋近鉄パッセ店:2022年 名古屋近鉄パッセ店イベント担当オススメアイドル楽曲10選

アイドル楽曲も千差万別。かっこよかったり、かわいかったり、胸打ったり。。一括りに『アイドル』ってだけで聴かない、知らない、はもったいない!!コロナ禍でも歩みをとめずにそれぞれの速度で、やり方で、この1年を駆け抜けてきたグループの音に触れてみて欲しいです。活動が活発になっていくグループ、反対に歩みを止めてしまうグループ。でも、この1年で鳴ってきた音楽に嘘は無くて、どれもが本物。どうか皆さんの心にも響きますように。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉新潟店:2022年タワーレコード新潟店が選ぶ ご当地推薦アーティスト 10 選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉新潟店:2022年タワーレコード新潟店が選ぶ ご当地推薦アーティスト 10 選

タワーレコード新潟店スタッフ2022年おススメの新潟出身アーティスト集めました!! 新潟出身といったら…というアーティストから、新潟出身だったんだ!というアーティストまで新潟を代表する方々をプレイリストでご紹介します!こちらを聴いて、新潟に行ってみたいな~♪と思っていただけたら嬉しいです!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉秋葉原店:タワレコアキバ BUYER'S TRACKS

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉秋葉原店:タワレコアキバ BUYER'S TRACKS

アイドル、アニメといった日本を象徴するポップカルチャーの発信地"秋葉原"に店舗を構えるタワレコ秋葉原店。バイヤーが店頭展開を行ってきたアーティストの楽曲の中から10曲を厳選!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiくずはモール店:CD化希望!サブスクのみ人気曲10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiくずはモール店:CD化希望!サブスクのみ人気曲10選

ドラマや映画で話題となっている曲のCD予約のお問い合わせ等があった配信リリースのみ(現時点)10曲を選びました。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ亀有店:アリオ亀有店 2022年ベストソング!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ亀有店:アリオ亀有店 2022年ベストソング!

音楽をこよなく愛するタワ亀スタッフが今年一番聴いた曲、推したアーティストなど選びました!ジャンルはさまざまですが、ぜひ聴いてみて欲しい10曲!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ倉敷店:アリオ倉敷店猛プッシュ‼マイベストソングTOP10

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオ倉敷店:アリオ倉敷店猛プッシュ‼マイベストソングTOP10

タワーレコードアリオ倉敷店の全スタッフが選んだ2022年ベストソング10選‼

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アミュプラザ鹿児島店:タワカゴINI担当がよく聴いた2022年トップ10

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アミュプラザ鹿児島店:タワカゴINI担当がよく聴いた2022年トップ10

INIの曲の中でも特に好きなのは、「Do What You Like」と「How Are You」 そんなINI担当が個人的に普段良く聴いていた2022年トップ10を集めてみました。 仕事や学校の行き帰りの足取りが軽くなったり、時には休日にステップを踏んで歩きたい時に聴いてほしい曲たちです!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉佐賀店:佐賀店スタッフが選ぶ2022年のベストソング10選!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉佐賀店:佐賀店スタッフが選ぶ2022年のベストソング10選!

2022年は大御所から新人アーティストまで、新作、ベスト盤など様々な作品が発売、音楽ファンにも嬉しいリリースばかりでした。ここでは、そんな2022年にリリースされた作品の中から、佐賀店スタッフがオススメする2022年のベストソング10選を邦楽でまとめてみました!是非お楽しみください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉仙台パルコ店:2022 年のタワーレコード仙台パルコ店の大プッシュ 10 曲!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉仙台パルコ店:2022 年のタワーレコード仙台パルコ店の大プッシュ 10 曲!

遂に仙台発の大注目バンド鉄風東京の全国流通盤リリースとなった2022年、今年も様々なアーティストを店頭で応援して参りました!そんなタワーレコード仙台パルコ店が2022年応援を続けてきたアーティストから10曲を選曲。3年ぶりの開催となったARABAKI ROCK FEST.に向けて東北限定で7インチ盤をリリースしたBiS、デビュー前より応援して参りましたBE:FIRSTの躍進、そしてインストアイベントも大盛況、CMでもお馴染み仙台発ジャズピアニスト秩父英里さんなどなど是非是非オススメです!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉久留米店:タワーレコード久留米店スタッフが選ぶ2022年の10曲!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉久留米店:タワーレコード久留米店スタッフが選ぶ2022年の10曲!

2022年も沢山の楽曲がリリースされ、生活に彩りを添えてくれました。こちらのプレイリストでは、久留米店スタッフによる『2022年の10曲』と題して、当店スタッフが2022年に最も聴いた曲やイチ押しの曲など、各スタッフ1曲ずつ選曲しました!スタッフは1曲に絞るのが大変だったようですが(笑)、邦楽、洋楽、K-POPなど趣味嗜好の異なる久留米店スタッフがセレクトしたプレイリストを楽しんで聴いていただけたら嬉しいです!2023年も皆様にとって素敵な音楽との出会いがありますように☆彡

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉明石店:タワーレコード明石店スタッフが選ぶ2022年ベストソング10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉明石店:タワーレコード明石店スタッフが選ぶ2022年ベストソング10選。

「日本標準時・子午線」と「たこ」の街でおなじみの明石より、タワーレコード明石店スタッフが2022年ヘビロテした楽曲を集めたプレイリスト。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉秋田オーパ店:秋田オーパ店のスタッフが選ぶ!2022年ベストソング!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉秋田オーパ店:秋田オーパ店のスタッフが選ぶ!2022年ベストソング!

秋田オーパ店スタッフが選ぶ2022年のベストソング!秋田ならではの選曲にしてみました!秋田の音楽シーンがもっともっと盛り上がりますように…という願いも込めつつ選んだ10曲をぜひ聴いてみて下さいね。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉川崎店:2022年タワ崎「激アツ」プレイリスト10!!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉川崎店:2022年タワ崎「激アツ」プレイリスト10!!!

「音楽のまち・かわさき」らしく2022年もタワ崎スタッフはそれぞれ己の道を突き進んでまいりました!さまざまなジャンルが入り混じることで大変カオス極まるプレイリストが完成したかと思います。流行を押さえつつ(!?)新しい発見もしつつ、あらゆる角度で刺激的な音楽をお楽しみください!(川崎店スタッフ、、本当に趣味バラバラ、、笑)

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アミュプラザ博多店:2022年タワーレコードアミュプラザ博多店スタッフ内で人気楽曲 TOP10

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アミュプラザ博多店:2022年タワーレコードアミュプラザ博多店スタッフ内で人気楽曲 TOP10

2022年にリリースされた楽曲から、タワレコ博多店のスタッフが10曲選出!幅広いジャンルで多くのリスナーに愛されるであろうプレイリストが完成しました(^O^)/

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉新宿店:ベテランアーティストの活躍!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉新宿店:ベテランアーティストの活躍!

2022年もベテラン・アーティストが元気!数々の新譜やアップデートされたベスト盤や再発盤がリリースされ、売り場を活気づけていました。その中から厳選した10曲のプレイリストになります。残念ながらサブスク解禁になっていないアーティスト、楽曲もかなりありますが、このリストをきっかけにして、売り場でもベテランアーティストのリリースをチェックしていただければと思います!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉上田店:タワーレコード上田的ヒグチ愛10選。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉上田店:タワーレコード上田的ヒグチ愛10選。

全女子必聴!!!!!!男子も必聴! 『進撃の巨人』のED曲“悪魔の子”が大ヒットしたヒグチアイ。長野で育ったピアノを弾きながら歌うシンガーソングライターの魅力は悪魔の子だけでは語れません。こちらのプレイリストは彼女の大きな武器である“ことば”を堪能できる10曲を上田店スタッフが厳選。ふくよかで美しい声とメロディに乗せて心に染み入ってくる“ことば”の音楽に救われてください。 ※涙腺崩壊注意。ヒグチアイはいつでもあなたの味方です。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉大高店:タワーレコード大高店!タイドラマ担当が選ぶT-POP10選

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉大高店:タワーレコード大高店!タイドラマ担当が選ぶT-POP10選

タワーレコードミュージック内で配信されているタイの楽曲からタイドラマの主題歌、挿入歌、俳優達が歌う楽曲などなど10曲を集めまてプレイリストを作成致しました! まだまだ日本ではCDが発売されていないものが多いですがタワーレコードミュージックでは沢山の楽曲が配信されています!嬉しい! ぜひタイの素敵な楽曲に触れてみてください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉東浦店:東浦店スタッフセレクト!2022ベストソング

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉東浦店:東浦店スタッフセレクト!2022ベストソング

今年も沢山の音楽に出会い、沢山の音楽に救われた一年でした!そんな2022年リリース楽曲からセレクトした10曲をぜひお聴きください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉若松店:タワーレコード若松店スタッフが選ぶ2022年ヘビロテ曲10選!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉若松店:タワーレコード若松店スタッフが選ぶ2022年ヘビロテ曲10選!!

2022年で開店20周年を迎えた福岡・北九州市唯一のタワーレコードとして皆様にお勧めしたいスタッフ厳選のヘビロテ曲をご紹介!20周年記念でコラボポスターの作成も行った北九州発パンクバンド「SHIMA」のNEWアルバムは、リリース時にストアプレイにてヘビロテしておりました。これからも皆様が素敵な音楽・映像作品と出逢える場としてあり続けられるように頑張りますので今後もよろしくお願いします!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオモール蘇我店:手越祐也推しアリオモール蘇我店・担当スタッフ私的選抜10曲

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉アリオモール蘇我店:手越祐也推しアリオモール蘇我店・担当スタッフ私的選抜10曲

当店激推しアーティスト・手越祐也さん。2022年は楽曲リリースはもちろん、自身の音楽番組やフェス等でたくさんのアーティストとのコラボも多く、その繋がりがどんどん広がっていった1年でした。そんなたくさんの楽曲の中から、手越祐也さんの楽曲を中心に、コラボで話題になった楽曲など、担当スタッフによる私的選抜10曲を。バラード無し!テンションが上がる曲onlyでお届けします。2023年も全力応援のタワ蘇我をよろしくお願いします。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉浦和店:タワ浦の2022年アディショナルタイム!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉浦和店:タワ浦の2022年アディショナルタイム!

"ワールドカップで世界中が感動と興奮に包まれた2022年! サッカーの街浦和のタワレコから熱いエールを送ったアーティストや楽曲をご紹介!"

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーと磐田店:ららぽーと磐田店アイドル担当的"劇場から世界に羽ばたけるSKE48新公演楽曲10選"

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉ららぽーと磐田店:ららぽーと磐田店アイドル担当的"劇場から世界に羽ばたけるSKE48新公演楽曲10選"

"2022年SKE48オリジナル新公演 Team S「愛を君に、愛を僕に」Team KII「時間がない」が開幕。 今回は「いや、どう考えても劇場だけじゃなくもっとたくさんの目に止まるべき!!」な楽曲をピックアップしました! (もちろん全曲選出したいんですけどね!!!!めちゃめちゃ悩みました。) 表題曲を先頭に公演ごと5曲ずつ並べましたが、担当が特に推したいのはそれぞれ2曲目「LOVE RENOVATION」「Over the Top」。問答無用で優勝です。 ※ちなみに担当現在公演中のTeam E""SKEフェスティバル公演""では「ハングリーライオン」がべらぼうに好きです☆"

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉あべのHoop店:タワーレコードあべのHoop店 プレイリスト2022

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉あべのHoop店:タワーレコードあべのHoop店 プレイリスト2022

キタ・ミナミに負けない、活気と風情が同居するディープでエネルギッシュな天王寺・阿倍野エリア!2022年も、街の勢いそのままに店舗にも沢山のお客様にご来店を頂きました、ありがとうございます!2022年を代表するあの曲はもちろん、あべのHoop店ならではの店頭でよく流れたあの曲など、店舗独自の切り口で様々なジャンルの音楽をギュッとつめこみました!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉那覇店:タワレコ那覇店スタッフのマイ・ベスト・ソング2022

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉那覇店:タワレコ那覇店スタッフのマイ・ベスト・ソング2022

那覇店スタッフの2022年ベスト・ソングをプレイリストにしました。統一感が全く無いセレクトですが、スタッフそれぞれの個性と1曲入魂のセレクトという事で聴いていただけるとありがたいです。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉錦糸町パルコ店:35th Anniv. of  BUCK-TICK selected by 錦糸町パルコ店

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉錦糸町パルコ店:35th Anniv. of BUCK-TICK selected by 錦糸町パルコ店

2022年はBUCK-TICKデビュー35周年!おめでとうございます☆錦糸町パルコ店でも店頭からアニバーサリーイヤーをお祝いさせていただきました。モチロン、これからも全力で応援してまいります!ということで、より多くの方にBUCK-TICKの音が届くよう、その幅広い音楽性と多彩な表現力を感じることが出来る10曲をセレクトしてみました。驚くほど世界観の異なる10曲ですが、どの楽曲にも揺るぎない"BUCK-TICKらしさ"が溢れています。ぜひBUCK-TICKが作り出す素晴らしい音世界をお楽しみください!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiセブンパーク天美店:タワあまスタッフが贈る、ランニングにぴったりな10曲 ~ちょっぴりランナー~

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉TOWERminiセブンパーク天美店:タワあまスタッフが贈る、ランニングにぴったりな10曲 ~ちょっぴりランナー~

2022年のお正月、1年の抱負として掲げたランニング。いつ始めようかと悩んでいたら、あっという間に終わってしまった2022年。「もしランニングを始めていたら、きっとこんな曲を聞いていたかも。」そんな妄想だけで選んだ10曲です。ランニングをしている方も、そうでない方も、心も体もハッピーになれる渾身の10曲をどうぞ。来年こそはランニングを始めたい(願望)。

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉盛岡店:盛岡店2022年の推し

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉盛岡店:盛岡店2022年の推し

2022年にタワレコ盛岡店にて推したアーティスト、地元びいきな選曲、等‥ロック・CITYPOP・SSW盛り込んだ10選!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉なんばパークス店:タワーレコードなんばパークス店 狼煙(のろし)の10曲

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉なんばパークス店:タワーレコードなんばパークス店 狼煙(のろし)の10曲

現在臨時店舗で営業中ですが、2023年春には新店舗として正式に移転オープンします。移転前の難波店のスピリッツはそのままに、新たになんばパークス店を支えるスタッフ達にとっても節目となった2022年。そんな2022年にリリースされた楽曲の中から、スタッフ達がそれぞれ節目の1曲をセレクトしました。人が違えば好みも様々、ジャンルレスで一見共通点のなさそうな選曲ながらも、一つにまとまって作り上げる様はお店作りも同様。それぞれの根底にある音楽への愛の深さを存分に発揮する為の活力!新店舗への希望!この10曲に思いを込めた、なんばパークス店の狼煙(のろし)的プレイリスト!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉津田沼店:津田沼店スタッフ、ベストソング2022!!

〈TOWER RECORDS STORE 2022 CHOICE〉津田沼店:津田沼店スタッフ、ベストソング2022!!

スタッフが選んだ2022年リリースのベストソング×10!!K-POPから話題のあの曲、伝説のあのバンドの復活曲などなど是非お聴き下さい!

テンション上げてこっ!!EXILE TRIBE!!

テンション上げてこっ!!EXILE TRIBE!!

EXILE TRIBEアーティストの楽曲の中からハイテンションでカロリー高めの夏フェスのような、テンション上げたい時にぜひ聴いて頂きたいプレイリストを作成しました!LIVEでも毎回盛り上がりを魅せるEXILE THE SECOND"Going Crazy"やパフォーマンスが印象的なEXILE"DANCE INTO FANTASY"、"NEO UNIVERSE"、三代目JSOULBROTHERS"Rat-Tat-Tat"、そして白濱亜嵐さんが加入されたPKCZの"GLAMOROUS"も必聴です!!さらにEXILE SHOKICHI、ØMI、今市隆二、岩田剛典などソロ楽曲からも選曲してみました!どれもこれもアドレナリン大放出な心躍る楽曲です! Tower Records' Staff edited by AP (EXILE TRIBEの沼から抜け出せない、LIVEに行くのが生き甲斐。踊りたくなるようなテンション高めな曲が大好物。元々はスカパンクバンド好き。)

大切な人を想って聴くSUPER BEAVER

大切な人を想って聴くSUPER BEAVER

映画「東京リベンジャーズ」の主題歌で、大切な人との出会いと今を再認識させてくれる『名前を呼ぶよ』をはじめとして、最新のアルバムの表題曲『東京』、彼らの考える「愛」について歌った曲『愛しい人』、彼らの代名詞ともなっている言葉のタイトル曲『あなた』、真っ直ぐな感謝を伝えてくれる曲『ありがとう』など心温まる、時には寂しくなる音楽を集めたプレイリストです。好きな人や恋人、友人や家族など、あなたの大切な人を想ってお聴きください。 Tower Records' Staff edited by てま(音楽好きのしがない一般人。英語を勉強しているものの聴く音楽はJ-POPばかり)

ぶちあげろ!とにかくアガるSUPER BEAVER

ぶちあげろ!とにかくアガるSUPER BEAVER

「僕のヒーローアカデミア」のOPにもなった最新曲『ひたむき』や「ハイキュー!!」のOPになった『突破口』、ライブの定番曲である『青い春』『東京流星群』『正攻法』など、ビーバーといえばやはり真っ直ぐ盛り上がる曲!特に『空の彼方』や『ILP』は隠れた名曲で個人的にお気に入り。〈こんな幻のセトリがあればいいな〉という想像を膨らませて、作成したので是非お楽しみください! Tower Records' Staff edited by てま(音楽好きのしがない一般人。英語を勉強しているものの聴く音楽はJ-POPばかり)

感傷的なSUPER BEVAER

感傷的なSUPER BEVAER

SUPER BEAVERは真っ直ぐな曲のイメージが強いですが、現実から目を逸らさないその姿勢故に、感傷的な曲も最高です。1度目のメジャーレーベルで最後のミニアルバムとなった「SUPER BEAVER」の『ささやかな』や、自主レーベル〈I×L×P× RECORDS〉時代に生まれ、今なお人気の『your song』『それでも世界が目を覚ますのなら』、〈NOiD〉時代にリリースしたアルバムの表題曲である『361°』や『27』、そして今や代表曲の一つともなった『人として』など、感傷的な音楽はSUPER BEAVERを語るには外せません。厳しい現実を生きてきたSUPER BEAVERだからこそ、響く音楽です。 Tower Records' Staff edited by てま(音楽好きのしがない一般人。英語を勉強しているものの聴く音楽はJ-POPばかり)

疲れた時に聴きたいエレカシ

疲れた時に聴きたいエレカシ

疲れすぎて聴きたい曲がない、なんて時にもぜひ聴いてみてほしいです。「部屋」の歌い出しの声、恋人に語りかけるような詞、“そこの椅子に掛けなよ 今すぐに コーヒーでも淹れるとしよう 不快な出来事も少しなら僕が癒せるかもしれない”の歌声で、大抵の疲れや悲しみはどこかへ行ってしまいます。1st Albumから「やさしさ」「浮き草」「てって」「夢の中で」。20代のミヤジの歌声と言葉が体に染み込んでくる感じが心地良い!「too fine life」で“明るき未来を つらき今日を”「無事なる男」で“こんなもんかよ。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。”と未来への希望を歌い「DEAD OR ALIVE」で“奈落の底まで堕ちてく生命”「クレッシェンド・デミネンド」で“疲れた時には孤独になれ”と暗く静かな場所へ連れていってくれる。どの曲も側に寄り添い、まっすぐでやさしい歌声で、この世の美しいものや大切なものを教えてくれるような曲たち。 Tower Records' Staff edited by H (エレカシが好き。その生き様を見続けたい。)

青春やるなら、ELLEGARDENを聴け!

青春やるなら、ELLEGARDENを聴け!

学生時代、悩んだひとりの帰り道、友達と盛り上がった音楽談義、頭を爆音でいっぱいにしたい時、いろんなシーンにELLEGARDENの曲があった。4人が復活した今、青春の真っ只中にいるあなたにも聴いてほしい!盟友を想って書かれた「スターフィッシュ」、みんなで盛り上がる「Cakes and Ale and Everlasting Laugh」「Red Hot」、モヤモヤから抜け出せない背中を押してくれる「ジターバグ」「虹」など全28曲をセレクト。 ひとりの、みんなの、明るい、暗い、どの青春にもELLEGARDENは隣で音を鳴らしてくれる!是非聴いてみて! Tower Records' Staff edited byぱぴ(私のアツいアルコール活動!アルカツ!始まります!!フフッヒ というくらいにお酒が好きです。)

R.I.P.-KEITH LEVENE-P.I.L.  -追悼キース・レヴィン-

R.I.P.-KEITH LEVENE-P.I.L. -追悼キース・レヴィン-

ポストパンクの象徴P.I.L.のギタリストとして知られるキース・レヴィン氏が逝去されました。彼の乾き切った鋭利なギターはポストパンク・サウンドの代名詞であると同時に、P.I.L.の実験性においてバンドの頭脳として時にギターを置き、ほとんどの楽器を演奏し革新的なサウンドを形成しました。また、THE CLASHの創設メンバーとしても知られ、1977年のデビュー作『The Clash』に収録されている「What’s My Name」の作曲に参加(レコーディング前に脱退)、ジョー・ストラマーをバンドに紹介した人物としてパンクを語る上でも外せない重要人でした。P.I.L.脱退後も盟友ジャー・ウォブルと共にダブを追及、紙ヤスリを表面にあしらった特種仕様のCD(このパンク精神には感動!)をリリースするなど、独自の活動をしていました。彼のヒリヒリするギターサウンドを味わえる初期P.I.L.を中心に、この偉大なるパンクサウンドを是非味わってみて下さい! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

こんな星の夜は誰かに会いたくなる、PUNKでROCKなプレイリスト

こんな星の夜は誰かに会いたくなる、PUNKでROCKなプレイリスト

ELLEGARDENによる、100点満点のロマンチックナンバー『スターフィッシュ』を中心に、恋人・大切な人・家族...誰かに会いたくて夜に駆け出したくなるようなちょっぴりエモい楽曲たちをそろえました!まだ出会った事無い方も多いのでは?ガレージロックバンド、w.o.d.による『オレンジ』、パンクロックキッズは誰もが通るGreen Dayの大名曲『Wake Me Up When September Ends』、PUFFY亜美ちゃんとの掛け合いが優しく涙が出そうになるKen Yokoyama『I'm Not Afraid When I'm With You』etc…洋邦織り交ぜた幅広い年代に刺さって欲しいプレイリストです!好ハオ! Tower Records' Staff edited by A・Y・P(新宿タワー~野球とフレブルと、時々、ズドン~)

ELLEGARDEN 裏BEST

ELLEGARDEN 裏BEST

ELLEGARDEN 『No.13』『モンスター』などライブ必須盛り上げナンバーから、『Lonesome』といった人気の根強い初期のミドルナンバーまで!ベストアルバムには収録されてない楽曲で揃えた、これぞ裏BEST!学生だったあの頃の自分に『自分で稼いだお金でエルレの新譜買える日が来たぞ!』と伝えてあげたい!!! Tower Records' Staff edited by A・Y・P(新宿タワー~野球とフレブルと、時々、ズドン~)

JAPANESE HIPHOP 2022 セレクト50

JAPANESE HIPHOP 2022 セレクト50

大型の国内のHIPHOPフェスが次々と開催され、生で音楽を聴く機会が増えた2022年。人生の糧となる楽曲に出会ったり、お気に入りの曲が増えた1年だったのではないでしょうか! 私が選ぶ2022年を代表するJAPANESE HIPHOPセレクト50のカバーには、″ファンがいれてるVaVaのタトゥー″のパンチラインに今年イチくらったVaVaの『VVARP』をチョイス。前作から7年の時を経てCD/LP化したOMSBの『ALONE』からは、Hookで片手を上げて意思表示したい「 LASTBBOYOMSB 」をピックアップ!日本武道館に君臨したライブも記憶に新しいAwichから、自分を鼓舞するお守り的ソングになった「44 Bars」、独特な雰囲気とフロウに2022年初っ端から惹かれ、客演にRalphを迎えリリースしたJUMADIBAの 「Kick Up feat. ralph」など、今後の活躍に注目していきたいアーティストも選曲してみました!2022年(1月~11月)にリリースされた膨大な楽曲からオススメ厳選50曲をお届け! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

言葉の魔術師、桑田佳祐の詞を聴け!

言葉の魔術師、桑田佳祐の詞を聴け!

桑田佳祐が天才と呼ばれる所以のひとつ、その独特極まる歌詞の世界を耳で堪能してほしい。サビで連呼するタイトルが“スケベ”に聴こえる空耳ソング「Skip Beat」、韻を踏みまくった「ハートに無礼美人」、日本ならではの哀愁染みる名曲「月」、造語を大胆にサビにもってくる衝撃の「シュラバ・ラ・バンバ」、日本語のもつ美しさに気づかされる「簪/かんざし」や「ほととぎす【杜鵑草】」などなど流れるような言葉のリズムを生み出す巧みな言葉のチョイス、独特な言い回し、また詩的で文学的な表現力にとくに秀でていると思う楽曲を選びました。それから、もうほとんど言っちゃってるよねっていう究極の下ネタ「クリといつまでも」なんておふざけも桑田曲になくてはならない要素。 耳で意識してはじめてわかる言葉のリズムの心地よさ、驚き、そしてメロディーにのることで歌詞の世界を桑田佳祐がどう聴き手に届けたいか、まずは聴いて感じていただけたら。 Tower Records' Staff edited byドラミ(好きなものはアメハー、ナタキン、カレーパン。浅くても広くが信条の永遠のリスナー)

桑田と同世代だよ全員集合!

桑田と同世代だよ全員集合!

桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎「時代遅れのRock’n’Roll Band」のリリースをきっかけに、桑田佳祐と同じ1956年生まれと1955年生まれ(調べてみたら錚々たるメンツだったので)アーティストをピックアップし、同世代プレイリスト1955-1956に。作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎によるアグネス・チャン「アゲイン」やキャンディーズ後期の名曲「微笑みがえし」といったアイドル曲から、「銃爪」はじめA.R.Bや.THE MODSなどまたサザンとは異なるタイプのロック、桑田佳祐と同じくブラック・ミュージックを下地にしデビュー前から接点のあったシャネルズの名曲「ランナウェイ」、演歌など様々な楽曲を選曲。個人的には演歌組ながらドゥービー・ブラザーズを彷彿させるイントロを聴かせる新沼謙治「黒潮列車」が興味深かった。ちなみにラスト5曲は洋楽の1978年デビュー・アルバムからボーナス・トラック的にセレクト。 Tower Records' Staff edited byドラミ(好きなものはアメハー、ナタキン、カレーパン。浅くても広くが信条の永遠のリスナー)

尖り尖ったクワタ/サザンの逸脱ソングス

尖り尖ったクワタ/サザンの逸脱ソングス

デビュー曲「勝手にシンドバッド」ですでに常識から逸脱。現在まで多角的に尖ってきたサザン~桑田佳祐関連の楽曲からとくに音楽シーンに重要な一石を投じたであろう楽曲に加え、個人的に衝撃を受けた楽曲をセレクト。 歌詞読んだらなんでお菓子のCMに使ったん?ってなる「C調言葉に御用心」、一般リスナーから評論家までも唸らせた名バラード「いとしのエリー」、当時桑田のオフザケ度ヤベェと世間を騒然とさせた「マンピーのG★SPOT」、あまりに斬新な言葉の響きと和を感じさせつつ壮大なテーマをもった詞世界に驚かされる「愛の言霊」、おそらく桑田関連作の中で最もテーマの重い曲のひとつ「愛なき愛児」などなど、いま聴いてもいつ聴いても驚かされる全25曲。 Tower Records' Staff edited byドラミ(好きなものはアメハー、ナタキン、カレーパン。浅くても広くが信条の永遠のリスナー)

スピッツライブ定番曲

スピッツライブ定番曲

スピッツのファンだからこそわかる、スピッツのライブで耳にすることが多いのはこの曲!有名な曲は数あれど、ライブバンドを全面に出してくるスピッツのライブ定番曲を選曲。1度聴いたら忘れられないワクワク感がたまらないライブ登場曲 にもなった「SUGINAMI MELODY」、みんなでワイパーの動作をして一緒に楽しむ「スパイダー」、ベースの田村さんから目が離せなくなる代表曲「8823」に「けもの道」。などなどセレクトした全21曲からは、爽やかなイメージとは違ったロックバンドの姿が見えてきます。ライブに行ったことある人も、ない人も、これから行く予定の人にもオススメ楽曲になっています。ぜひ。 Tower Records' Staff edited byゆけたん(#全力スピッツ タチタチスタッフ!スピッツ好きアーティストをdigって音楽大陸漫遊中。)

毎日をアゲる!ELLEGARDEN!

毎日をアゲる!ELLEGARDEN!

通勤や家事など、もうちょっと踏ん張って勢いをつけたい時に聴きたいアガるELLEGARDENプレイリスト。始まりを告げる「Surfrider Association」からスタートし、ライブを盛り上げる「Supernova」「No.13」「風の日」、ハッピーになる「Wannabies」「Cakes And Ale Everlastinglaugh」。もちろん締めは「Make A Wish」をセレクト。いろんな毎日をこのプレイリストで乗り切って、またみんなでライブハウスに帰りましょう! Tower Records' Staff edited byぱぴ(私のアツいアルコール活動!アルカツ!始まります!!フフッヒ というくらいにお酒が好きです。)

世界を踊らせる逆輸入バンド

世界を踊らせる逆輸入バンド

海外のリスナーから注目を集める世界を沸かせる逆輸入バンド。Boredoms"OK"、MELT-BANANA"Moon Flavor"、Boris"Chained"、Cibo Matto"King of Silence"、少年ナイフ"PEOPLE TRAPS"、Mono"Halo"の歴史に名を刻んだアバンギャルド~ポップな楽曲から、Kikagaku Moyo"Maison Silk Road"、De Lorians"goodbye nothing"、BOARD"Be Hated"、The fin."Deepest Ocean"、DYGL"Under My Skin"ら、近年注目を集めているバンドによるサイケデリック~グルーヴィーな楽曲をセレクト!国境を軽々超えて躍らせる熱狂的なサウンドをぜ!! edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

〈豆柴の大群×TOWER RECORDS MUSIC〉タワレコスタッフセレクト

〈豆柴の大群×TOWER RECORDS MUSIC〉タワレコスタッフセレクト

豆柴の大群×TOWER RECORDS MUSICキャンペーン開催中!(2022年12月31日まで) キャンペーン期間中、豆柴の大群『MUST CHANGE』をタワレコで購入すると、豆柴の大群×TOWER RECORDS MUSIC限定メンバーデジタルサイン入りオリジナル待ち受け画像DL用特典コードを先着でプレゼント。ぜひタワレコでお買い物して特典をゲットしてください! ここでは、タワレコスタッフによる、豆柴の大群セレクトをお届け。 Edited by Tower Records' Staff.豆柴の大群

Timing -Late 90's Japanese Dance/Groovy Pop-

Timing -Late 90's Japanese Dance/Groovy Pop-

90年代後期「ディーヴァ」「歌姫」などの語が盛んに用いられ、J-POPシーンにも海外のR&Bなどのブラック・ミュージックからの影響を感じさせる音楽が増えていきました。今回は90年代後期にリリースされたそうした傾向のある楽曲を中心にピックアップ。『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から生まれた企画ユニット ブラックビスケッツのセカンド・シングル「Timing~タイミング~」、テレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』よりのユニット 野猿「Be cool!」、三浦大知や満島ひかりらが在籍したFolderのファースト・シングルで小森田実が作曲・編曲を手掛けた「パラシューター」、MISIAが1998年に発表したミニ・アルバム『THE GLORY DAY』より松井寛作曲・編曲の「INTO THE LIGHT」、ドリカム吉田美和擁するソウル歌謡デュエットFUNK THE PEANUTSのファースト・シングル「恋の罠しかけましょ 〜FUNK THE PEANUTSのテーマ〜」、SPEEDのヒトエによるソロプロジェクト HITOE'S 57 MOVE(ヒトエズゴナムーブ)による「INORI」などをセレクト。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

歌うダンディズム-80's俳優シティ・ポップの世界-

歌うダンディズム-80's俳優シティ・ポップの世界-

80年代の映画/テレビ/舞台などで活躍した男性俳優諸氏の中には優れた録音作品を残された方も多く、今回はそんな楽曲群の中からシティ・ポップ的な楽曲をピックアップ。1981年『太陽にほえろ!』で役者デビューした渡辺徹が翌1982年に発表した歌手デビュー・シングル「約束」、元はザ・サベージやザ・ホワイト・キックスでのベーシストであった寺尾聰が1981年にリリースした大ヒット・シングル「ルビーの指環」、鹿賀丈史が1980年の劇団四季退団の翌年に発表したシングル「ハーバーライト」、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のモデルを経て1988年に役者デビューした阿部寛が同年に発表したアルバム『ABE』より作詞:松本隆/作曲:村田和人/編曲:松下誠の「渚へ」、バブル期トレンディ・ドラマの主演を多くつとめた三上博史がその喧騒の中の1988年に発表したアルバム『G.O.D.S.』よりじゃがたらOTO作曲「SANCTUARY」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Loungin' -ELECTRONIC FLAVOR-

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Loungin' -ELECTRONIC FLAVOR-

今回はソウルを"唄心を感じるもの"と解釈。冬の空気感をまとったサウンドを基調に3つのテーマでお届け。 Loungin' -ELECTRONIC FLAVOR- 編は、冬を想起する哀愁漂うMONDO GROSSO「NOW YOU KNOW BETTER」から開始。砂原良徳「BALANCE」、韓国のDJデュオSalamanda「Overdose」、中国出身のYu Su「Gleam」とアジアの電子音作家が並ぶ。アルゼンチンのAoiii「Japanese 76」やマレーシアのTaiyo Ky「Trip4luv」で彩りが豊かに。rei harakami「last night」の芸術的な残響を手がかりに、Mark Barrott「Winter Sunset Sky」まで展開。"Lounge"のように踊るも寛ぐにも! Tower Records' Staff edited by IT=OK([音楽を掘ること=楽しく生きる秘訣]だと思っている渋谷店7FのCLUB/NEW AGEバイヤー。学生時代にDJ活動を開始。中古レコード会社の広報を経て、音楽の素晴らしさの発信に燃える日々!)

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Cruisin' -JAZZ FLAVOR-

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Cruisin' -JAZZ FLAVOR-

今回はソウルを"唄心を感じるもの"と解釈。冬の空気感をまとったサウンドを基調に3つのテーマでお届け。 Cruisin' -JAZZ FLAVOR- 編は、Radio Headの極上アレンジPete Kuzma & Bilal「High & Dry」から、ご機嫌なジャズ・ヴォーカルへ"Go Cruising"。Pino Palladino参加のD'Angelo「Feel Like Makin' Love」、Pete Rock「Take Your Time」のヴィブラフォンの音色を頼りにRoy AyersワークスSylvia Striplin「You Can't Turn Me Away」へ。冬を描写したD-sk「Winter Lane (Nujabes Remix)」、Shing02参加のYakkle「愛密集」等収録! Tower Records' Staff edited by IT=OK([音楽を掘ること=楽しく生きる秘訣]だと思っている渋谷店7FのCLUB/NEW AGEバイヤー。学生時代にDJ活動を開始。中古レコード会社の広報を経て、音楽の素晴らしさの発信に燃える日々!)

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Dreamin' -POPS FLAVOR-

冬に効くソウルなスパイス香る音楽 Dreamin' -POPS FLAVOR-

今回はソウルを"唄心を感じるもの"と解釈。冬の空気感をまとったサウンドを基調に3つのテーマでお届け。 Dreamin' -POPS FLAVOR-編は、冬のそよ風を感じるMoonchild「Winter Breeze」、Rosie Lowe「Control」と女性ヴォーカル陣が"Dreamy"な世界へ誘う。Tom Misch「Nightgowns Feat. Loyle Carner」、Oscar Jerome「Joy Is You」とクールなギター、多幸感溢れるMocky「Birds of a Feather (Remix)」にGZA登場で開眼。星野 源「喜劇」、七尾旅人「サーカスナイト」で再び夢の中へ。The Zenmenn「Bella Fantasia」にWham!「Last Christmas」へ隠し導線あり! Tower Records' Staff edited by IT=OK([音楽を掘ること=楽しく生きる秘訣]だと思っている渋谷店7FのCLUB/NEW AGEバイヤー。学生時代にDJ活動を開始。中古レコード会社の広報を経て、音楽の素晴らしさの発信に燃える日々!)

JAPANESE HIPHOP 202211 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202211 マンスリーセレクト30

カバーには、川崎の伝説的ヒップホップクルーSCARSのA-THUG、bay4k、BESを迎えたDJ SPACE KID & KWSK AGGY「G.O.A.T. remix」をチョイス!美空ひばりをサンプリングした、DJ TATSUKI「TOKYO KID」はZeebra & 般若を客演に迎えたremix ver.が登場!東京を代表するラッパーとの新たな東京アンセムが誕生。ラストライブは日本武道館での単独公演を発表した、KANDYTOWNの3rdアルバム『LAST ALBUM』からは、「You Came Back 」をチョイス。 tohjiと活動するクルーMall Boyzのメンバーgummyboyの新曲「wit me」はグミボらしい世界観が広がる楽曲となっている。11月度リリースの厳選楽曲をお届け! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

524! 524!! 524!!! 小西康陽リミキシーズ

524! 524!! 524!!! 小西康陽リミキシーズ

ピチカート・ファイヴの一員として、また優れたソング・ライターとしてアレンジャーとして多くの楽曲を手掛けてきた小西康陽がリミキサーとして手掛けてきた楽曲をピックアップ。言わずと知れた国産パーティ・チューンをさらにアゲ化した「マツケンサンバⅡ (READYMADE SHOGUN MIX 2004)」、兄弟ユニット期キリンジのメロウ楽曲をダンスメドレー化した「君の胸に抱かれたい〜エイリアンズ [readymade 524 mix double]」、ピチカート・ファイヴ二代目ヴォーカリストでもあった田島貴男によるユニットOriginal Loveのアルバム『L』収録曲をリミックスした「羽毛とピストル readymade bellissima '99 mix」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

〈Task have Fun×TOWER RECORDS MUSIC〉タワレコスタッフセレクト

〈Task have Fun×TOWER RECORDS MUSIC〉タワレコスタッフセレクト

Task have Fun×TOWER RECORDS MUSICキャンペーン開催中!(2022年12月31日まで) キャンペーン期間中、Task have Fun『Violet tears』をタワレコで購入すると、Task have Fun×TOWER RECORDS MUSIC限定デジタルフォト用特典コードが記載されたカードを先着でプレゼント。ぜひタワレコでお買い物して特典を楽しんでください! ここでは、タワレコスタッフによる、Task have Funセレクトをお届け。 Edited by Tower Records' Staff.

何も考えずに過ごしたいトキのLiSAうた。

何も考えずに過ごしたいトキのLiSAうた。

頭を空っぽにして、ガンガンLiSAちゃんの音楽を聴きたい。そんな時に私が聴く楽曲たちの一部を集めてみました!どんな楽曲たちも選びきれないくらい、ずっとガンガン聴いていたい…。「EGOiSTiC SHOOTER」からの「悪女のオキテ」はたまらない…。途中に挟んだ「GL」、そしてラストの「逃飛行」に心揺さぶられます…! Tower Records' Staff edited by ML(LiSAちゃんを愛してやまない20代LADY!声が高い男性バンドに惹かれがち…。)

STRANGE LOVE

STRANGE LOVE

冬といえばラブソングですが、この世に無数に存在するラブソングから、あまり取り上げられない〈LOVE〉についての歌?を幾つかセレクトしました。PETER IVERS「Send Your Love Over」、SYD BARRETT「Love You」、ARTHUR RUSSELL「Love Comes Back」など鬼才が唄う〈LOVE〉をはじめ、VAN MORRISON「Crazy Love」、BOB DYLAN「Make You Feel My Love」等多くのカヴァーも生んだ名バラードも並べつつ、ラストはNEW AGE STEPPERS「Love Forever」締め。一部ラブソングとは言えないような楽曲もありますが、一風変わった愛についての歌を味わってみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

至高の歌声-美しきファルセット-

至高の歌声-美しきファルセット-

美声、神童、神の声。冬にぴったりな美しき歌声を持つアーティストをまとめました。元祖天使の歌声ともいえるJEFF BUCKLEYからRADIOHEAD(THOM YORKE)、そしてJAMES BLAKE、BON IVERと繋がる流れを軸に、アイスランドから唯一無二の歌姫BJORK、SIGUR ROS、MUM等、孤高の歌声という事では外せないANTONY & THE J OHNSONS、息を呑むFKA TWIGS「Cellophane」まで。身体の奥まで響き渡り、冬に映える至高のファルセット、聴き込むほど冷えそうで実は芯から暖まる壮観な歌声をセレクトしました。是非冬を感じつつその歌声に溺れてみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

WARM WINTER WIND-冬の風を暖かくする歌-

WARM WINTER WIND-冬の風を暖かくする歌-

冬に聴きたい洋楽の穏やかで温もりある歌とサウンドを集めました。NICK DRAKEの「Bryter Layter」で幕開け、NEIL YOUNG「Winterlong」、JONI MITCHEL「Winter Lady」、MUMFORD & SONS「Winter Wind」といった冬をタイトルに掲げた名曲の他、HOPE SANDOVAL、VASHTI BUNYAN、JUDEE SILLといった女性の歌声に暖まり、KEVIN AYERS、ROBERT WYATT、I POOHなどプログレ周りから一風変わった超私的な楽曲まで。最後はTHE POGUESのアンセム「Fairytale Of New York」を経て御大BOB DYLAN「Winterlude」をEDテーマ的に。冬の風を少し暖かくするサウンドを是非。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

心ぽかぽか、涙ぽろぽろLiSAソング

心ぽかぽか、涙ぽろぽろLiSAソング

心をじんわりぽかぽかにしてくれたり、心にぐっときて涙が出てくる、そんなLiSAちゃんの楽曲を集めました…!ホッと息のつける「シフクノトキ」から始まって「笑ってほしくて」の歌詞が温かくて心がぽかぽかしたり、「炎-From THE FIRST TAKE」で泪が溢れて止まらなくなったり…。LiSAちゃんの楽曲たちに囲まれて過ごしてみてください…♡ Tower Records' Staff edited by ML(LiSAちゃんを愛してやまない20代LADY!声が高い男性バンドに惹かれがち…。)

がんばる力をくれるLiSAちゃんの曲

がんばる力をくれるLiSAちゃんの曲

勇気が出ない、元気が出ない、がんばれない…、でも何かをしなくちゃいけない時に一歩前に進むための力をくれる…そんなLiSAちゃんの曲たちを集めました☆色とりどりのLiSAちゃんの楽曲たちはどんな気分の時だって、いつだって寄り添ってくれるお守り。さぁ「往け!」と言わんばかりにスタートして、「Mr.Launcher」で飛ばして、「NEW ME」に辿り着きます! Tower Records' Staff edited by ML(LiSAちゃんを愛してやまない20代LADY!声が高い男性バンドに惹かれがち…。)

小西康陽二十世紀外仕事集

小西康陽二十世紀外仕事集

ピチカート・ファイヴの一員として90's渋谷系ムーブメントの立役者となった小西康陽が80~90年代に作曲や編曲でかかわった外仕事をピックアップ。2022年の「レコードの日」では発売から30年を経ての7インチ化となった細川ふみえ「スキスキスー」、ユニコーンによるTMネットワークパロディ的ノベルティソング「PTA~光のネットワーク」、さすが村田陽一アレンジと唸るコニタン作詞作曲のブラスロック歌謡 和田アキ子「真夏の夜の23時」、作曲は元ザ・ブレイカーズの篠原太郎で小西によるフィル・スペクター風アレンジにニヤっとする須藤薫「つのる想い」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

孤高の天才 rei harakamiの軌跡

孤高の天才 rei harakamiの軌跡

その唯一無二のサウンドでテクノ~エレクトロニカシーンの概念を覆した鬼才、rei harakami。UA”閃光"、くるり"ばらの花”、平井堅“僕は君に恋をする"、サカナクション"ネイティブダンサー"等のリミックスを始め、幻のファーストアルバム『unrest』から金字塔的名盤の『Red Curb』『lust』より彼の代表曲、矢野顕子や原田郁子とのコラボ曲まで彼の軌跡を辿る名曲をセレクト。胸を締め付けるほどの美しい音階と、繊細なビートや電子音を自在に操る妙技はまさに歴史に名を刻むほど。圧倒的な傑作たちをぜひ。 edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

中島みゆきの横顔 -彼女の多面的な魅力-

中島みゆきの横顔 -彼女の多面的な魅力-

中島みゆきがシングルの中で発表してきた曲の中から、ロック色が強いものやシティ・ポップとしても聴けるものなど、彼女の多面的な魅力を感じられる楽曲をピックアップ。中島自身初のミリオンセラーシングルとなった「浅い眠り」、元モップス星勝アレンジによる1981年のシングル曲「あした天気になれ」、久我陽子が覆面歌手YOKOとして発表した楽曲のセルフカヴァー「闘りゃんせ」、布袋寅泰や北島健二らが参加したロック色の強いアルバム『miss M.』よりのシングルカット「ショウ・タイム」、スティービー・ワンダーによるハーモニカが沁みる「つめたい別れ」、ももいろクローバーZへの提供曲のセルフカヴァー「泣いてもいいんだよ 」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

BYE BYE WILKO -追悼ウィルコ・ジョンソン-

BYE BYE WILKO -追悼ウィルコ・ジョンソン-

70年代パブロックシーンを牽引したドクターフィールドのオリジナルメンバーにして最も危険なギタリスト、ウィルコ・ジョンソンが先日逝去されました。ピックを使わない独特な奏法と、鋭利なカッティング、マシンガンのようにギターを構えるその唯一無二のスタイルは、後のパンクロックムーブメントをはじめ、日本でもミッシェル・ガン・エレファント等に多大な影響を与えました。シーナ&ロケッツの鮎川誠をはじめ、日本とも親交が深く、病気を克服してはフジロック等で度々来日。その偉大かつ狂おしいギターサウンドをほんの一部まとめました。ライブのラストでお馴染みだった「BYE BYE JOHNNY」に掛け、バンド時代の名曲「She Does It Right」「Roxette」は勿論、ソロ名曲からジョニサン等の客演曲までを厳選、是非そのカミソリサウンドを味わってみて下さい!苗場の空を切り裂いたマシンガンギターを一生忘れません。I REALLY LOVE YOUR ROCK 'N' ROLL!BYE BYE WILKO! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

冬の夜空を染める国産グッドミュージック

冬の夜空を染める国産グッドミュージック

STUTS、butaji、YONCEらが参加したMirage Collective"Mirage Op.3"を筆頭に、KID FRESINO"Coincidence"、STUTS"夜を使いはたして feat. PUNPEE"、田我流"センチメンタル・ジャーニー"の国産ヒップホップから、URBAN VOLCANO SOUNDS"そして、カーティスは途方に暮れる"、Slowly"I Like It feat. Jasmine Kara"、asuka ando"ふゆのおわり"のラヴァーズ・ロック、くるり"WORLD'S END SUPERNOVA"、高野 寛,田島貴男”Winter's Tale"、KIRINJI"エイリアンズ“の時代を超えた名曲系、そしてスチャダラパー"SANTAFUL WORLD"、電気グルーヴ"東京クリスマス"、坂本慎太郎"物語のように"の変化球まで、冬の夜空に映える楽曲をセレクト。澄んだ漆黒の空を見上げ、ノスタルジーに浸ったり、走りたくなったり…そんな冬の夜を。 edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

WINTER A-GO-GO

WINTER A-GO-GO

寒い季節、雪景色が似合いそうな、冬に聴きたいインディロックをセレクト。YO LA TENGO「Winter A-Go-Go」を看板に、NEIL YOUNG「Winterlong」のPIXIESカバー、BELLE AND SEBASTIAN「Winter Wooskie」、TEENAGE FANCLUB「December」など、USオルタナ巨人やグラスゴーギターポップ冬の名曲から、SNAIL MAIL、JULIEN BAKERら新世代オルタナガール、現行インディーフォーク最高峰BIG THIEFまで。何となく冬が似合う轟音とメロディー、程よく歪んだギターサウンドと心地良いストローク、身体の芯に刺さる掠れた歌声を中心に集めました。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

ダンス!ダンス!ダンス!アニソン80s後期編

ダンス!ダンス!ダンス!アニソン80s後期編

80年代後期に発表されたアニメ・ソングの中からアゲアゲなポップ・ソングをピックアップ。『北斗の拳2』OPテーマで子供バンドのうじきつよしプロデュースによるTOM☆CAT「TOUGH BOY」、『名門!第三野球部』OPテーマで田村直美擁するロック・バンドPEARLのデビュー・シングル「誓書 -バイブル-」、『機動戦士ガンダムZZ』OPテーマで元パルの新井正人のソロ・デビュー・シングル「アニメじゃない~夢を忘れた古い地球人よ」、『美味しんぼ』OPテーマで林哲司作曲による中村由真「Dang Dang 気になる」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

80sアイドル×アニソン

80sアイドル×アニソン

80年代は現在につながるアニメブームの勃興期で数々の名作が生み出された時期でしたが、その主題歌などで使用された楽曲にもイイ作品が多くありました。そんな中から女性アイドルが歌唱を担当した楽曲をピックアップ。『魔法の天使クリィミーマミ』OPテーマで「スター誕生!」出身 太田貴子のデビュー・シングル「デリケートに好きして」、『機動戦士Zガンダム』後期OPテーマで森口博子のデビュー・シングル「水の星へ愛をこめて」、『超獣機神ダンクーガ』OPテーマでのちにC.C.ガールズでも活躍する藤原理恵のデビュー・シングル「愛よ ファラウェイ」、『めぞん一刻』OPテーマで玉置浩二が作曲を手掛けた斉藤由貴「悲しみよこんにちは」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ダンス!ダンス!ダンス!80's BOYS POP

ダンス!ダンス!ダンス!80's BOYS POP

80年代に男性のアイドル/俳優/タレント/コメディアンがリリースしたアゲアゲなポップ・ソングをピックアップ。「カネボウ夏のキャンペーンソング」でNOBODYが手掛けた作曲吉川晃司「にくまれそうなNEWフェイス」、中崎英也作曲によるダンサブルなシティ・ポップ 中井貴一「愛しのサブリナ」、新田一郎のアルバム曲のカヴァーで沢田研二42枚目のシングル「渡り鳥 はぐれ鳥」、ダウンタウンが二人頬寄せるジャケットも印象的なミニ・アルバム『GOBU-GOBU』より井上ヨシマサ作曲「Friends」、羽賀健二による映画『ネバーエンディング・ストーリー』主題歌の日本語カヴァー 「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ダンス!ダンス!ダンス!1987年のIDOL POP

ダンス!ダンス!ダンス!1987年のIDOL POP

世はバブル真っ盛り、まるでその好景気が反映されたかのようにアゲアゲな女性アイドルによるポップ・ソングをピックアップ。BaBeのデビュー・シングルでありマイケル・フォーチュナティのカヴァー「Give Me Up」、早見優19枚目のシングルでありレディ・リリィ「Get out of my life」のカヴァー「ハートは戻らない」、松本典子7枚目のシングルでザ・スプリームス「You Keep Me Hangin' On」のカヴァー「KEEP ME HANGIN'ON〜誘惑を抱きしめて〜」、浅香唯・大西結花・中村由真による風間三姉妹が歌ったドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』主題歌「Remember」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

冬のオペラグラス 80s女性アイドルによる冬うた

冬のオペラグラス 80s女性アイドルによる冬うた

当時を知るリアルタイム世代はもちろん、Z世代のリスナーからも注目されている80年代のアイドルポップ。今回は、彼女らが生み出してきた楽曲の中から冬に聴きたい楽曲をピックアップ。おニャン子クラブの人気メンバーであった新田恵利のソロ・デビュー・シングル「冬のオペラグラス」、佐野元春がHolland Roseの筆名で作曲を手掛けた松田聖子「ハートのイアリング」、薬師丸ひろ子4枚目のシングル『Woman "Wの悲劇"より』のB面曲で呉田軽穂ことユーミン作曲「冬のバラ」、南野陽子が1988年12月に発表したクリスマス・アルバム『SNOWFLAKES』より小森田実作曲の「リフトの下で逢いましょう」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

静かに燃え広がる色香と残像。D.A.N.の名曲選。

静かに燃え広がる色香と残像。D.A.N.の名曲選。

「燃え盛る時代。静かに燃える。」(NO MUSIC.NO LIFE! ポスターより) 「ジャパニーズ・ミニマル・メロウ」と称され、D.A.N.の存在感を世に知らしめた"POOL"、"SSWB"から、 初期を代表する"Change"、"Replica"、"Orange"、更なる深化を見せた"The Encounters”、"Bend"、"Floatingin Space"、 もはや彼らの代表曲ともいえる"NoMoon"、そして細野晴臣、Corneliusによるリミックスやライブ音源をセレクト! 探って掴んではっとして後を引きずる色香と残像。D.A.N.音の余韻に浸る快楽をぜひ。 edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

サッカー応援ソング/BGM 2022

サッカー応援ソング/BGM 2022

サッカー応援気分を盛り上げてくれるナンバーたちをセレクト! テンションを上げたいとき、スポーツをするときにもピッタリな曲を選びました。 Edited by Tower Records' Staff.

JAPANESE HIPHOP 202210 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202210 マンスリーセレクト30

カバーには、ライブなどで披露されてから配信を待ち望んでいたファンもいたはず、(私もその内の1人でもあります。)kZmの「Yuki Nakajo」ドラムンベースRemixをチョイス!guca owl(グカール)はファン待望の1年半ぶりのシングル「DIFFICULT」や、プロデュースにTOKYO HEALTH CLUBとしても活動するTSUBAMEを迎え、約1年ぶりのシングルをリリースしたKaoruko「baby face(feat.kZm)」都会的でwavyな1曲もセレクト。10月は3曲もリストインしたkZmの目覚ましい活躍に、今後のリリースにも大注目です。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

國府田マリ子のシティ・ポップ

國府田マリ子のシティ・ポップ

1991年から声優として活動してきた國府田マリ子は1994年より並行して歌手としても活動、数多くの楽曲を世に送り出してきました。そんなマリ姉が00年代に発表した作品群の中から、シティ・ポップ的な楽曲をピックアップ。故・宮田繁男が作曲・編曲を手掛けた「夏 雨 気持ち」、キングレコード移籍第1弾シングルで上田まり作詞・作曲の「淋しがりやの恋」、熊谷幸子作曲でk-mutoこと武藤敬一朗アレンジによる「シリアルとKISS」、西脇辰弥の作曲・編曲でバカラック感のある「スパイス」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ROCK!POP!DANCE!中森明菜!!!

ROCK!POP!DANCE!中森明菜!!!

中森明菜がこれまでに世に送り出してきた楽曲の中から聴くたびに気持ちが昂ぶる楽曲をピックアップ!「少女A」「1/2の神話」「十戒(1984)」といったシングル曲だけでなく、SHOGUNの芳野藤丸が作曲を手掛け大谷和夫がアレンジした「ダウンタウンすと~り~」、横浜銀蝿の翔が作詞作曲した『少しだけスキャンダル 』、角松敏生が作詞作曲編曲を手掛けた「UNSTEADY LOVE」、北島健二が作曲し北島健二擁するFENCE OF DEFENSEが編曲したロックバンバー「NIGHTMARE~悪夢」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

〈THE CREW〉日本を代表する6大クルー

〈THE CREW〉日本を代表する6大クルー

2022年11月3日に両国国技館にて、BAD HOP、CreativeDrugStore、KANDYTOWN、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND、YENTOWN、梅田サイファーの、ヒップホップシーンを代表するクルー6組による一日限りのスペシャルライブがいよいよ開催!こちらでは、もちろん当日参加予定のタワレコスタッフが、各クルーのオススメソングをセレクト。予習に復習にぜひ。それぞれ競演曲も多いだけに・・当日はそんなコラボ曲やレア曲が観れることも今から期待しちゃいます! カバーには、川崎市出身のBAD HOPのBenjazzyをフィーチャリングに迎えたBIM(CreativeDrugStore)の「Skippin' Rock」をチョイス。また、伝説のヒップホップクルーNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの金字塔「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」や、HIPHOP界のクイーンAwich(YENTOWN)の「Queendom」など、各クルーのオススメの楽曲をピックアップ!当日は盛り上がりましょう! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

JAPANESE HIPHOP 202209 マンスリーセレクト30

JAPANESE HIPHOP 202209 マンスリーセレクト30

カバーには、2023年3月でクルーとしての活動を終演すると発表したKANDYTOWNの3rd ALBUM『LAST ALBUM』から先行配信された「Curtain Call(feat. KEIJU, Ryohu, IO)」をチョイス。そのほか、hokutoが、2021年にリリースした2nd Album 『plums』デラックス盤より、18scottをフィーチャリングに迎えた「Babe」など、9月に配信開始になった、要注目楽曲選りすぐり30曲をセレクト。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

 スピッツ好きが選ぶ!スピッツの好きな歌

スピッツ好きが選ぶ!スピッツの好きな歌

シングル曲だけじゃない!アルバムにも名曲がいっぱい!淡い恋がはじける「仲良し」、しっとりと聴かせる「大宮サンセット」「ジュテーム?」、完全に心を持ってかれる「楓」、ゴキゲンな「ハイファイ・ローファイ」、可愛らしい「ハチミツ」「初恋クレイジー」、多幸感に包まれる「謝々!」など、スピッツの様々な表情が楽しめます。そして、マサムネさんが歌う花*花のカバー曲「さよなら大好きな人」はもうたまらないッ!スピッツファンはもちろん、代表曲しか聞いたことがない人にも聞いてほしい22曲。 Tower Records' Staff edited by庄司美奈( 毎クールTVドラマのチェックは欠かさない)

Buddiesとともに咲き誇れ櫻坂46

Buddiesとともに咲き誇れ櫻坂46

欅坂46から改名し、変化しながらも、より楽曲の持つ世界観の表現力に磨きががかり、グループの唯一無二さが増す櫻坂46。幹はそのままにひとりひとりの個性が花開く、その佇まいは春満開になるまさに桜のようです。楽曲の持つ意志の強さや、表現力の高いパフォーマンスに圧倒され今でも多くの人に影響を与え続ける欅坂46時代の代表曲「サイレントマジョリティー」や、自分自身に問いかけ気持ちを鼓舞させる櫻坂46としてのデビュー曲「Nobody's fault」、変わり続ける日々の中でも、仲間や大切な人と歩む未来が大切だと改めて教えてくれる「Buddies」「櫻坂の詩」などを含む、全27曲のプレイリストです。 Tower Records' Staff edited by なかぶし(乃木坂も櫻坂も日向坂も全部推したい名古屋パルコ店の坂道担当)

ってか日向坂46しか勝たん。

ってか日向坂46しか勝たん。

ハッピーオーラを合言葉に、元気で明るいイメージのある日向坂46。ひらがなけやき時代の楽曲を聴いていると、弱い部分が見え隠れする曲だったり、負けん気の強さを感じさせる曲があったりと、きっとこれまでにたくさんのことを乗り越えて今があるのだなと、再認識させられます。アコースティックなサウンドとメロディが心地良い、人生について歌った「それでも歩いてる」、可愛すぎるキュンキュンダンスがSNSでも大ブームとなった日向坂46としてのデビュー曲「キュン」、目標として掲げていた東京ドーム公演への思いを歌った「約束の卵 2020」などを含む、おひさま(ファンの総称)とともに歩んできた日向坂46の軌跡を辿る全29曲のプレイリストです。 Tower Records' Staff edited by なかぶし(乃木坂も櫻坂も日向坂も全部推したい名古屋パルコ店の坂道担当)

夕焼けこやけ。

夕焼けこやけ。

秋の夕焼けを見ながら聴きたくなる邦楽ロックの曲を中心にセレクト。秋の情景がそのまま曲になったようなフジファブリック「赤黄色の金木犀」、夕陽を見た時に感じるノスタルジーな気持ちに似た、くるり「飴色の部屋」に椿屋四重奏の「不時着」など、郷愁に駆られる曲たちで浸ってください。 Tower Records' Staff edited byかに玉(若い頃は毎週ライブハウスとクラブに通っていた眼鏡好きのオタク)

 食欲の秋。

食欲の秋。

秋と言ったら食欲の秋!食を感じる邦楽ロックを中心にセレクト。くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」、フジファブリック「Strawberry Shortcakes」で美味しいものを食べて楽しい気分に。そして、在日ファンク「ダンボール肉まん」、SUPER BUTTER DOG「FUNKYウーロン茶」で踊り狂った後はキウイを食べて身体を労ってあげてください! Tower Records' Staff edited byかに玉(若い頃は毎週ライブハウスとクラブに通っていた眼鏡好きのオタク)

しんみり秋のうた

しんみり秋のうた

少し寂しい秋の夜に聴きたい邦楽ロックを中心にセレクト。歌い出しからぎゅっと胸が押しつぶされるような切ない気持ちになる、中田裕二による「誘惑」、「正体」に加えて、一つ一つの音で気持ちがとろける、STUTS,松 たか子の「Presence I (feat. KID FRESINO with 3exes)」にOchunism「anohi」など、秋の夜長に一人でじっくり聞きたくなるオススメの曲。 Tower Records' Staff edited byかに玉(若い頃は毎週ライブハウスとクラブに通っていた眼鏡好きのオタク)

大村雅朗×IDOL POP 1980-1989

大村雅朗×IDOL POP 1980-1989

1951年生まれ、70年代から1997年に46歳の若さでこの世を去るまで、数多くの楽曲に関わった作曲家・編曲家の大村雅朗、今回は彼が編曲を手掛け80年代にリリースされた女性アイドル楽曲をピックアップ。1984年の『第35回NHK紅白歌合戦』紅組トップバッターとして披露された早見優「誘惑光線・クラッ!」、作詞を松本隆が作曲を小室哲哉が手掛けた映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』主題歌 中山美穂「JINGI・愛してもらいます」、金井夕子が1979年に「マヤマヤ ビーチ」のタイトルで発表(作詞・作曲は尾崎亜美、編曲は鈴木茂)した楽曲を大村のアレンジでリメイクした岩崎良美「月の浜辺」、芸能界よりの引退発表後初のシングルであり山口百恵80年代最初のシングル「謝肉祭」、いわゆる“不作の83年組”のひとり森尾由美のファースト・アルバム『You & Me』より「性格美人」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

ユーミンだいすき!荒井由実/松任谷由実カヴァーズ

ユーミンだいすき!荒井由実/松任谷由実カヴァーズ

ユーミンが生み出してきた名曲の数々、それらはこれまで多くのアーティスト達にカヴァーされてきました。その中から、これは!という楽曲をピックアップ。エレファントカシマシにとって初のカバー音源「翳りゆく部屋」、矢野顕子とレイ・ハラカミによるユニットyanokamiの「瞳を閉じて」、千原徹也(れもんらいふ)と田中知之(FPM)によるトーキョーベートーヴェンがモトーラ世理奈をヴォーカルに迎えた「青春のリグレット」、スピッツが2012年に発表したアルバム『おるたな』に収録された「14番目の月 [おるたな Mix]」、土岐麻子が2012年に発表したカヴァー・アルバム『CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~』より川口大輔編曲の「Hello, my friend」、秦基博のシングル『フォーエバーソング』(2008年)より武部聡志がアレンジを手掛けた「晩夏(ひとりの季節)」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

魅惑のテクノポップ

魅惑のテクノポップ

キュートなビートに心が弾む魅惑のテクノポップ!YELLOW MAGIC ORCHESTRAから、"TECHNOPOLIS"に"君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-" 、電気グルーヴ"いちご娘はひとりっ子"などの日本のテクノポップルーツ的名曲から、Tommyfebruary6"EVERYDAY AT THE BUS STOP"、Perfume"チョコレイト・ディスコ"、ほかカラフルなガールズポップ系、そしてパソコン音楽クラブ“reiji no machi"、POLYSICS"コンピューターおばあちゃん"、MOTOCOMPO"ラジオ・スターの悲劇"、KOJI 1200"ナウ ロマンティック"の変化球系までをセレクト!ワクワクが止まらない音と色彩の洪水は最高の快楽度! edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

大切なことはいつも乃木坂46が教えてくれた

大切なことはいつも乃木坂46が教えてくれた

シングルの表題曲以外にも、隠れた名曲がたくさんある乃木坂46。恋愛のもどかしさに悩んだとき、大切な人の事を思ったとき、人生の岐路に立たされたとき、未来に向かって心を奮い立たせたいとき。そんなとき、いつも背中を押してくれたのは乃木坂46の楽曲でした。何かに迷ったとき、一歩踏み出す勇気をくれる「きっかけ」、寂しさの中に優しさや愛おしさを感じさせる歌詞が秀逸な「僕がいる場所」 、2022年の夏のツアーでのアレンジと演出にみんなが涙した「泣いたっていいじゃないか?」などを含む、全35曲のプレイリストです。 Tower Records' Staff edited by なかぶし(秋元真夏さん、遠藤さくらさん推しの名古屋パルコ店の坂道担当。)

今夜、ソウルバーで

今夜、ソウルバーで

グラスを傾けリクエストするのは、心を酔わす魅惑のソウルミュージック!甘い歌声に溶け合うSade"Kiss of Life"から、時代を超えて輝き続ける名曲Aretha Franklin"Angel"、マーヴィン・ゲイ"ホワッツ・ゴーイン・オン"、そしてクラブ系クラシックス、デバージ”アイ・ライク・イット"ほかソウルミュージック70~90年代の名曲をセレクト!酔眼と音楽で視界も心も揺らめく…そんな酔い夜 edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

闘魂よ永遠に。昭和プロレスのテーマ

闘魂よ永遠に。昭和プロレスのテーマ

昭和(一部、平成レスラーも)を代表するプロレスラーのテーマ曲をセレクト。アントニオ猪木、ジャイアント馬場、長州力、スタン・ハンセン、天龍源一郎、ジャンボ鶴田、橋本真也など。40歳以上の世代は聴くだけで血潮滾るラインナップ。新日本プロレスの初期テーマ曲集が配信開始になったらまた、追加したいと思います。 edited by Tower Records' Staff

ベルウッド・レコード 70sフォーク/ロック名曲選

ベルウッド・レコード 70sフォーク/ロック名曲選

1972年に発足したベルウッド・レコード関連作品より代表曲・人気曲をピックアップ。高田渡やシバらによる流動的グループ武蔵野タンポポ団の「サンフランシスコ湾ブルース」、六文銭のファーストアルバム『キングサーモンのいる島』より四角佳子がヴォーカルをとった「ホワンポウエルの街」、小西康陽プロデュースによる夏木マリのカヴァーでも知られる高田渡「鎮静剤」、森達也のドキュメンタリーでも大きくフィーチャーされた山平和彦「放送禁止歌」、つじあやのやハナレグミら多くのアーティストにカヴァーされている西岡恭蔵「プカプカ」、林静一の劇画をモチーフとしたあがた森魚「赤色エレジー」、『南正人ファースト』よりリリィとのデュエット曲「ブギ」、矢野顕子が『SUPER FOLK SONG』でカヴァーしたはちみつぱい「塀の上で」とあがた森魚「大寒町」、休みの国のカヴァー曲ザ・ディランII「追放の唄」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

新海誠作品の音楽の世界

新海誠作品の音楽の世界

アニメーション映画監督 新海誠の作品で使用されている楽曲をタワレコスタッフがセレクト。音楽の面からも、作品をお楽しみください。 edited by Tower Records' Staff.

グラムロック50周年

グラムロック50周年

1972年にDAVID BOWIEがジギースターダストというペルソナを地球に降臨させてから50年。つまりはグラムロック元年から50年を迎える今、グラムロックの名曲を集めました。「Five Years」に始まり「Rock'n' Roll Suicide」で幕を閉じる象徴的な名盤ジギーの曲順とストーリーに倣いつつ、MOTT THE HOOPLE「All The Young Dudes」、T.REX「Metal Guru」、グラムの女王SUZI QUATRO、初期ROXY MUSICやQUEENまで。煌びやかでどこか儚い、グラムロックの名曲の数々をボウイを中心に味わってみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

WILDSIDE OF LOU REED

WILDSIDE OF LOU REED

10月27日はルー・リードの命日。全てのオルタナティヴ・ロックの師にして、ニューヨークのビッグボスが残した膨大な楽曲群から、個人的にワイルドサイドな楽曲を集めました。「I Belive In Love」「Average Guy」「Modern Dance」「Love Is Here To Stay」等、あまりベスト盤では収録されない楽曲から、「Perfect Day」「Walk On The Wild Side」といった外せない名曲は別ヴォージョンやライブ音源で幅広くピックアップ。ヴェルヴェッツ楽曲は最小限に、ソロキャリア全体から、偉大すぎるその詩世界と精神に触れてみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

秋の夜長のフリージャズ

秋の夜長のフリージャズ

型にはまらないフリーな表現による至高の音楽体験。秋の夜長にどっぷり浸かりたいフリージャズの世界。その奥深さや長尺さから、入門編として、代表的なアーティストの象徴的な楽曲を集めました。フリージャズの代名詞、ORNETTE COLEMAN『ジャズ来るべきもの』から「Lonley Woman」、ALBERT AYLER『SPRITUAL UNITY』、DON CHERRY『即興演奏家のためのシンフォニー』をはじめ、コズミックジャズの超人SUN RA『Spac Is The Place』、先日他界してしまった偉人PHAROAH SANDERS『Karma』など。常人離れした演奏による陶酔的音楽体験、カタルシスを、是非、秋の夜長に無心で味わってみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

秋に聴きたい女性SSW

秋に聴きたい女性SSW

秋と言えばフォークな歌が聴きたい季節。秋が似合う女性シンガーソングライター達の楽曲を集めました。LINDA PERHACS、KAREN DALTON、VASHTI BUNYANといった女性アシッドフォーク系シンガーに、女性SSWの象徴JONI MITCHELL、CAROLE KING、現行シーンからはBIG THIEFのADRIANNE LENKER、JULIEN BAKER、LAURA MARLING、CATBUGなど、様々な歌姫によるセンチメンタルな唄心に酔いしれてみてはいかがでしょうか。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

2011年〜2015年秋アニメ主題歌特集

2011年〜2015年秋アニメ主題歌特集

2011年〜2015年の秋に放送されていたアニメ「UN-GO」や「京騒戯画」「PSYCHO-PASS」「弱虫ペダル」などの主題歌をピックアップ。聴いて懐かしさに浸れる曲を集めました。20〜30代のアニメ好き必聴! Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

2000年〜2010年秋アニメ主題歌特集

2000年〜2010年秋アニメ主題歌特集

2000年〜2010年の秋に放送されていたアニメ「ノエイン もうひとりの君へ(Idea)」や「地獄少女(逆さまの蝶)」「ローゼンメイデン(禁じられた遊び)」「コードギアス(モザイクカケラ)」などの主題歌をメジャーどころからマイナーまで、聴いて懐かしさに浸れる曲をピックアップ!20〜30代のアニメ好きには刺さる曲が盛りだくさん! Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

〈ボカロ関連〉歌い手 ハロウィン特集

〈ボカロ関連〉歌い手 ハロウィン特集

10月と言えば!ハロウィン!!ハチ(米津玄師)、ナノウ(CIVILIAN)、DECO*27をはじめとした様々なボカロPとすとぷりなどの歌い手ユニットが歌う(作る)ハロウィン楽曲を集めました。今宵のお供に是非。 Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

モータウンビート地獄

モータウンビート地獄

J-POPでDJをする人が良く使う言葉のひとつである"モータウンビート地獄"…簡単に説明するとThe Supremes「You Can't Hurry Love」に似ている曲を連続で3曲以上かけるとその地獄にハマったとフロアに断定されるこの現象は何年経っても変わらず、何年経ってもわかってるのに気持ちいい…そんなMVもちゃんとふざけたオマージュをしていて最高なAKB48の「涙のシーソーゲーム」、TVで1番かかってたモータウンビートでお馴染み?の仲間由紀恵 with ダウンローズ「恋のダウンロード」などを含む21曲をセレクト! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

JAPANESE HIPHOP COOKING

JAPANESE HIPHOP COOKING

YENTOWNのラッパーMonyHorseがMONICHIKI HOUSEへの愛を歌う「チキンラバー」は聞くだけでお腹が空くマンチーズミュージック!ファミリーマートのあの入店音をサンプリングしたMatt Cab, MIYACHIの「Famima Rap」はユニークなリリックに精彩を放つ。お腹が空いたら聞きたい3つ星HIPHOP! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

HIPHOP in the 東京

HIPHOP in the 東京

東京の目黒区出身の018と世田谷区出身のGottz(KANDYTOWN) がタッグを組んだ「Proudly (feat. Gottz)」は、東京のDopeさを表した中毒になる一曲。フィーチャリングに「ディアロンリーガール」の着想元である、「ECDのロンリーガール」のECDを迎えた、加藤ミリヤの「新約ディアロンリーガール」は青春時代を渋谷で過ごしたガールズのアンセム。東京出身のアーティストと東京について歌った楽曲をピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

GYAL IS EVERYTHING

GYAL IS EVERYTHING

ルックスとしてのギャル、マインドとしてのギャル…日本の音楽に散りばめられているギャル要素を集めたプレイリストになります。文脈的にも王道で現代ギャルの大本命である半熟卵っちの「GAL is MIND」、オーバーグラウンドで活躍するR&Bアーティストとしてもレジェンドでありながらギャル&フィメールとダンスミュージックとの相性の良さも再確認させてくれたBENNIE K、Heartsdales、YA-KYIMなどの懐かしい楽曲も含む24曲をセレクト! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

ラッピング・アンダーグラウンド

ラッピング・アンダーグラウンド

アイドル、アニソン、声優楽曲を中心にラップとラップに近いデリバリーやアプローチを曲中でしている20曲をセレクト!誰もが同テーマで思い浮かぶであろうクラシックの星井七瀬「恋愛15シミュレーション」、lyrical schoolの初期の良曲「Maybe Love」などのポップミュージックの中の表現技巧としても一般的な要素となったラップを懐かしめな曲から集めたプレイリストになります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

YUKIちゃんのご機嫌ソング

YUKIちゃんのご機嫌ソング

最上級のご機嫌ナンバー「good girl」で始まり、踊らずにはいられないガーリーでダンサブルな「ヘイ!ユー!」「揺れるスカート」、ソロデビュー20周年の決意を歌った「鳴り響く限り」など、元気が出る楽曲を中心にセレクトしました! チャーミングなYUKIちゃんの歌声を聴いていると、自然と前向きな気持ちになって憂鬱もどこかへ吹き飛ぶのです! Tower Records' Staff edited by 橋岡実由(aikoとYUKIが大好きな20代女子裸眼、渋谷店でタワ渋aikoの担当をしています!)

ネオアコ(Neo Acoustic)コレクション

ネオアコ(Neo Acoustic)コレクション

シャッフル推奨。BGMに。1980年~90年代中心のネオ・アコースティック(一部、ギターポップ/ブルーアイドソウルとしてもカテゴライズされる曲も・・)のジャンルとして語られる、名曲・定番曲、隠れた佳曲(洋楽)を150曲以上詰め合わせ。あの頃のキラキラした、胸キュンメロディ―を十分に堪能して気に入ったアーティストがいたら、ぜひライナーノーツを片手にCD(アナログ)で堪能ください! edited by Tower Records' Staff

J-POP EUROBEAT

J-POP EUROBEAT

アイドル、アニソン、声優を中心にJ-POPのユーロビート楽曲をセレクト!HINOIチーム with コリッキーによる「NIGHT OF FIRE」王道ユーロビートの日本語カバー、Hi-NRG寄りだけど、どっちかと言えばユーロビートかな?の玉置成実「Believe」などの楽曲を含む23曲をセレクト。テンション上げたいときにでも一役買ってくれそうなプレイリストになっています! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

来世まで語り継ぎたいJUDY AND MARYの魅力

来世まで語り継ぎたいJUDY AND MARYの魅力

2001年に解散した後も"伝説のバンド"と多くのファンから親しまれているJUDY AND MARYの名曲たちを贅沢に詰め込みました!「そばかす」「Over Drive」「クラシック」などの王道ソングは言うまでもなく最高!「PEACE」の幻想的な世界観に惹き込まれ、「ジーザス!ジーザス!」で切なく胸キュン…「motto」の歌詞には何度も救われました。何年経っても色褪せないドキドキとわくわくで溢れたジュディマリの音楽は、この先も時代を超えてたくさんの方に愛され続けること間違いなし!♡ Tower Records' Staff edited by 橋岡実由(aikoとYUKIが大好きな20代女子裸眼、渋谷店でタワ渋aikoの担当をしています!)

TVアニメ「チェンソーマン」主題歌を担うアーティスト特集

TVアニメ「チェンソーマン」主題歌を担うアーティスト特集

【12/21更新】2022年10月より始まったTVアニメ「チェンソーマン」の主題歌を担当する米津玄師と常田大希のタッグをはじめ、Vaundy、ずっと真夜中でいいのに。やボカロPのTOOBOE、syudou、KanariaやEveなどのアーティストたちの主題歌と過去曲をピックアップし随時更新!当スタッフがオススメするアーティストが勢揃い!サブスク配信を基本していないマキシマム ザ ホルモンの担当曲も!これを聴いて放送前〜放送後もお楽しみください。 Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

物憂げな秋に心揺らすジャパニーズタブ

物憂げな秋に心揺らすジャパニーズタブ

物思いにふける秋に心揺らすダブ~ロックステディ!あらかじめ決められた恋人たちへ"東京"、audioactive"スクリュードライマー(Elements of Rhyme)featuring Boss The MC"、HIBAHIHI +Silent Poets"KAWAMATASTEE"の超絶ドープなダブから、Slowly"Tripping Out feat. Courtney John"、Little Tempo"あかりの灯るころに"、asuka ando"ゆめで逢いましょう" の甘いロックステディー、MUTE BEAT"JAZZ MAN"、Fishmans"WALKING IN THE RHYTHM"、藤原 ヒロシ"A Song For Two"、SUBLIMINAL CALM"かすかなしるし"の琴線に触れる名曲をセレクト!秋の夜長に染み入る…そんな夜を。 edited by Tower Records' Staff郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

秋めいている時に聴く48G

秋めいている時に聴く48G

秋に感じやすいと言われている五情のひとつである"悲"を含みながらも、悲哀だけでは人生は終わらないような気分にさせてくれる48G関連楽曲をセレクト。BPMが90中盤の曲で踊りながら泣けるAKB48の大クラシック「夕陽を見ているか?」、その系譜にあたる「Green Flash」、秋の良い曲で真っ先に思い浮かんだ「君だけが秋めいていた」などを含む25曲になります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

AUTUMN LEAVES -枯葉の音楽-

AUTUMN LEAVES -枯葉の音楽-

何となく秋に聴きたい、枯葉の似合う音楽。これぞ秋ジャケなALLMAN BROTHERS BANDから、秋が似合うNICK DRAKE「Pink Moon」、10月は追悼の季節LOU REED師匠による至高のセンチメンタルナンバー「Vanising Act」など。南部のスワンプ・ロックから、ブラジルの秋風、カンタベリーの吟遊詩人、アシッドフォークの調べに、USインディーの泣ける歌心まで、〈何となく秋〉なイメージのする歌を集めました。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

ドラマチックJAPANESE HIPHOP

ドラマチックJAPANESE HIPHOP

tofubeatsをプロデュースに迎えた、SCARSのA-THUG「BOY.. DON’T CRY」は、短いリリックだが重みを感じる一曲。SUPERCARの名曲「YUMEGIWA LAST BOY」をサンプリングし、ゆるふわギャングワールドにアップデートした「YUMEGIWA LAST BOY(ゆるふわギャング version)」ほか、秋に聴きたいドラマチックなオススメJAPANESE HIPHOPをピックアップ! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

ダンス!ダンス!ダンス!1988年のIDOL POP

ダンス!ダンス!ダンス!1988年のIDOL POP

世はバブル真っ盛り、まるでその好景気が反映されたかのようにアゲアゲな女性アイドルによるポップ・ソングをピックアップ。EUROX編曲による中森明菜「I MISSED "THE SHOCK"」、カネボウ'88秋のプロモーションのイメージソング工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」、こちらはカネボウ'88 夏のプロモーションのイメージソング浅香唯「C-Girl」、その名前を逆さ読みしたサビが印象的な立花理佐「リサの妖精伝説」、立花理佐に続いて「ロッテ CMアイドルはキミだ!」グランプリに輝いた相川恵里のセカンドシングル「ABコンプレックス」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

秋の日のシティ・ポップ 90年代編

秋の日のシティ・ポップ 90年代編

90年代を彩った楽曲群より秋うたをピックアップ。1998年のアルバム『work out fine』収録曲で具島直子作詞作曲による酒井法子「9月の海」、1999年のアルバム『永遠の少女』に収録された松田聖子「エメラルド海岸」、政野早希子、鳴海寛、多田牧男の3人組ユニットFRASCOが1996年に発表したアルバム『フィルム』より「九月の雨」、 シングル『負けるな女の子!』のカップリングで斉藤由貴への提供曲のセルフカバーである原由子「少女時代」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

風は秋色 ~80's女性アイドルによる秋うた~

風は秋色 ~80's女性アイドルによる秋うた~

当時を知るリアルタイム世代はもちろん、Z世代のリスナーからも注目されている80年代のアイドルポップ。今回は、彼女らが生み出してきた楽曲の中から秋に聴きたい楽曲をピックアップ。資生堂「エクボ ミルキィフレッシュ」CMソングとなった松田聖子「風は秋色」、村下孝蔵作曲によるメランコリックな旋律が沁みる三田寛子1983年のシングル曲「野菊いちりん」、江崎グリコCMソングで1988年のシングル曲 南野陽子「秋からも、そばにいて」、国生さゆり自身が出演したカネボウ化粧品1986年秋のキャンペーンイメージソング「ノーブルレッドの瞬間」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

秋の日のシティ・ポップ 00/10年代編

秋の日のシティ・ポップ 00/10年代編

00~10年代を彩った楽曲群より秋うたをピックアップ。土岐麻子によるアースウィンド&ファイヤー「September」のカヴァー、原田知世による竹内まりや「September」のカヴァー、小坂忠1975年の名盤『ほうろう』のトラックにヴォーカルを新たに載せ2010年に発表された『HORO2010』より「つるべ糸」、2014年のアルバム『TRAD』に収録の竹内まりや「深秋」、小沢健二の楽曲を安藤裕子がカヴァーした「ぼくらが旅に出る理由」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

秋の日のシティ・ポップ 80年代編

秋の日のシティ・ポップ 80年代編

シティ・ポップ黄金時代となった80年代を彩った楽曲群より秋うたをピックアップ。杉山清貴&オメガトライブのセカンド・シングルで杉オメ流モンロー・ウォークともいえる「アスファルト・レディ」、オフコース1981年のシングル曲「I LOVE YOU」、織田哲郎が作曲を手掛けた亜蘭知子1989年のシングル曲「秋」、『Say Yes!』のB面として1986年に発表された菊池桃子「18歳の秋」、アルバム『PANT』収録曲で原由子が作詞作曲を手掛けた斉藤由貴「少女時代」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

秋や冬の夜長にぴったり!V系Song集

秋や冬の夜長にぴったり!V系Song集

夜の時間が少しずつ長くなってきたこの季節...今回はゆっくりしたお家時間にもぴったり、心に染みるV系Songを集めてみました!楽曲の年代は幅広くチョイス!LUNA SEAの「I for you」に始まり、X JAPANの「FOREVER LOVE」で終わる選曲は90年代のV系ファンにもおすすめ!そしてこれからの季節に聴くAcid Black Cherryは格別ですね...!!ヘドバンだけじゃないV系の名曲達をぜひお楽しみください!! Tower Records' Staff edited by タキシードトモ(3度の飯より重低音好き。10代からラウド系をこよなく愛し、20代前半からV系に目覚めたV系担当歴17年のアラフォー女子)

軽作業用BGM

軽作業用BGM

どちらかというとテレワークよりも封入・梱包作業やシール貼りといった軽作業・内職にピッタリの、眠くならずに仕事がはかどるBGM!今も現役で活躍し続けるファットボーイ・スリムやケミカル・ブラザーズなど、90年代後半に一世を風靡したビッグ・ビート/デジタル・ロック勢をはじめ、懐かしの「アメリカ横断ウルトラクイズ」テーマ曲=メイナード・ファーガソンの“Theme from Star Trek”、SAKEROCKやSPECIAL OTHERSといった日本のインスト・バンドまで、ジャンル問わずインスト曲を中心に集めました。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

秋の夜長のプログレッシブ・ロック

秋の夜長のプログレッシブ・ロック

芸術の秋、読書の秋、そしてプログレの秋。長編小説を読むように、じっくり堪能したいプログレッシブ・ロックの名曲をセレクト。プログレの代名詞ともいえるイエスやピンク・フロイド、EL&Pなどのイギリス勢はもちろん、フランスのタイ・フォンやイタリアの至宝PFMといったユーロ勢、プログレ・メタルの最高峰ドリーム・シアターまで。長尺の曲が多いので、毎晩一曲づつなどの楽しみ方もおススメです。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

レッチリから拡がるユニバース

レッチリから拡がるユニバース

2022年4月にリリースされたアルバム『Unlimited Love』に続き、わずか半年で最新アルバム『Return of the Dream Canteen』がまもなくリリース!レッチリのこれまでの代表曲はもちろん、メンバーがゲスト参加した曲や影響を受けたと公言するアーティストの楽曲もセレクト。レッチリとは関係が深いジェーンス・アディクションや、フリーが全面参加したマーズ・ヴォルタ、レディオヘッドのトム・ヨークやフリーらによって結成されたアトムス・フォー・ピース、チャド・スミスが参加したスーパー・バンドのチキンフット、ジョン・フルシアンテとジョシュ・クリングホッファー、 フガジのジョー・ラリーによるアタクシアの楽曲もチョイス。さらには、音楽的ルーツと言えるジョージ・クリントン、ファンカデリック、スライ&ザ・ファミリー・ストーンなどのファンク勢や、過去にレッチリがカバーした楽曲と原曲の聴き比べなど、盛りだくさんでお届けします! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

秋に聴きたいUSインディー・ロック

秋に聴きたいUSインディー・ロック

木漏れ日の下で聴くも良し。夕暮れ時に聴くも良し。移ろい行く季節に、心に染み入る良質なUSインディー・ロック・バンドの楽曲を集めました。Fleet FoxesやIron & Wineといったフォーク/歌モノ勢を中心に、PeleやGhosts and Vodkaなどのメロディアスなインスト・ポスト・ロック系もチョイス。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

筋トレBGM (洋楽ロック編)

筋トレBGM (洋楽ロック編)

スポーツの秋。この秋こそはたるんだお腹をなんとかしたい・・・という貴方の為に選曲!男なら誰もが一度は憧れる映画「ロッキー」のテーマ曲に始まり、格闘技「PRIDE」のTVオープニング曲=Rage Against The Machineの“Guerrilla Radio”、K-1のTVオープニング曲=Princeの“Endorphin machine”など、燃える楽曲をセレクト。一曲ごとに腕立て→腹筋→スクワットのローテーションでどうぞ! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

毎日をハッピーに過ごすためのaiko

毎日をハッピーに過ごすためのaiko

切ないaiko、ロックなaiko、時にはお色気aikoも…♡ どんなaikoも最高ですが、わたしはいつだってずっと、ハッピーで可愛いaikoに惹かれ、憧れ続けてきました。 どこを切り取っても可愛い「No.7」、聴けば一瞬で元気になれる「予告」「ドライブモード」、ライブの定番曲「beat」「エナジー」など!多幸感あふれるaikoの楽曲と共にみなさまの毎日がハッピーになったらいいなと願ってセレクトしました! Tower Records' Staff edited by 橋岡実由(aikoとYUKIが大好きな20代女子裸眼、渋谷店でタワ渋aikoの担当をしています!)

ラモント・ドジャー:WORKS

ラモント・ドジャー:WORKS

ラモント・ドジャー(Lamont Dozier)の楽曲、プロデュース、関連楽曲をコンパイル。一時代を築き上げたモータウンでの関連作品は別の機会に。 edited by Tower Records' Staff

ジャパニーズ・ラヴァーズコレクション100

ジャパニーズ・ラヴァーズコレクション100

レゲエはいいぞ。シャッフル再生してBGM感覚で新たな発見を。レゲエのリズムを取り入れた90年代以降の(非レゲエ、※一部除外あり)邦楽を詰め合わせ。名コンピ『RELAXIN’WITH JAPANESE LOVERS 』シリーズに収録された楽曲をはじめ、ルーツレゲエ、ロックステディ、ラバーズ、スカ、はたまたダブまでの要素を感じるJ-POP~ヒップホップ、R&Bにアイドル、ロックの楽曲を中心に100曲越え!(まだ増えるかも笑) アリワ主宰のマッド・プロフェッサー仕事、カップリングに隠されたリミックスワークスなど、当時見逃していたの人も多いかも。レゲエのポテンシャルは無限大。 edited by Tower Records' Staff

「エモい」というのはこういうことだ!

「エモい」というのはこういうことだ!

近年、昭和レトロなどに対して「エモい」という表現がよく使われていますが、「そうじゃないんだよ!」と思っているR35~アラフィフ世代の声を代弁。主に1990年代後半~2000年代を中心とした、「EMO」(エモーショナル・ハードコア)を代表するバンドたちをセレクト。哀愁と疾走感が同居する楽曲、決して上手くは無い演奏(褒め言葉)、時に不安定なヴォーカル(褒め言葉)にこそ、「エモさ」を感じるという人も多いと思います。エモの代名詞とも言えるJimmy Eat WorldやThe Get Up Kids、絶叫+エモ=スクリーモの先駆者Thursday、<青森のゲット・アップ・キッズ>と評されたLOCAL SOUND STYLEなどの日本勢、エモのルーツ的存在であるHusker DuやQuicksand、そしてEveryone EverywhereやThe World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieといったエモ・リヴァイヴァル勢まで、新旧とり揃えました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

熱いメタルを集めたる!

熱いメタルを集めたる!

暑い時に辛いものを食べたりサウナに入ったりするように、猛暑の夏こそ熱いメタル!再結成ツアーも話題となっているPanteraの代表曲“Mouth for War”をはじめ、ニュー・アルバムも間もなくリリースと伝えられているSlipknotの“People = Shit”、トライバルなイントロからして熱いSepulturaの“Refuse / Resist”、スラッシュ・メタルの帝王Slayerの“Disciple”など、血沸き肉踊り汗が噴き出すキラー・チューンの数々。ラストはMetallicaの“Fight Fire With Fire”で、文字通り熱さを以て暑さを制すべし! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

今夜、歌謡曲バーで

今夜、歌謡曲バーで

酒を片手にリクエストするのは、胸に沁みる珠玉の歌謡曲!カルロス・トシキ&オメガトライブ"アクアマリンのままでいて”、泰葉" Fly-day Chinatown"、久保田早紀"異邦人"、安全地帯"恋の予感"、竹内まりや"プラスティック・ラブ"、大貫妙子"都会"ら時代を超えた名曲に加え、中山美穂"人魚姫"、小泉今日子"Fade Out"、島田奈美"SUN SHOWER"など、クラブミュージック寄りのグルーヴィーなトラックをセレクト。酒に音楽に思いを馳せる…そんな酔い夜を。 edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

灼熱のジャパニーズテクノ

灼熱のジャパニーズテクノ

YMO"RYDEEN”を筆頭に、KEN ISHI" AWAKING"、田中フミヤ"antibody"、砂原良徳"LOVE BEAT"、rei harakami"schw schw"など時代を超えたフロアアンセムから、Carpainter"answer"、seimei"Belfast"ら気鋭のアーティストによるトラック、そして電気グルーヴ"あすなろサンンシャイン""富士山""虹"など、フロア直結の狂喜乱舞の国産テクノミュージックをセレクト!怒涛のビートに発汗必至! edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

上もの鍵盤R&B

上もの鍵盤R&B

POPフィールドで活躍しているアーティストの中から、上ものの鍵盤が気持ち良いR&B要素を含む楽曲を女性アイドルと声優を中心に24曲セレクト。まるで「A Thousand Miles」な上もの鍵盤楽曲のお手本の「ふわふわ♪」、曲の最初は鍵盤のみでスタートしてビートが後から入ってくる上もの鍵盤楽曲では完璧なイントロの「FIRST LOVE」、「Sweet & Sweet CHERRY」などを含むプレイリストになります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

夏の日のシティ・ポップ 90年代編

夏の日のシティ・ポップ 90年代編

シティ・ポップがJ-POPの一要素として吸収されていき、改めてその語が使われることは決して多くはなかった90年代、今の耳で聴きかえすとシティ・ポップだと言って差支えないであろう楽曲が少なからずあり、そんな中より夏に聴きたい楽曲をピックアップ。桑田佳祐初監督映画『稲村ジェーン』にも使用されたサザンオールスターズ「忘れられた Big Wave」、郷ひろみが1992年に発表したアルバム「Catalonian Blood」に収録された小森田実の提供曲「そして夏が始まる」、小泉今日子自らが作詞を手掛け作曲・編曲は佐橋佳幸が担当した「1992年、夏」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

夏の日のシティ・ポップ 80年代女性ヴォーカル編

夏の日のシティ・ポップ 80年代女性ヴォーカル編

シティ・ポップ黄金時代となった80年代を彩った楽曲群より女性ヴォーカルによるサマーソングをピックアップ。もはや世界的ムーブメントとなったシティ・ポップの象徴的存在となっている松原みきが1981年にリリースしたアルバム『―Cupid―』に収録された「ONE SUMMER NIGHT」(作詞:三浦徳子 作曲:小田裕一郎 編曲:大村雅朗)、森川美穂の1987年作『おんなになあれ』に収録された小森田実作曲「フルフェイスとSummer Days」、岡田有希子が1985年に発表した5枚目のシングル「Summer Beach」(作詞・作曲: 尾崎亜美、編曲: 松任谷正隆)などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

夏の日のシティ・ポップ 70年代編

夏の日のシティ・ポップ 70年代編

現在までつながる源流となった70年代のシティ・ポップよりサマーソングをピックアップ。ユーミンが1975年にリリースした同名アルバムのタイトルチューン「COBALT HOUR」、林哲司が作曲・編曲を手掛けた竹内まりや「想い出のサマーデイズ」、木之内みどり6枚目のシングル「グッドフィーリング」のB面曲でA面と同じく作詞:松本隆 作曲:財津和夫 編曲:松任谷正隆の布陣で作られた「氷イチゴの頃」、ユーミンが作詞・作曲を松任谷正隆が編曲を担当したアン・ルイス「甘い予感」などをセレクトしました。

夏の日のシティ・ポップ 80年代男性ヴォーカル編

夏の日のシティ・ポップ 80年代男性ヴォーカル編

シティ・ポップ黄金時代となった80年代を彩った楽曲群より男性ヴォーカルによるサマーソングをピックアップ。1984年に大滝詠一がリリースしたアルバム『EACH TIME』より「夏のペーパーバック」、160万枚を超すセールスを記録した寺尾聰のアルバム『Reflections』に収録された「渚のカンパリ・ソーダ」、海外リスナーからの支持が近年高まっている松下誠が1981年に発表したファースト・アルバム『ファースト・ライト』の「One Hot Love」、大江千里1985年のシングル『REAL』のB面曲「渚の ONE-SIDE SUMMER」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

夏の扉 ~80's女性アイドルによるサマーソング~

夏の扉 ~80's女性アイドルによるサマーソング~

当時を知るリアルタイム世代はもちろん、Z世代のリスナーからも注目されている80年代のアイドルポップ。今回は、彼女らが生み出してきた楽曲の中から夏に聴きたい楽曲をピックアップ。まさにアイドル・ポップスの王道といっても過言ではない松田聖子「夏の扉」、その「夏の扉」と同じく三浦徳子が作詞を手掛けた早見優最大のヒット曲「夏色のナンシー」、大瀧詠一「カナリア諸島にて」のカヴァー 百瀬まなみ「カナリア諸島」、竹内まりやが作詞・作曲を手掛けた福永恵規「心もJUMPして! 夏のイントロ」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

日常にDrum 'n' BassとJungleを

日常にDrum 'n' BassとJungleを

DiverDiva「Eternal Light」を聴いたことをきっかけに、ポップミュージックの中からアイドル、アニソン、声優、ボカロ楽曲を中心にDrum 'n' BassとJungleの影響を感じる20曲をセレクト。グループ名からもまんまなJungleビートのJ-POPと言えばの「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」、AKB48の劇場公演曲である「毒リンゴを食べさせて」などなど。曲の全体からではなく、サビなどの一部分から少しでも影響を感じる楽曲も含めたプレイリストになります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!感動しすぎて鼻血がでた!大学職場一般の部編

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!感動しすぎて鼻血がでた!大学職場一般の部編

『全日本吹奏楽コンクール』大学職場一般の部門です。大人の演奏は一味違った魅力があります。近年の中で全国大会に進んだ団体から凄い!と思った演奏を独自にセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by ゆう(自称吹奏楽マニア)

〈吹奏楽〉集まれ吹奏楽経験者!ポップスステージ特集!

〈吹奏楽〉集まれ吹奏楽経験者!ポップスステージ特集!

吹奏楽部の「定演」こと定期演奏会といえば、盛り上がるポップスステージ!クラシカルな曲だけでなく、いろんな曲を演奏できるのも吹奏楽の良さ!ポップスステージで懐かしい曲を独自に集めました! Tower Records' Staff edited by ゆう(自称吹奏楽マニア)

〈吹奏楽〉集まれ吹奏楽経験者!懐かしの古き良き名曲集!

〈吹奏楽〉集まれ吹奏楽経験者!懐かしの古き良き名曲集!

集まれ吹奏楽経験者!今も演奏される古き良き懐かしい曲を独自にセレクト!懐かしい曲を聴くと、吹奏楽部時代の甘酸っぱい思い出も一緒に甦ります。 Tower Records' Staff edited by ゆう(自称吹奏楽マニア)

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!中学生の頂上決戦!スペシャルセレクト!

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!中学生の頂上決戦!スペシャルセレクト!

吹奏楽の甲子園こと『全日本吹奏楽コンクール』中学の部。全国大会は中学生とは思えない大人顔負けの演奏がたくさん!近年の中で全国大会に進んだ中学生の演奏の中から凄い!と思った演奏を独自にセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by ゆう(自称吹奏楽マニア)

SUMMER SONIC ヘッドライナーの歴史

SUMMER SONIC ヘッドライナーの歴史

夏の代名詞サマーソニック。都市型フェスとして2000年から開催され、フジロックと共に日本の2大フェスとして幅広いラインナップが出演してきたサマソニのヘッドライナーアーティストを開催年順に並べました。最多3度のヘッドライナーを努めたGREEN DAY「Basket Case」「American Idiot」をはじめ、ラウド系からMETALLICA「Master Of Puppets」、LINKIN PARK「One Step Closer」。フジロックでもお馴染みのBECK、OASIS、MUSE他、サマソニならではのBEYONCE、RIHANNA、伝説のGUNS 'N ROSES、STEVIE WONDERまで!基本的にはサマソニで披露された楽曲、出演当時のリリース楽曲からハイライトを選曲(一部例外アリ)。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

FUJI ROCK FESTIVAL ヘッドライナーの歴史

FUJI ROCK FESTIVAL ヘッドライナーの歴史

日本のロックフェスのパイオニア、フジロックフェスティバル。1997年伝説の初年度開催から2023年まで、ヘッドライナーとして出演したアーティストを開催年順に並べました。計4度のヘッドライナー出演を誇るフジの象徴レッチリ「Give It Away」、BJORK「Hyper Ballad」、最多5回のヘッドライナーを努めたTHE CHEMICAL BROTHERS「Hey Boy Hey Girl」をはじめ、伝説となったNEIL YOUNG、LOU REED、BOB DYLANまで、基本的にはフジロックで披露された楽曲や、出演当時のリリース楽曲からハイライトを選曲(一部例外アリ)。フジの歴史、即ちロックの歴史! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

ゆらゆら踊る

ゆらゆら踊る

今世界で注目を集めるチカーノソウルから、ブルックリン系のヴィンテージソウルなど、サイケデリックな揺らぎを纏うゆらゆら踊れるプレイリスト。先日新譜が発売されたBOBBY OROZAの名曲「This Love」、来日を果たしたDURAND JONES「Listen To Your Hearts」をはじめ、現行サウンドからレアグルーヴまで、スロウでメロウでスウィートな楽曲を中心にセレクト。是非ゆる〜い揺らぎに身を任せてみて下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

SEASIDE DRIVING MUSIC

SEASIDE DRIVING MUSIC

サマーデイ、サマービーチ、サマーサン!海へ行くつもりじゃなかったのに海が見えた!的な、所謂定番シーサイドミュージックとはちょっと異なる、海辺の車内で聞きたい音楽を超私的にセレクトしました。THE DURUTTI COLUMN「Sketch for Summer」に始まり、ANIMAL COLLETIVEやBEACH BOYSのグッドメロディ、DINOSAUR JRの轟音まで、ネオアコやギタポ、オルタナ、ブラジル、モンド的ナンバーまで。青すぎる空、シーサイドジェットシティ映え100、ドルフィンキックで痺れてみたい夏のプレイリスト! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

日本語ラップマイクリレー

日本語ラップマイクリレー

マイクで繋ぐ音楽のリレー、同ネタが話題を呼んだ漢 a.k.a. GAMIを客演に迎えたTim Pepperoni が所属するクルーSound's Deliの「DAWG LIFE FREE STYLE」はフレッシュさと渋さのミックスがクセになる!ギャルサーZoomgalsの「GALS feat. 大門弥生」はブレないギャルマインドが高まる!日本語ラップマイクリレーのクラシックから最新注目楽曲までをセレクト。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

心と体のスポーツ

心と体のスポーツ

スポーツ選手の入場曲に使用されている楽曲、スポーツがテーマの楽曲、スポーツ関連のタイアップ楽曲…などなどアイドル、アニメ&声優の楽曲の中からスポーツを感じられる25曲をセレクトしたプレイリストになります。恋愛をボクシングに例えた男女歌唱の名曲「ラブ♡ボクシング」、バレーボールと言えば必ず連想される楽曲である「A・RA・SHI」、まるでスポーツを見ているかのようなLIVEを繰り広げるアップアップガールズ(仮)の関連曲など。誰かから応援されたい気分の時などに聴くのもオススメです! Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

〈ATEEZ〉selected by Tower Records' Staff.

〈ATEEZ〉selected by Tower Records' Staff.

2018年にデビューを果たした8人組ボーイズグループATEEZ。 コンセプチュアルで力強いパフォーマンスとその音楽性で注目を集め、 アジア圏外からの人気も高い彼らの代表曲やスタッフレコメンド楽曲をセレクト。 ATEEZの楽曲の世界を存分にお楽しみください。edited by Tower Records' Staff.

〈 JO1 〉selected by Tower Records' Staff.

〈 JO1 〉selected by Tower Records' Staff.

2019年に開催された『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者で結成され、2020年にデビューを果たした11人組ボーイズグループ。 屈指のパフォーマンスシンクロ率とクオリティ、音楽性の高さ、親しみやすいメンバーのキャラクターで 日本国内のみならず海外からの人気も着実に高めているJO1。 そんな彼らの人気楽曲とタワレコスタッフレコメンドの楽曲を多数セレクト。 幅広い音楽性と歌唱力・表現力の高さをぜひお楽しみください。edited by Tower Records' Staff.

聖子ちゃんからはじまるLazyな夏のシティポップ

聖子ちゃんからはじまるLazyな夏のシティポップ

大好きな聖子ちゃんココロのベストテン(夏の)第一位"小麦色のマーメイド"をリードトラックに、それに続く夏向けな邦楽でプレイリスト作りました。A.O.R.やシティソウル好きな洋楽リスナーにも気に入ってもらえるとウレシイな♡クロージングは同じく80'sアイドル小泉今日子のクラブエラを代表するレインソング"La La La..."でシメさせて頂きました。ひとつよしなに。 Tower Records' Staff edited by TANAKAHMANN(路地裏散歩で地元のネコと仲良くなるのが趣味。子供と犬に好かれがち。音のほうは山下達郎からメルツバウまで、洋邦・古今東西のポップミュージックを広く浅く、時々深く。中古レコード蒐集とオーディオも少々)

〈OWV〉selected by Tower Records' Staff.

〈OWV〉selected by Tower Records' Staff.

2019年に社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に出演した元練習生4名により結成されたボーイズグループ「OWV」。 グループ名には “Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~ 誰にも真似することのできない唯一無二のグループとなり、この世界で勝利を掴む”というメンバーの強い想いが込められている。 歌・ダンス・ラップとバランスの取れた安定感のあるパフォーマンスで支持を広げるOWVの代表曲やスタッフおすすめ楽曲をセレクト。 彼らのバラエティに富んだ楽曲たちをぜひお楽しみください。 edited by Tower Records' Staff.

夏のミクスチャー・ロック祭り

夏のミクスチャー・ロック祭り

夏になると聴きたくなる!ロックとヒップホップ、ファンク、レゲエなど異ジャンルの音楽を混ぜ合わせたミクスチャー・ロック。言わずと知れたレッチリをはじめ、ジャケ写からして夏満開のZebrahead、 SiMやCrossfaithなど日本のラウド勢からも熱いリスペクトを得ているラガ・メタル・バンドSkindred、メタル×ラップの先駆けとなったAnthrax & Public Enemyの“Bring The Noise”など…。Sugar Rayの“Every Morning”などクールダウンできる曲も挟みつつ、盛り上がる楽曲を中心に集めました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

10’sロック・アンセム

10’sロック・アンセム

2010年代を盛り上げた洋楽ロック・アンセムをセレクト!ビルボード/オルタナティブ・チャートで7週連続1位を記録したFoster The Peopleの“Pumped Up Kicks”、「iPod touch」 TV CMで使用され話題となったGrouploveの“Tongue Tide”、Oasis解散後にそれぞれの道を歩んだノエル&リアムのギャラガー兄弟や、〈現代のレッド・ツェッペリン〉と評され鮮烈なデビューを飾ったGreta Van Fleetなど、新たな時代を彩ったアーティストたちの楽曲を集めました。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

Pop Musicに潜むReggae、DancehallとSocaの要素

Pop Musicに潜むReggae、DancehallとSocaの要素

レゲエアーティストではなく、ポップフィールドで活躍しているアーティストの中からレゲエ、ダンスホール、ソカの要素を感じる楽曲を20曲をセレクト。オーソドックスな要素がある楽曲から、EDM流行以降の4つ打ち楽曲、スカの要素が強い楽曲、レゲエに精通しているアーティストがプロデュースをしてる楽曲などなど…新旧が混ざったプレイリストになります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

国産極上サマーアンセム

国産極上サマーアンセム

ご機嫌なグルーヴに胸躍るasuka ando"好吃音頭"、VIDEOTAPEMUSIC"南国電影 feat.横山剣"、FNCY"みんなの夏"、Little Tempo"LOVE MAX"を筆頭に、MUTE BEAT"METRO"、Fishmans"ナイトクルージング"の後世に残る名曲から、かせきさいだあ"じゃ、夏なんで”、ミツメ"エスパー"、坂本慎太郎"物語のように"など、国産ロックステディ~ダブ、J-POPまで夏の夜に酔いしれるグルーヴィー&クールな楽曲をセレクト! edited by Tower Records' Staff 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

夏メタル (懐メタル)

夏メタル (懐メタル)

夏こそ、ハードロック/ヘヴィ・メタル!! 80年代を席巻したモトリー・クルーやラット、ポイズンといったLAメタル勢を中心に、夏にピッタリの懐かしい楽曲を集めました。LAメタル以外では、ヴァン・ヘイレン“Panama”、ハノイ・ロックス“Oriental Beat”など、タイトルからして夏っぽい楽曲もセレクト。AC/DC“Moneytalks”やKISS“Lick It Up”などのベテラン勢の楽曲も、当時ならではの雰囲気を醸し出しています。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!高校生の頂上決戦!スペシャルセレクト!

〈吹奏楽〉夏の吹奏楽コンクール全国大会!高校生の頂上決戦!スペシャルセレクト!

吹奏楽の甲子園こと『全日本吹奏楽コンクール』高校の部。高校生が1年かけてつくった、汗と涙の結晶の演奏は必聴!近年の中で全国大会に進んだ高校生の演奏の中から凄い!と思った演奏を独自にセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by ゆう(自称吹奏楽マニア)

海ジャケ!

海ジャケ!

夏の名盤は数あれど、アルバム・ジャケットから一発で楽園に誘ってくれる〈海ジャケ〉名盤を集めました。NEIL YOUNGの名盤『渚にて』から、ハワイアンリゾート感じるLUI「kaanapali」、久保田真琴「初夏の香り」、ジョビン「波」など夏に映える曲は勿論、BLUR、NIRVANA、RIDEといった海ジャケまで。爽快かつ壮大な大海原へ想いを馳せる名盤で是非クールダウンを。※一部プールジャケ有 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

CreativeDrugStore特集

CreativeDrugStore特集

今年で結成10周年を迎え、フジロックフェスティバル'22にも出演!ソロでも活躍が際立つCreativeDrugStoreのラッパーのBIM、in-d、VaVa、JUBEEとDJ・プロデューサーのdooooの楽曲をフィーチャー!JUBEEが少年時代の自分へ宛てた「手紙」、BIMの心境の変化と成長を表した「Bonita」は必聴! edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

SUMMER VIBES HIPHOP

SUMMER VIBES HIPHOP

自然体でチルなサウンドがアディクトする、Kaorukoの「ミニッツメイド」、注目が集まる次世代のヒップホップクルーSTARKIDSの「STAR ISLAND」はLIT!ZOT on the WAVEプロデュースのビートは夏との相性が最高!今旬の、JAPANESE HIP HOPアーティストの楽曲をチョイス。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

夏色えがおとセンチメンタルで2022

夏色えがおとセンチメンタルで2022

女性ボーカル曲をベースに、夏に聴きたいアイドルソングとアニソン+関連楽曲を中心にセレクト。王道サマーソングの「夏色えがおで1, 2, Jump!」から、歌詞に夏の要素はないけど夏のアニメに起用されていたから…などなど、海!空!眩しい!だけではない夏の様々なシーンと気持ちにフィットしてくれればと思う25曲になります。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

jump to brasil ~ブラジルまでひとっ飛び~

jump to brasil ~ブラジルまでひとっ飛び~

エアコンがフル稼働の日々が続いています。。ならいっそのこと気分を変えて、常夏気分になってしまおう!こちらでは、ブラジル音楽~MPB、サンバ、ボサノヴァなどなどを横断して、名曲、佳曲、定番をセレクト。随時追加していきます。夏を夏らしく楽しむためのチョイス。 edited by Tower Records' Staff.

COOL OFF MUSIC ♯2 ~ライトメロウでクールダウン~

COOL OFF MUSIC ♯2 ~ライトメロウでクールダウン~

エアコンがフル稼働の日々が続いています。。そんな日々を涼しくしてくれるセレクト。こちらでは、今や世界的人気を誇るシティ・ポップをメインにチョイス。金澤寿和氏が提唱する〈LIGHT MELLOW〉なテイストの中でも、夏向けな感じでこんな曲もあるよ的にお届け。随時追加していきます。室内や車中の温度を1℃以上下げる効果があるとかないとか。。。 edited by Tower Records' Staff.

COOL OFF MUSIC ♯1 ~涼しくなりたいあなたへ~

COOL OFF MUSIC ♯1 ~涼しくなりたいあなたへ~

エアコンがフル稼働の日々が続いています。。そんな日々を涼しくしてくれるセレクト。こちらでは、MURO氏が手掛ける90年代から現在まで続く人気シリーズ〈Diggin’Ice〉の初期収録作品から中心にチョイス。室内や車中の温度を1℃以上下げる効果があるとかないとか。。。 edited by Tower Records' Staff.

GROOVY&REGGAE 吉田拓郎

GROOVY&REGGAE 吉田拓郎

70年代から日本の音楽の一時代を築き上げた吉田拓郎。 2022年6月29日に自身の音楽活動の集大成としてラストアルバムを『ah-面白かった』発表しました。現在そのアルバムも好評発売中ではありますが、こちらでは、吉田拓郎のグルーヴィでファンキーな楽曲や、当初からレゲエのリズムを取り入れた楽曲を多数発売していた拓郎レゲエも織り交ぜ、フォークシンガーだけではない多面的な吉田拓郎ソングをセレクト。現在でも通じるその時間軸を超えた歌詞にも注目です。 edited by Tower Records' Staff.

作曲家・渡辺宙明 ヒーローのうた

作曲家・渡辺宙明 ヒーローのうた

「マジンガーZ」や「秘密戦隊ゴレンジャー」、「太陽戦隊サンバルカン」、「人造人間キカイダー」「宇宙刑事」シリーズ、などなど、アニメや特撮作品の音楽を数多くの音楽を手掛けてきた名作曲家・渡辺宙明。70年代、80年代に少年時代を過ごした人達にはDNAレベルに刷り込まれた心を奮い立たせるメロディが満載。リアルタイムで聴いていない世代にも時代/国境を越える素晴らしい音楽に出会えるはず。ここでは、数々の作品からボクラを夢中にさせてくれた憧れのヒーローのうたをセレクト。 edited by Tower Records' Staff.

〈鉄板〉MCバトルビートコレクション

〈鉄板〉MCバトルビートコレクション

MCバトルでよく使われる定番のビートの日本語ラップ(インスト曲)をセレクト。日本語ラップの名曲が目白押しのセレクションになっております。インストが配信中の楽曲はそちらを優先してセレクトしているので、脳内であの名バトルシーンを思い浮かべるのもいいかも。edited by Tower Records' Staff.

〈BTS〉日本語セレクション

〈BTS〉日本語セレクション

世界中で知らない人はいないというほどの人気と知名度を確立した7人組ボーイズグループBTS。 彼らがこれまで発表してきた楽曲の中から、日本語で歌唱している楽曲をタワレコスタッフが厳選してチョイス。 日本語だからこそ伝わってくる歌詞の意味合いなども含めてお楽しみください。 edited by Tower Records' Staff.

〈SEVENTEEN〉selected by Tower Records' Staff.

〈SEVENTEEN〉selected by Tower Records' Staff.

2015年に韓国でデビューを飾り、新作リリースのたびに着実に実力・人気を伸ばしてきた13人組ボーイズグループSEVENTEEN。 元祖「自作自演ドル」と呼ばれる彼らは、楽曲制作から振付まで全てにメンバー自身が携わっている。 そんなSEVENTEENの代表的な楽曲から、各アルバムに収録されてきたユニット曲、さらにスタッフレコメンドの名曲を凝縮した70曲超えのプレイリストがこちら。 デビュー曲「Adore U」から最新の表題曲「God of Music」まで、彼らのバラエティに富んだ楽曲たちをぜひお楽しみください。 edited by Tower Records' Staff.

〈NCT DREAM〉selected by Tower Records' Staff.

〈NCT DREAM〉selected by Tower Records' Staff.

2016年にデビューを果たした7人組ボーイズグループNCT DREAM。 NCTから派生した彼らは当時20歳以下のメンバーで構成されており、10代ならではの無邪気さと純粋さ、そして大人になる期待や不安を表現する楽曲を多数発表してきた。 やんちゃさ溢れるヒップホップチューンから、感性溢れるバラードナンバーまで、「NCT DREAMらしさ」を見事に表現する楽曲ぞろい。 そんな彼らの代表曲から、海外アーティストとのコラボナンバー、そしてスタッフレコメンドの名曲をこちらのプレイリストに凝縮。 成長を重ね続ける7人の音楽をぜひお楽しみください。edited by Tower Records' Staff.

〈BTS〉selected by Tower Records' Staff.

〈BTS〉selected by Tower Records' Staff.

今や世界中で知らない人はいないというほどの人気と知名度を確立した7人組ボーイズグループBTS。 彼らがこれまでの活動で発表してきた楽曲の中から、代表的な人気楽曲に加え、タワレコスタッフが厳選してチョイスした名曲を集めたプレイリストがこちら。 ヒップホップナンバーからバラード曲、ポップチューンまで、あらゆる楽曲をセレクト。 さらにBTSのみならずメンバーソロ作品も網羅! 70曲越えのプレイリストで、ぜひBTSの世界に浸ってみてください。edited by Tower Records' Staff.

サブスク解禁&25周年記念!DIR EN GREY特集

サブスク解禁&25周年記念!DIR EN GREY特集

結成25周年yearを爆走中のロックバンドDIR EN GREYが過去作のサブスクを一挙解禁!! ここでは現在(6月時点)公式Twitterにて開催中の楽曲バトルで人気の高い曲を中心に全27曲をピック。 アルバムでは「VULGAR」が大好きすぎるのでVULGAR曲多めです。。!ライブ前夜や会場に向かう道中にもおすすめ★一緒に周年yearを盛り上げましょう!! Tower Records' Staff edited by タキシードトモ(3度の飯より重低音好き。10代からラウド系をこよなく愛し、20代前半からV系に目覚めたV系担当歴17年のアラフォー女子)

あなたの青春を彩る90年代ビジュアル系SONG集

あなたの青春を彩る90年代ビジュアル系SONG集

ビジュアル系黄金期!と20世紀に入った今も語り継がれる1990年代のビジュアル系バンドをこのたび改めてフューチャー! 90年代に活躍または結成されたバンドを中心に、1990年代~2000年代前半の楽曲を集めました♪ 25周年を迎えたDIR EN GREY、何より選曲に迷うほど数多くの名曲が!(特にわたしが当時ハマっていたのはhide「DICE」、SIAM SHADEの「せつなさよりも遠くへ」!) 懐かしい!と共感してくれる方はもちろん、Z世代にも引き継いでいきたいものです! Tower Records' Staff edited by タキシードトモ(3度の飯より重低音好き。10代からラウド系をこよなく愛し、20代前半からV系に目覚めたV系担当歴17年のアラフォー女子)

〈DEEMO特集〉心地よいピアノサウンド

〈DEEMO特集〉心地よいピアノサウンド

美しいピアノサウンドを奏でる、アプリゲーム「DEEMO」と「DEEMOⅡ」から是非聴いてほしい曲をピックアップ。作業のお供にも。 Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

リズムゲームアプリの楽曲特集

リズムゲームアプリの楽曲特集

ただのリズムゲーム楽曲とは言わせない。選りすぐりの曲を集めました。今やリズムゲームとしても人気を得ている「あんさんぶるスターズ!!」やメディアミックスでお馴染みの「ヒプノシスマイク」、ボカロ界隈が盛り上がりを見せている「プロジェクトセカイ カラフルステージ!」の他にも「ブラックスター -Theater Starless-」「Tokyo 7th シスターズ」「D4DJ」をピックアップ! Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

K-POP FRESH SONG delivery -JP ver.- 2024/04/12

K-POP FRESH SONG delivery -JP ver.- 2024/04/12

ここ数ヶ月以内にリリースされたK-POPナンバーの日本語ver.の 人気&注目のおすすめ楽曲を、タワレコスタッフがピックアップ! edited by Tower Records' Staff

〈Another Side〉FEEL THE D.L

〈Another Side〉FEEL THE D.L

日本のヒップホップシーンに多大な影響を与えたラッパー /トラックメーカーD.L a.k.a DEV LARGEののプロデュース楽曲を中心にコンパイル。音楽家としての素晴らしき才能を堪能。さらにD.Lサウンドと同じ匂いを感じずにはいられない国内/海外産ダンストラックもご一緒に。 edited by Tower Records' Staff.

クラウトロック-反復の美学-

クラウトロック-反復の美学-

ドイツが産んだクラウト・ロック。KRAFTWERKやCAN、NEU!、TANGERINE DREAM、AMON DUUL、CLUSTERなどなど、中毒性に溢れ、聴くたびに新たな発見と奥深さを感じる魅惑のサウンド。プログレ、テクノ、サイケにエレクトロ、アンビエントまで、反復の美学と電子音、欧米ロックとは一味違ったクラウトロックの魅力をご賞味下さい。先日発売された『クラウトロック大全 増補改訂版』のお供にも是非! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

STRANGER SINGS -UPSIDE DOWN MUSIC-

STRANGER SINGS -UPSIDE DOWN MUSIC-

ストレンジなシンガー達。浮世離れした歌、まるで裏側の世界?に鳴り響くような音楽を勝手なイメージで集めてみました。PETER IVERS、GARY WILSON、TIM BUCKLEYといった異質なシンガーソングライターの唄を中心に、モンドの巨匠JOE MEEKの新たな世界が聴こえる「I HEAR A NEW WORLD」、CLARA ROCKMOREのテルミンの調べまで。摩訶不思議な唄心と陶酔的な音世界を是非体験してみて下さい! Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

ヘドバン!!!

ヘドバン!!!

なかなかライブに行きづらくなってしまった昨今。ヘドバン、不足してません?おうち時間を利用してヘドバン、しちゃいましょう。筋肉少女帯「ヘドバン発電所」、BABYMETAL「ヘドバンギャー‼︎」といったタイトルからど直球なものから、橘高文彦&フレンズ「NEVER ENDING STORY」、人間椅子「ダイナマイト」といった頭を振らずにはいられない楽曲を集めました。レッツヘドバン! Tower Records' Staff edited byアズミ(ライブでヘドバンしている時が一番幸せ。ライブ後3日間くらい続く首の筋肉痛もまた一興)

FEEL THE D.L a.k.a DEV LARGE

FEEL THE D.L a.k.a DEV LARGE

日本のヒップホップシーンに多大な影響を与えたラッパー /トラックメーカーのD.L a.k.a DEV LARGEの現在配信中で、切れ味鋭いラップが堪能できるラッパーサイドのD.L参加曲をコンパイル。自身名義、BUDDHA BRANDではなくあえて別プロジェクトに、フューチャリングで参加している曲のみをセレクト。どのアーティストとのコラボでもその他を圧倒するラップは決して色褪せることはない。 edited by Tower Records' Staff.

Def Leppard名曲選

Def Leppard名曲選

祝・通算12枚目のスタジオ・アルバム『Diamond Star Halos』リリース!80年代から活躍し続ける英・シェフィールド出身の国民的ロック・バンドDef Leppardの歴史を総ざらい!全世界で2500万枚以上を売り上げたモンスター・アルバム『Hysteria』からの“Love Bites”をはじめとしたヒット・シングルはもちろん、“Rock! Rock!(Til you Drop)”など初期の代表曲、ジョー・エリオットが参加した、ハードロック界の豪華メンツを集めたスーパー・グループKings of Chaosの“Never Before”(Deep Purpleのカバー)、さらにはギタリストのフィル・コリンがDef Leppardの前に在籍していたGirlやジョー・エリオットのソロ・プロジェクトDown 'N' Outzの楽曲まで集めました! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

00'sロック・アンセム

00'sロック・アンセム

2000年代を熱く盛り上げた洋楽ロック・アンセムをセレクト!iPodのCMソングにも使用され大ヒットしたJETの“Are You Gonna Be My Girl”、独自のグルーヴでUKから世界へ飛び出し、フジロックにも度々出演したTHE MUSICの“The People”、ポップ・パンクの枠を超え独自の世界観を築き上げたMy Chemical Romanceの“Welcome to the Black Parade”、ニュー・メタル/ラップ・メタルからスタートした後ロック・シーンを制したLinkin Parkの“Faint”など。あの頃の興奮と熱狂が甦る! Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

〈ボカロ・メディアミックス〉ダークサウンド集

〈ボカロ・メディアミックス〉ダークサウンド集

ネットシーンにとどまらず、各メディアでもボカロPや歌い手の露出が多くなり、今改めて賑わいを見せているボカロ界隈。その界隈曲を中心に、ボカロPのMI8kやwotaku、syudou、以前ボカロPとしても活動していたキタニタツヤをはじめ、アプリゲームの「ブラックスター -Theater Starless-」、メディアミックスの「Paradox Live」などの中からダークな世界観を見せてくれる治安が悪めな楽曲を集めました。 Tower Records' Staff edited by akm.M(日夜スマホでリズムゲームをしてアニメを見て邦楽をこよなく愛する人間)

山下達郎ファンにオススメしたい洋楽を棚からひとつかみ

山下達郎ファンにオススメしたい洋楽を棚からひとつかみ

11年ぶりの新作『SOFTLY』のリリースを控える山下達郎さん。氏のルーツでもあるソウルミュージックをざっくり棚からひとつかみ。ファンにはお馴染みのThe Young Rascals "Groovin'"やThe Impressions " People Get Ready"などタツローさんのステージ定番ナンバーから、The Stylistics "Hurry Up This Way Again"やBlue Magic "I Waited"あたりの有名グループによるモダンソウル曲、さらにはレディソウルの流れでMarcia Griffithsのドープなレゲエ曲 "Children At Play"をシレっと入れたあたりポイントかと。イロイロ漏れてるものもあるとは思いますが何卒ご容赦を! Tower Records' Staff edited by TANAKAHMANN(路地裏散歩で地元のネコと仲良くなるのが趣味。子供と犬に好かれがち。音のほうは山下達郎からメルツバウまで、洋邦・古今東西のポップミュージックを広く浅く、時々深く。中古レコード蒐集とオーディオも少々)

〈私の理想の夏フェス〉ジャパニーズHR/HM

〈私の理想の夏フェス〉ジャパニーズHR/HM

夏フェスの時期が近づいてくると、日々色んなフェスの出演アーティストが発表されるのを目にてワクワクしますね。全出演アーティストが自分の好きな、見たいバンドなフェス、きっと誰もが一度は想像すると思います。というわけで想像してみました。私の好きなジャパニーズHR/HMの人間椅子、筋肉少女帯から今大注目のガールズバンドNEMOPHILAまで、フェスで聴きたい曲、観たいバンドをセレクトしました。特撮「音の中へ」や筋肉少女帯「あのコは夏フェス焼け」なんかはまさにフェスのムードを盛り上げる名曲。THE 冠「エビバティ炎」人間椅子「針の山」も問答無用で盛り上がれる一曲です。 Tower Records' Staff edited byアズミ(ライブでヘドバンしている時が一番幸せ。ライブ後3日間くらい続く首の筋肉痛もまた一興)

スーパードライ-乾き-

スーパードライ-乾き-

梅雨のジメジメを吹き飛ばす!湿度ゼロ、スーパードライな乾き切ったギターサウンドをポストパンク第1世代を中心に集めました。THE POP GROUP、GANG OF FOUR、P.I.Lといったポストパンク代名詞のキレキレギターから、ウィルコ・ジョンソンの鋭利なマシンガン・ギター・カッティングDR.FEELGOOD「She Does It Right」、トム・ヴァーレインの乾きサウンドTELEVISION「Marquee Moon」まで。クール&ドライなギターサウンドを是非お楽しみ下さい。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

80年代の織田哲郎ソングブック

80年代の織田哲郎ソングブック

織田哲郎といえば、90年代にZARD、WANDS、T-BOLANなどビーイング系のアーティストへ楽曲を提供し一時代を作り上げたソングライターとして認識されているが、80年代にも名曲を残している。カナダのR&BシンガーTHE WEEKNDによりサンプリングされ話題となった亜蘭知子「Midnight Pretenders」、TUBE初のヒットシングルとなった「シーズン・イン・ザ・サン」、稲葉浩志や大黒摩季を輩出したBADオーディション第1回優勝者桜井ゆみがキヨシローライクに歌う「ちょっとだけで」、今や女優としての認知のほうが高い秋本奈緒美が“シティ・ジャズ”シンガーだった時代に残した「JOYFUL DIXIELAND」などを選曲しました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

雨の日のシティ・ポップ 女性ヴォーカル編

雨の日のシティ・ポップ 女性ヴォーカル編

世界的なムーブメントとして注目され、もはや定着した感のあるシティ・ポップより女性が歌う雨にまつわる曲をセレクトしました。そのブームの火付け役的な役割となった「真夜中のドア~stay with me」で知られる松原みき1980年のセカンド・アルバム『WHO ARE YOU?』に収録された「Rainy Day Woman」、KANが作曲を手掛けアニメ『YAWARA!』オープニング主題歌としても使われた今井美樹「雨にキッスの花束を」、小田裕一郎作曲によるファンキーなサマーチューン杏里「EVENING RAIN」などを選曲しました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

雨の日のシティ・ポップ 男性ヴォーカル編

雨の日のシティ・ポップ 男性ヴォーカル編

世界的なムーブメントとして注目され、もはや定着した感のあるシティ・ポップより男性が歌う雨にまつわる曲をセレクトしました。フットボールアワー後藤がシュガー・ベイブ/伊藤銀次の名曲ををKASHIFのアレンジでカヴァーした「こぬか雨」、大滝詠一『A LONG VACATION』に収録した楽曲をMOOMINがメロウにカヴァーした「雨のウェンズデイ」、作詞家・秋元康の初ヒット作としても知られる稲垣潤一「ドラマティック・レイン」などを選曲しました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

梅雨を吹き飛ばすスラッシュ・メタル

梅雨を吹き飛ばすスラッシュ・メタル

ジメジメした梅雨の鬱陶しさも吹っ飛ぶスラッシュ・メタルの名曲を特集。言わずと知れたスラッシュ四天王(METALLICA、MEGADEATH、SLAYER、ANTHRAX)はもちろん、ベイエリア・スラッシュの代表格であるEXODUSやTESTAMENT、クロスオーバー・スラッシュの先駆者D.R.I.やSUICIDAL TENDENCIES、2000年代以降に登場したEVIL INVADERSやFUELED BY FIREといった新世代勢まで、スカっとする楽曲を集めました。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

ラウド好き集合!へヴィーでキャッチーなV系ソング集

ラウド好き集合!へヴィーでキャッチーなV系ソング集

1つの音楽ジャンルカテゴリーでも様々な特徴や種類があるように、今回はV系ジャンルから"へヴィー"で"キャッチー"をテーマに楽曲をセレクト!わたし自身も邦楽ラウドや洋楽メタルも大好物なんですが、負けず劣らずV系にもたっくさんかっこいい楽曲が...!! 選曲は2000年前半~最新曲まで、そして解散したバンドもあれば活動中のバンドも...と、幅広くセレクト!解散以来の新曲発表となったgirugameshの「engrave」には相当ブチあがりましたのでもちろんセレクト!MUCC「Mr.Liar」に始まり、DIR EN GREY「落ちた事のある空」に終わる全27曲をピック。 アラフォーの選曲ですのでそこはあしからず... キラーチューン満載です★ Tower Records' Staff edited by タキシードトモ(3度の飯より重低音好き。10代からラウド系をこよなく愛し、20代前半からV系に目覚めたV系担当歴17年のアラフォー女子)

〈KCON2022Premiere〉in Tokyo K-POP Cover Performance

〈KCON2022Premiere〉in Tokyo K-POP Cover Performance

5月14,15日に幕張メッセで開催された〈KCON 2022 Premiere〉in Tokyo。 出演した各グループがパフォーマンスしたK-POPカバー楽曲たちの原曲をプレイリスト化しました。 さらに、タワースタッフおすすめの各アーティストの楽曲もピックアップ。 K-POPをあまり聴かない人も、気になった楽曲やアーティストはぜひTRMでチェックを! edited by Tower Records' staff.

人間椅子・深遠なその世界

人間椅子・深遠なその世界

1990年にデビューし、現在まで独自の世界観を貫く人間椅子。2020年に自身初の海外ツアーで大成功をおさめた彼らの特長は、なんといっても重厚な演奏と濃密な歌詞世界観です。今回はそんな人間椅子の数々の楽曲の中から、腰を据えて世界観を堪能できるよう、5分以上の楽曲だけをセレクトしてみました。 海外からの反響も大きかった「無情のスキャット」、明るく寂しく孤独を歌う「孤立無援の思想」といった比較的ライトに聴けるものから、複雑怪奇でおどろおどろしい「ダンウィッチの怪」「踊る一寸法師」といったこれでもか!というほど重厚な楽曲まで。深遠な人間椅子の世界にとことん浸ってみましょう。 Tower Records' Staff edited byアズミ(ライブでヘドバンしている時が一番幸せ。ライブ後3日間くらい続く首の筋肉痛もまた一興)

おきなわのうた

おきなわのうた

沖縄返還50周年記念日にあたる2022年5月15日。Awichが愛娘であるYomi Jahを迎えた新曲「TSUBASA feat. Yomi Jah」、ORANGE RANGE、NHK沖縄[本土復帰50年]キャンペーンソング「Melody」、ちむどんどん:“歌子”上白石萌歌が歌う「椰子の実」など、この記念日にあわせて配信開始した最新曲から、沖縄出身ほか人気アーティストが歌う愛され続けている沖縄のメロディや古くからの伝統的な沖縄民謡まで、すてきな沖縄の歌をセレクト。随時追加中。 edited by Tower Records' Staff.

サ活サウンドのススメ

サ活サウンドのススメ

そのタイトルもズバリ!RHYMESTER"ザ・サウナ"を幕開けに、サ活より快適によりドープに体感させるサウンドをセレクト!Cornelius"Drop"、rei harakami"owari no kisetsu"、エイフェックス・ツイン"Xtal"、砂原良徳"LOVE BEAT"などのアンビエントテクノ~エレクトロニカで熱い体をクールダウンさせ、キリンジ"温泉街のエトランジェ"、くるり"温泉"、嘉門達夫"温泉はリバーサイド”の歌モノで魂を整え、熱い想いを馳せてください…♨ Tower Records' Staff edited by 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

時代を彩る名コラボ!

時代を彩る名コラボ!

tofubeatsとG.RINAによる"No.1"とそのアンサーソング"愛のまぼろし"、STUTSが松たか子、KID FRESINOらを迎えた"Presence I" 、MONDO GROSSOが田島貴男をフィーチャーした"幻想のリフレクション"を始め、DJやクリエイターとシンガー、ラッパーの名コラボ曲をセレクト!久保田利伸 with ナオミ・キャンベル"LA・LA・LA LOVE SONG"や、小沢健二 feat.スチャダラパー"今夜はブギーバッグ"、宇多田ヒカル feat.KOHH"忘却"も含め、洗礼されたグルヴィーなトラックは時代を超えて輝きます! Tower Records' Staff edited by 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

〈WaraiMiraiFes 2022 ~EXPO JAM~〉OWV SetList

〈WaraiMiraiFes 2022 ~EXPO JAM~〉OWV SetList

4/30に万博記念公園で開催された〈WaraiMiraiFes 2022 ~EXPO JAM~〉。 太陽がゆっくりと落ちていく夕方に登場したOWVのセットリストをプレイリスト化しました。 自身初となる野外フェス出演となったステージでも、パフォーマンスとトークでより多くの人を魅了したOWV。 またここから高みへ駆けあがって行くことでしょう!!6thシングル「Time Jackerz」のリリースも待ち遠しいですね。

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

ギター・インスト -HARD&HEAVY編-(作業用BGMにも!)

元ギター少年たちが憧れるスーパー・ギタリストから気鋭のインスト・バンドまで、テンションが上がるギター・インスト曲を集めました。スティーヴ・ヴァイの名盤「Passion & Warfare」からリフがカッコいい“Erotic Nightmares”、BayFM「POWER ROCK TODAY」のエンディング曲として使用されているパット・トラヴァースの“Amgwanna Kick Booty”、テレビ東京「カンブリア宮殿」テーマ曲として聴いたことのある人も多いであろうジョー・サトリアーニの“Crowd Chant”など。一部、完全インストではなくコーラスや掛け声が入るものも含みます。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

HIPHOP in the 宇宙

HIPHOP in the 宇宙

HIPHOPで宇宙旅行。宇宙みたいな、太陽系、星座、地球にとどまらず宇宙をテーマに楽曲をセレクト!いつの時代も変わらず愛され続けるtofubeatsの「水星」や、ヒップホップグループ梅田サイファーのメンバー、テークエムの「Leave my planet feat. 鋼田テフロン」は非日常な世界観がとても心地よくお気に入りです。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

中毒性のある国産HIPHOP

中毒性のある国産HIPHOP

耳に残るキャッチーなリリックで、思わず口ずさみたくなる令和的wavyな楽曲を集めました!LEXとJP THE WAVYの「なんでも言っちゃって」や今最も注目度の高いフィメールラッパーCYBER RUI をフィーチャリングした「アセアセ^^;」は中毒性のある圧倒的なフロウに魅せられることうけあいです。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

トム・ヨークの頭の中

トム・ヨークの頭の中

祝・新バンドTHE SMILE始動!現代ロックの頂を更新し続けてきたレディオヘッド、トム・ヨークの音楽に影響を与えたサウンド達。ジョイ・ディヴィジョンやマガジンといったルーツに始まり、バンド名の由来となったトーキング・ヘッズ「Radio Head」。エイフェックス・ツインやオウテカといった名盤『KID A』の重要パーツ。あるいはニール・ヤング「After The Gold Rush」、カン「Thief」など過去にカヴァーしてきた楽曲、客演やお気に入りを、何となくレディオヘッド作品の時系列で。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

GO GO グラスゴー!

GO GO グラスゴー!

良質音楽の聖地グラスゴー!小踊りしたくなるこの季節にぴったりなグラスゴーの音楽を集めました。ベル・アンド・セバスチャンやティーンエイジ・ファンクラブ等グラスゴーの代名詞=ギターポップを中心に、グラスゴーの轟音マイスター=モグワイ「Glasgow Mega-Snake」、世界的ヒットのアンセムとなったフランツ・フェルディナンド「Take Me Out」、ザ・フラテリス「Flathead」、スノウ・パトロール「Chasing Cars」まで!穏やかなグラスゴーの風を感じながら、ベルセバ新作のお供にどうぞ。 Tower Record's Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

コモリタミノル✖️LADIES

コモリタミノル✖️LADIES

SMAP「SHAKE」「ダイナマイト」「らいおんハート」などのヒットでも知られる現代屈指のソングライター、コモリタミノル。80年代より現在に至るまで数多くの楽曲を様々なアーティストに提供している彼の作曲作品の中から、今回は女性アーティストへのものをピックアップ。松田聖子「二人だけのChristmas」、南野陽子「12月、風の糸で」といったアイドルへの提供のほか、aikoのメジャーデビューシングル「あした」、日本を代表する女優のひとりである大竹しのぶ「常夜灯」、発表当時10歳!の初々しい歌声を堪能できる芦田愛菜「ふぁいと‼︎」などをセレクトしました。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

Songs For Mom.〈母の日に贈るプレイリスト〉

Songs For Mom.〈母の日に贈るプレイリスト〉

毎年5月第2日曜日、2022年は5月8日が母の日。照れくさかったりで直接伝えられない感謝の気持ち、音楽の力を借りて伝えてみては如何でしょうか。新旧洋邦問わずでセレクトしました。あなたの気持ちにぴったりの1曲も見つかりますように。 edited by Tower Records' Staff.

ママレゲエ 母さんに贈るうた

ママレゲエ 母さんに贈るうた

レゲエはいいぞ。普段なかなか言えない感謝の言葉をうたに乗せて届けよう。ジャマイカンレゲエ&ジャパニーズレゲエの現在配信中のママチューン(一部家族)をピックアップ。シャッフルで聴くことをオススメ。 edited by Tower Records' Staff.

伊藤銀次ソングブック

伊藤銀次ソングブック

伊藤銀次は、シュガー・ベイブでは「こぬか雨」などを手掛け、「笑っていいとも!」のテーマソング「ウキウキWatching」の生みの親でもあるポップマエストロ。そんな彼が作曲を手掛けた楽曲をご紹介。歌ものフュージョンというかシティ・ポップの松原みき「シャンデリア・ミラージュ」、アニメ「魔法のスター・マジカルエミ」挿入歌となったトロピカル・チューンの小幡洋子「南国人魚姫」、戸川京子によるノベルティ色の強いファンクなラップ歌謡「責任とってよ」など、そのレンチの広さに脱帽。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

K-POPの沼に誘います。~春に聴きたいK-POP~

K-POPの沼に誘います。~春に聴きたいK-POP~

旅立ちや出会い、別れ、さまざまなことを経験し思いをはせたり、これからの出来事にワクワクもしてきますね。そんな春に聴きたくなるK-POPの曲をチョイスしました。ヨジャグルを中心におしゃれでかわいい楽曲から心に響くバラードまで幅広くピックアップしています。素敵なK-POPの春ソングとともに楽しんでくださいね! BTS、TXT、SEVENTEEN、ENHYPEN、Stray Kids、NCTなど大人気グループはもちろん、今後もっともっと人気なっていくであろうグループもたくさんいますよ~。 Tower Records' Takasaki Staff edited by 宮川 蛍 (K-POPコーナーを任され初期は全く区別がつかなかったが、自粛期間にサバイバル番組を見漁り完全に沼に落ちた人間。)

半永久的に聴けるアニソン♡

半永久的に聴けるアニソン♡

堀江由衣の傑作アルバム『ワールドエンドの庭』に収録されている清竜人が制作した「半永久的に愛してよ♡」をキーワードに、半永久的に色褪せることのないであろうアニメOP、ED曲とアニメ関連曲の中から30曲をセレクト。 Tower Records' Staff edited by MAMEMONTA(日本最高峰のJ-POP MIX DJ集団「申し訳ナイタズ」の元・構成員)

春にゆったり聴きたい邦楽

春にゆったり聴きたい邦楽

旅立ちや出会い、別れ、さまざまなことを経験し思いをはせたり、これからの出来事にワクワクもしてきますね。そんな春に聴きたくなる邦楽をチョイスしました。思わず外へ飛び出したくなるような明るい曲からゆったりとしたい時にも聴ける曲まで。気分に合わせて聴いてみてください。back number、羊文学、くるり、マカロニえんぴつ、藤井風などをピックアップ。 Tower Records' Takasaki Staff edited by 宮川 蛍 (10代学生の時はライブハウスで爆音を浴びて拳上げてましたが、20代に入り優しい音楽も大好きになりました。)

ちょっと切ない。~春に聴きたい春恋ソング~

ちょっと切ない。~春に聴きたい春恋ソング~

恋をしていれば、嬉しい、楽しい、悲しい、苦しいなどたくさんの感情があると思います。旅立ちや出会い、別れ、さまざまなことを経験し思いをはせたり、これからの出来事にワクワクもしてきますね。そんな春に聴きたくなる邦楽をチョイスしました。気分に合わせて聴いてみてください。back number、くるり、My Hair is Bad、FOMARE、藤井風、カネヨリマサルなどをピックアップ  Tower Records' Takasaki Staff edited by 宮川 蛍 (10代学生の時はライブハウスで爆音を浴びて拳上げてましたが、20代に入り優しい音楽も大好きになりました。)

SPRING BEATS

SPRING BEATS

新しい生活にそっと背中を押してくれるような、心地よい夜に寄り添ってくれるような…そんな春の日々を明るく照らすトラックを国産ヒップホップを中心にセレクト! Tower Records' Staff edited by 郡司和歌(夜な夜な酒場とアンダーグラウンド・クラブシーンを回遊する生活を経て、近頃はBTSとサ活にどっぷり。音浴も湯浴も現場主義。)

ぼくたちだけのバンド天国

ぼくたちだけのバンド天国

長時間のドライブや列車移動といったおでかけのお供に、なんとなく気持ちが沈んだときに、80、90年代バンドブームを賑わした楽曲の中から、否応なく気分が上がるプレイリストをご用意しました。ジッタリン・ジン、ユニコーン、ジユンスカ、プリプリなどをピックアップ。 Tower Records' Staff edited by 耳(20世紀のほうから参りました。80年代アイドル、バンドブーム、昭和歌謡など、J-POPのイイトコロを貴方に。)

SPRING MOOD

SPRING MOOD

春を感じる陽光射し込むプレイリスト。アシッド/ブリティッシュ/フリーフォークを軸に、アコギの調べ、コーラスワークなど何となく心地良い春のムードを感じる事ができるはず! Tower Records' Staff edited by MK★(地球に落ちてきた男とワイルドサイド愛好家)

春眠HIPHOP

春眠HIPHOP

春特有のアンニュイで揺らぐ気持ちを肯定してくれるリリックや、心が和らぐ着心地の良いトラックをセレクト。 edited by Tower Records' Staff 篠田ミユ(双子座生まれ、地球育ち。ネットサーフィンとビートの波に乗るのが好き、夏は苦手。)

春の散歩BGM −90’sロック編−

春の散歩BGM −90’sロック編−

90年代を席巻したUKロック、USオルタナティブ・ロックから、散歩やウォーキングのお供にもピッタリの楽曲をセレクト。当時を懐かしむアラフォー〜アラフィフ世代はもちろん、90年代ロックに興味のある若い人たちにもオススメです。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

春の散歩BGM −ロック クラシック編−

春の散歩BGM −ロック クラシック編−

天気の良い日に外を歩きながら聴きたい、60~80年代のロックの名曲を集めました。のんびり散歩や軽いウォーキングのお供にどうぞ。 Tower Records' Staff edited by粟野竜二(ロックとビールをこよなく愛する70年代生まれのマイホームパパ)

〈吹奏楽〉春にぴったり!明るくて暖かい曲を吹奏楽で集めました!

〈吹奏楽〉春にぴったり!明るくて暖かい曲を吹奏楽で集めました!

春にぴったり!明るくて暖かい吹奏楽を集めました。吹奏楽部員だった方には懐かしい曲満載です! Tower Records'Staffedited byゆう(自称吹奏楽マニア。特に吹奏楽コンクールが専門です!)

〈吹奏楽・器楽〉新年度から管楽器をはじめてみよう!たくさんの種類の管楽器の音を集めました!

〈吹奏楽・器楽〉新年度から管楽器をはじめてみよう!たくさんの種類の管楽器の音を集めました!

吹奏楽で登場する、たくさんの管楽器の素敵な演奏集めました。好きな楽器を見つけてください!そして新年度から楽器を始めるのもおすすめ! Tower Records'Staffedited byゆう(自称吹奏楽マニア。特に吹奏楽コンクールが専門です!)

テーマから探す

公式X(旧Twitter)をフォローして最新情報をゲット!

Xロゴ
back number

00:0000:00
00:00 / 00:00